CDって、本当に音が良いのでしょうか?

…私は、長いこと疑問に思っていました。

CDは「音がいい」ということで、鳴り物入りで普及してきました。

ですが、私はいい音だと感じたことは一度もありません。

そこで、このたび改めて、CDとレコードを聞き比べてみました。

その結果、CDとレコードの音の違いに愕然としましたよ!

CDとレコードの音の違い

それぞれを比べてみた結果…

  CD

  • 音が歪み、つぶれているように聞こえる。
  • 一つ一つの音に前後感覚、立体感がない。
  • すべての音が、のっぺりと平面に並べられているように感じる。
  • 音楽ではなく、単なるデーター?長時間聴くに耐えない。

  レコード

  • 音の抜けが良い、立体感がある。
  • 高音が歪まずにキレイに出ている。
  • 音に温かみがある。
  • 音に広がりがある。
  • 音に「波動」がある。実体がある。
ディスコ・キッズ

こんな結果になりました。

いい音のCDもあるにはあるが…

もちろん、これをもって「CDは全て音が悪い」とは言えません。

例えばSHM-CD(Super High Material CD)などは、まずまずの音でした。

また、盤によっては、普通のCDでもイイ音のモノもあるのです。

やっぱり、音楽はレコードで聴くべき!

でも、やっぱり、音楽は「レコードで聴くべき」と思うのです。

ジャケットは、まるで1枚の絵画のように楽しめるし、持っていると「愛着」が湧くものです。

レコードは、大事に扱わないとキズはつくし、聴けば聴くほどすり減ってゆくし…・と、面倒は色々あります。

ですが、アナログって、なんだか楽しいのです。

そして、やっぱり、レコードは音に広がりと温かみがあり、“リアル”が感じられるような気がします。

レコードは、

絵(ジャケット)を観て楽しみ、音で感動する「芸術」

…だと思います。