もし、あなたに

  • 作曲できる
  • 楽器を演奏できる
  • DJ経験がある

・・・そんな特技があったとしたら

自分で作った曲を売って、お金にできたら良いですよね?

実は、今、販売サイトを使って曲を売る人が増えているんです。

今回は、

  • 自分の曲
  • 自分で作ったBGM
  • オリジナル音源

…などを売って稼ぐのに、どんな作曲販売サイトがオススメか?をお知らせします。

自分で作った曲は売れるのか?(ニーズはある?)

ところで「自分で作曲した音楽」ってニーズがあるのでしょうか?

これが、意外とあるんです。

BGMを必要としているクリエーターって多いんですよ。

1.ユーチューバーが使うBGM

最近は、ユーチューブで動画を作っている人が多いですよね。

YouTuberが悩むことの一つにBGMがあります。

「著作権フリーのBGMを使いたい」

…と、オリジナル音源を探しているYouTuberは多いんです。

2.ライバーや音声配信が使うBGM

今、ライブ配信や音声配信が流行ってますよね?

たとえば

  • 17LIVE、Pocochaなどのライブ配信
  • Podcast、Voicyなどの音声配信

こんなところでも、BGMのニーズがあります。

3.配信サービス側のニーズ

音楽配信サービスって

  • Apple Music
  • Spotify
  • LINE MUSIC

…など、色々ありますよね?

これらのサービスは、新しい曲の登録を募集しています。

ですので、あなたの作った曲もニーズがあるんです。

視聴回数に応じて、報酬が支払われます。

登録には、narasuやTuneCoreなどの中間サービスが必要です。

ディスコ・キッズ

その他、自作の曲には

  • スマホの着信音
  • ゲームのBGM
  • 喫茶店のBGM

・・・など、色々ニーズがありますよ。




自分の曲を販売・配信できるサービス

ここまで読んで「自分の曲を販売したい」と思った人は、ぜひやってみることをオススメします。

今は、自作の曲を販売するためのサービスがたくさんあります。

ディスコ・キッズ

YouTubeなどの「音楽配信サービス」に楽曲を提供することもできますよ。

YouTube・Spotifyなどへ楽曲を提供できるサービス

もし、あなたに作曲するスキルがあるなら、

  • YouTube
  • Apple Music
  • Spotify

…などに、自作の曲を提供できたらイイですよね?

それができるのが、以下のサービスです。

1.narasu

今一番注目されている音楽販売サービスはnarasuでしょう。

配信先がとても多い

narasuは、国内・国外を問わず多くの配信先があります。

  • Spotify
  • Apple Music
  • Amazon Music Unlimited
  • AWA
  • LINE MUSIC
  • TikTok

…など、なんと30社以上!

メリット

配信先が今一番多いのは、narasuです。

YouTubeで自分の曲を収益化することもできます。

また、販売手数料が安く、受け取れる収益が多いのも魅力ですね。

特長
ダウンロード報酬 売上金額に対して90%〜
配信報酬 収益還元率90%
登録費・年会費 配信し放題
・月額¥660

2.Audiostock

Audiostockも、YouTubeなどで音楽をライセンス販売できます。

ダウンロード数に応じて「印税(ロイヤリティ)」を受け取ることができます。

音楽配信サービスに提供可能

もちろん、Audiostockを通して

  • Apple Music
  • Spotify
  • LINE MUSIC
  • TikTok

など、数十社の「音楽配信サービス」に配信でき、そこから報酬を得ることができます。

メリット

Audiostockのメリットは、

登録費などの「初期投資」や「会費」がゼロ

…という点です。

ディスコ・キッズ

ただし、販売手数料はかなり高めになっています。

この点は、ちょっと痛いですね。

特長
ダウンロード報酬 売上金額に対して40%〜
配信報酬 Audiostockの受け取る利益の60%
登録費・年会費 不要

3.TuneCore

TuneCoreは、自作の曲を185ヵ国以上のプラットフォームで配信、販売ができるサービスです。

音楽配信サービスに提供可能

TuneCoreを通して

  • iTunes Store
  • Apple Music
  • Amazon
  • Spotify
  • YouTube Music

…など、数十社の音楽配信サービスに配信できます。

もちろん、そこから報酬を得ることができます。

メリット

TuneCoreのメリットは、

アーティストが受け取ることができる利益が100%

…という点です。

ただし、その代わり、一曲あたりに年間登録費がかかります。

特長
配信報酬 100%
登録費 1曲あたり、年間1,551円~

自分で音楽を販売できるサイト(スキルマーケット)

次に、自分で音楽を販売できる「スキルマーケット」や「ネットショップ作成サービス」をご紹介しますね。

1.Coconala

ココナラ(coconala)とは、簡単に言うと、スキルをネット上で販売できるサービスです。

  • イラスト
  • デザイン
  • 音楽
  • 動画

…など、ココナラではあらゆるサービスが販売されてます。

ディスコ・キッズ

たとえば、こんなふうにBGMの作成サービスを出品できるわけです。

2.STORES

STORES(ストアーズ)は、ネットショップを開設できるサービスです。

初心者でも簡単にオンラインストアーを始めることができます。

ディスコ・キッズ

無料で利用できるので、多くの人が曲を販売してます。

まとめ

今回は、自作の曲を売るのに、どんな「作曲販売サイト」があるか?を解説しました。

メジャーなところは

気軽に販売したいなら

…などがオススメです。

ディスコ・キッズ

もしかしたら、売れっ子になれるかも!

  • ミュージシャンやDJ
  • 作曲アプリを使える人

は、トライしてみてはいかがでしょう?