本日は、80年代のユーロビートと言えばこのグループ!バナナラマの「トゥルー・コンフェッションズ」をレビューしますね。

 

True Confessions

Bananarama「True Confessions」 1986年

Bananarama「True Confessions」

サウンド効果

パワーギャル

人のハートに「火」をつける。

「True Confessions」!ユーロビート全盛期を彷彿させる!

バナナラマ「トゥルー・コンフェッションズ」・・・訳すと「真実の告白」。いいですね~。

A面は静かに幕開けしたと思ったら、B面では「ヴィーナス」を皮切りに、次から次へと繰り出されるダンスナンバー!

ミドルナンバーを含め駄作は一切なし。この時代を極めてますね、このアルバムは・・・。

大ヒット「Venus(ヴィーナス)」理性をかなぐり捨てさせる!

イギリスのブリティッシュロック+ディスコ・・・ユーロビート・ロックとでもいいましょうか、 特に「Venus(ヴィーナス)」をはじめとしたアップは不思議と熱くなります。

当時「Venus」は、女子大生達がオタチ台で興奮して踊りまくっていましたが、その気持ちが良くわかりました。

徐々にハートに火がついてくるんだな・・・コレ。で、最後は理性をかなぐり捨てちゃう・・・と。このアルバム「True Confessions」には、理性をかなぐり捨てさせる「火」がありますね。

 

Bananarama「Venus」・・・改めて見ると、ずいぶん悪魔的な感じですね。

Venus」のオリジナルは「ショッキング・ブルー」!

全米1位になった「ヴィーナス」は、もともとは”ショッキング・ブルー”のカヴァー。長山洋子・荻野目洋子・倖田來未もカバーしているらしい。

「ショッキング・ブルー」ってオランダのバンドなんですね。それにしても・・・しぶい!ファッションもイケてるし!60年代・・・あなどれねえ。

ヴィーナス~ザ・ベスト・オブ・ショッキング・ブルー

ヴィーナス~ザ・ベスト・オブ・ショッキング・ブルー

他の曲もGood!!

さて、バナナラマのアルバム「トゥルー・コンフェッションズ」・・・全米NO1「ヴィーナス」もいいけど、他の曲も、全部殿堂入りしてもおかしくないほどのGoodな出来ですよ。

3人の息のあったボーカルもGood!「どうせミーハーだろう・・・」などと舐めていたら、もったいない。

ストック・エイトキン&ウォーターマンのプロデュースが素晴らしく・・・「今まで聴かなかったのはソンだった!」と思っちゃうかも。