もし、あなたに

  • 作曲できる
  • 楽器を演奏できる
  • DJ経験がある

・・・そんな特技があったとしたら

自分で作った曲を売って、お金にできたら良いですよね?

実は、今、販売サイトを使って曲を売る人が増えているんです。

今回は、

  • 自分の曲
  • 自分で作ったBGM
  • オリジナル音源

…などを売って稼ぐのに、どんな作曲販売サイトがおすすめか?をお知らせします。

自分の曲を売る方法

自分で作った曲は売れるのか?(ニーズはある?)

ところで「自分で作曲した音楽」ってニーズがあるのでしょうか?

これが、意外とあるんです。

BGMを必要としているクリエーターって多いんですよ。

1.ユーチューバーが使うBGM

最近は、ユーチューブで動画を作っている人が多いですよね。

YouTuberが悩むことの一つにBGMがあります。

「著作権フリーのBGMを使いたい」

…と、オリジナル音源を探しているYouTuberは多いんです。

2.ライバーや音声配信で使うBGM

今、ライブ配信や音声配信が流行ってますよね?

たとえば

  • 17LIVE、Pocochaなどのライブ配信
  • Podcast、Voicyなどの音声配信

こんなところでも、BGMのニーズがあります。

3.配信サービス側のニーズ

音楽配信サービスって

  • Spotify
  • Apple Music
  • LINE MUSIC

…など、色々ありますよね?

これらのサービスは、新しい曲の登録を募集しています。

シスター

サブスク音楽配信サービスで、あなたの作った曲もニーズがあるわ💛

サブスク音楽配信サービスでは、「視聴回数」に応じて報酬が支払われます。

登録には、narasuTuneCoreなどの中間サービスが必要です。

ディスコ・キッズ

その他、自作の曲には

  • スマホの着信音
  • ゲームの音源
  • 喫茶店のBGM

・・・など、色々ニーズがありますよ。




自分の曲を販売・配信できる「おすすめサービス」

ここまで読んで「自分の曲を販売したい」と思った人は、ぜひやってみることをオススメします。

今は、自作の曲を売るためのサービスがたくさんあります。

 自分で音楽を販売できるサイト(オンラインショップなど)

まず最初に、自分で音楽を販売できるネットショップ作成サービススキルマーケットを紹介しますね。

こちらは、Spotifyなどへ曲を配信する機能はありません。

ですが、自分のオンラインマーケットを持つことで、自由に音楽を売ることができます。

利益率も高いのでオススメです。

1.STORES

STORES(ストアーズ)は、今人気の「ネットショップ開設サービス」です。

初心者でも簡単にオンラインストアーを始めることができます。

手数料が安くて利益率が高いので、おすすめです。

  • 音楽
  • CD
  • オリジナルグッズ

…など、あらゆる物を販売可能なんです。

しかも、登録料は0円!

