本日は、Evelyn Thomasの「High Energy」(1984年)をレビューします。

えっ?レコードジャケットの顔が怖い!?

…でもディスコで大ヒットしたんですヨ(≧◇≦)

Evelyn Thomas「High Energy」

では、イブリン・トーマス「ハイエナジー」について語ってゆきます。

サウンド効果

オバチャン

パワフルかつ哀愁たっぷり

※「High Energy」1曲のみの効果です。

 ハイエナジーと言えば、イブリン・トーマス!

ディスコで「Hi-NRG(ハイエナジー)」というジャンルの「きっかけ」となった大ヒット曲…

それが、このイブリン・トーマス「High Energy」です。

パワフル、かつ「哀愁を帯びた」このナンバー…

一度聞いたら忘れられないインパクトがあります。

ディスコ・キッズ

Evelyn Thomas「High Energy」!

インパクトのあるイントロですね~




「Hi-NRG(ハイエナジー)」とは?

「ハイエナジー」というジャンルは何か?

それは、「ユーロビート」の1ジャンルと思ってください。

  • 哀愁を帯びた曲調
  • 情熱的に盛り上がるボーカル
  • 曲のテンポが早い
  • ゲイの人達に大人気

…といった特徴があります。

代表的な「ハイエネジー」

代表的な「ハイエネジー」は…

  • イブリン・トーマス「High Energy」
  • ライム「Unexpected Lovers」
  • ミケール・ブラウン「So Many Men, So Little Time」
  • ヘイゼル・ディーン「Searchin’」

…などが有名ですね。

ディスコ・キッズ

こちらは、ミケール・ブラウン「So Many Men, So Little Time」!

ハイエネジーの名曲です!

日本人なら、「Hi-NRG」でお立ち台へGO!

ハイエナジーって、メロディーが日本人受けするんでしょうね。

ディスコでは、とにかく異様な熱気でした。

特に、このEvelyn Thomasの「High Energy」はヤバい。

普段いくら「おしとやか」を装っている淑女でも、この曲がかかったとたんお立ち台で踊りまくりです(^◇^)。

DJをやっている人は、ぜひこの曲を使って盛り上げてみてください。

おすすめはオムニバスかなあ~

ちなみに、当アルバム「High Energy」からは「Masquerade(マスカレード)」という曲もヒットしたようです。

ですが、何しろ「High Energy」のインパクトが凄すぎて、他の曲はカスんでしまってます(._.)

ですので、アルバムを通して聴いても、イマイチのような気が…( ;∀;)

「High Energy」1曲のためにアルバムを買うより、「オムニバス盤」の方が、良いかもしれません~(^ ^)