ボクは1987年~1991年頃まで、六本木のディスコ業界で働いていました。

nostal

当初はダンサーになるために、大学をやめ、ディスコでアルバイトを始めたんです。

でも、そのうちダンサーになる夢はコロ~ッと忘れてしまい、正社員になってしまいました。

・・・楽しかったんです。

そしてその後、ディスコの花形であるDJに転向することになります。

自分がセレクトする曲で、お客さんと一緒に盛り上がる・・・その快感にハマってしまったんですね。

結局、5年の間

  • 「ペントハウス9」
  • 「QUEUE(キュー)」
  • 「マイプレイス」
  • 「クラブ・ワルシャワ」
  • 「ドロッピー・ドロワーズ」
  • 「3Dクラブ」

・・・などのディスコで働きました。

あれから約25年が経ちます。

まあほんと~うに、色々なエピソードがあり、今となっては貴重な思い出です。

そこで、この記憶が消えてしまう前に、この体験を記しておこうという気になったんです。

・・・いわば「回顧録」というヤツですね。

そういうわけで、

  • 当時のディスコの状況
  • 社会や人々のの雰囲気
  • 80年代という時代

・・・などを、ボク自身の体験を通して語ってゆきたいと思います。

つたない文章ですみませんが、よろしくお願いします。

80年代のディスコ(DJ・ウェイター)体験記

スポンサーリンク