CDよりレコードは全然音が良いのですが・・・レコード盤の音は、プレスされた国によって色々違いがあると思います。

 

レコード盤の音について

日本盤レコードは【踊れない音】?

日本盤レコードは音が悪いものが多い・・・と思う。

・・・音が悪いと言うか【踊れない音】なんじゃないかな?

こじまりとしたおりこうさんな音が多い・・・

なぜ、こんな「おりこうさん」というか、「メリハリのない音」にしてプレスしているのだろうか?

  • 機材の問題?
  • 技術者の問題?
  • 会社の問題?
  • 思想・信条の問題?

・・・少々ハラがたつ私です。

以下つぶやき・・・

音に一枚、ビニールが被さったようなつまらない音なんですよね。リアルじゃないんです。アーティストの「そのまま」がプリントされていない。ダイレクトでないんだよね。コピー商品のような音なんですよ。・・・すみません(>_<)ちょっと言い過ぎたかもしれない。。。

もちろん日本盤すべてがそうとは言わないですが・・・。

US盤は思い切りのイイ音!

それに比べてUS盤は思い切ったプレスをしていますよ。音を前面に出しているから踊れます。UK盤もメリハリの効いた音を出しています。

これは、単に、日米英のお国柄の差なのでしょうか?

西ドイツ盤はお堅い音?

西ドイツ盤は、お国柄なのか「お堅い音」と言う感じがします。

あまり伸び伸びとした感じがなくて、凝り固まったような音に聴こえるのは気のせいでしょうか?

再販プレスのレコードは注意が必要!

また、レコードの再販プレスについても言っておきたいですが、よくわからん会社が再販したレコードも、注意しないとほんとうに音が悪いです。

再プレスをされたものは、絶対にオリジナルの良さを越えることはないでしょう。

私は・・・リアルタイムにプレスされたオリジナル盤は、その時代の波動をもプリントしていると思うんです。だから、リアルタイムではない再販のレコ-ドやCDからは、どうしても当時の雰囲気が出て来づらい。

 

そんな、私のコダワリもあって・・・このブログを作るに当たって、私はなるべくオリジナル盤のレコードを使ってアルバムを聴き、波動を鑑定したいと思ってるんデス。