購入された時のみ、販売手数料が5%かかります(業界最安値)。

たとえ売れなくても、経費がかからないので安心です。

ディスコ・キッズ

無料で利用できるので、多くの人が曲を販売してます。

シスター

「着信音」を販売してる人もいるわね。

シスター

DJミックスを販売されてる方も。

ディスコ・キッズ

また、STORESなら、以下のようにライブチケットの販売もできます。

色々なものを販売できるので、登録しておいて損はないサービスです。

簡単にネットショップが作れる!STORES

STORESなら

  • 音楽
  • 電子チケット
  • Tシャツ

…など色々なものを販売でき、利益率も高いです。

初心者でも簡単に、しかも、無料でネットショップを始めることができるのでオススメです。

登録料 販売手数料 曲の販売
無料 5.0% OK

2.BASE

BASEは老舗のネットショップ作成サービスです。

こちらも、STORESのように曲のダウンロード販売が可能です。

販売手数料は6.6%と僅かに高いですが、月額5,980円プランにすれば2.9%になります。

ネットショップ作成サービス!BASE

BASEでも、BGMなど「自作の曲」を販売できます。

ツイッターやインスタなどにリンクを張り、自分のショップを紹介すると良いですね。

登録料 販売手数料 曲の販売
無料 6.6% OK

3.Coconala

ココナラ(coconala)とは、簡単に言うと、スキルをネット上で販売できるサービスです。

  • 音源
  • 動画
  • イラスト

…など、ココナラではあらゆるサービスが販売されてます。

ディスコ・キッズ

たとえば、こんなふうにBGMの作成サービスを出品できますよ。

シスター

ただし、販売手数料は22%。

少々高いけど、知名度はバツグンです。

スキルマーケット「ココナラ」

ココナラは「自分の得意」を出品できるマーケット。
初心者の方でも、色々なものを販売できますよ。

登録料 販売手数料 無形商品
無料 22% OK

 YouTube・Spotifyなどへ楽曲を提供できるサービス

次に 、配信機能付のサービスを紹介します。

作曲のスキルがあるなら、

  • YouTube
  • Apple Music
  • Spotify

…などに、自作の曲を提供できたら嬉しいですよね?

以下のサービスなら、それが可能です。

ディスコ・キッズ

ただし、配信サービスでの利益は1再生あたり0.1円~3円ほどです。

なので、あまり利益率は高くないです。

1.narasu

今、注目されている音楽配信サービスはnarasuでしょう。

配信先がとても多い

narasuは、国内・国外を問わず多くの配信先があります。

  • Spotify
  • Apple Music
  • Amazon Music Unlimited
  • AWA
  • LINE MUSIC
  • TikTok

…など、なんと30社以上!

メリット

配信先が今一番多いのはnarasuです。

YouTubeで自分の曲を収益化することもできます。

また、販売手数料が安く、受け取れる収益が多いのも魅力ですね。

ディスコ・キッズ

narasuは、

  • 3ヵ月間無料
  • 月額330円
  • 「1回払いきりプラン」が0円

…など、お得なキャンペーンをやっていることが多いです。

時々、公式サイトを見てみると良いですよ。

特長
ダウンロード報酬 売上金額に対して90%〜
配信報酬 収益還元率90%
登録費・年会費 配信し放題
・月額¥660(3ヵ月間無料キャンペーン中)
こちらも参考にどうぞ!

2.Audiostock

Audiostockも、YouTubeなどで音楽をライセンス販売できます。

ダウンロード数に応じて「印税(ロイヤリティ)」を受け取ることができます。

音楽配信サービスに提供可能

もちろん、Audiostockを通して

  • Apple Music
  • Spotify
  • LINE MUSIC
  • TikTok

など、数十社の「音楽配信サービス」に配信でき、そこから報酬を得ることができます。

メリット

Audiostockのメリットは、

登録費などの「初期投資」や「会費」がゼロ

…という点です。

ディスコ・キッズ

ただし、販売手数料はかなり高めになっています。

受け取れる利益が40%〜と少ないのが、ちょっとネックですね。

特長
ダウンロード報酬 売上金額に対して40%〜
配信報酬 Audiostockの受け取る利益の60%
登録費・年会費 不要

3.TuneCore

TuneCoreは、自作の曲を185ヵ国以上のプラットフォームで配信、販売ができるサービスです。

音楽配信サービスに提供可能

TuneCoreを通して

  • iTunes Store
  • Apple Music
  • Amazon
  • Spotify
  • YouTube Music

…など、数十社の音楽配信サービスに配信できます。

もちろん、そこから報酬を得ることができます。

メリット

TuneCoreのメリットは、

アーティストが受け取ることができる利益が100%

…という点です。

ただし、一曲あたり1,551円の年間登録費がかかります。

シスター

シングルを10曲だと、年間15,510円かかる計算ね…

ディスコ・キッズ

リリースする曲が少ないなら、TuneCoreがお得です。

ですが、たくさんの曲をリリースする方は、月額660円サブスクのnarasuがお得かも…。

特長
配信報酬 100%
登録費 1曲あたり、年間1,551円~

まとめ

今回は、自作のオリジナル曲を売るには、どんな「作曲販売サイト」があるか?を解説しました。

ご自分のやり方に合ったサービスを使ってみてくださいね。

  • 自分のネットショップで販売したい→ STORES
  • 色々な配信先に曲を提供したい→ NARASU

…がコスパが良くて、おすすめできます。

シスター

2つ併用するのもアリね。

ディスコ・キッズ

  • ミュージシャン
  • DJ
  • 作曲アプリを使える人

は、トライしてみてはいかがでしょう?

こちらの記事もオススメ

ネコキャラ

ネットショップで曲を販売したい人は、以下もご覧ください!