レコードって、ほんと音が良いですよね?

でも、レコードには

  • US盤
  • UK盤
  • 日本盤

…など、種類があります。

で、レコード盤の音は、プレスされた国によって違いがあるんです。

レコード盤の音質について

では、レコードの音質は「プレスされた国」によって、どんな違いがあるのでしょうか?

日本盤レコードは「踊れない音」?

日本盤レコードは、音は無難なんです。

でも、踊れない音なんじゃないかな?と思います。

なぜか、ビニールがかぶさったような、つまらない音が多いんですよね。

こじまりとした「おりこうさんな音」が多い…

なぜ、こんな「おりこうさん」というか、「メリハリのない音」が多いのでしょう?

  • 機材の問題?
  • 技術者の問題?
  • 会社の問題?
  • 思想・信条の問題?

…少々ハラがたつ私です。

ディスコ・キッズ

もちろん、すべての日本盤がそうだとは思いません。

あと、「マスターに忠実な音」を再現しようとすると、つまらない音になってしまうのかもしれませんね。

あと、洋楽に関しては、US盤はマスターテープでレコードをカッティングしているが、

その他の国は、マスターのコピーでカッティングされているという話もあります。

もちろん、すべてのレコードに当てはまるわけではないでしょう。

でも、マスターのコピーを使っているとなると、音が悪くなるのは当然ですよね。

US盤は「思い切りのイイ」音!

それに比べて、US盤は思い切ったプレスをしていますよ。

音を前面に出しているから踊れます

音に迫力があるレコードが多いと思います。

UK盤も、まずまずメリハリの効いた音

UK盤も、まずまずメリハリの効いた音を出しています。

キチッとした音が多いような気がします。

これは、お国柄の差なのでしょうか?

西ドイツ盤はお堅い音?

西ドイツ盤は「お堅い音」と言う感じがします。

ディスコ・キッズ

これもお国柄なのかな?

あまり伸び伸びとした感じがなくて、凝り固まったような音に聴こえるのは、気のせいでしょうか?

スペイン盤は論外!?

以前、名盤ファンクをDiscogsで買ったら、たしか「スペイン盤」だったんですよ。

で、音は論外でした( ;∀;)

高額だったので、ショックでしたよ~。

再販プレスのレコードは注意が必要!

また、レコードの再販プレスについても言っておきたいです。

よくわからない会社が再販したレコードも、注意しないとほんとうに音が悪いです。

再プレスをされたものは、絶対にオリジナルの良さを越えることはないでしょう。

オリジナル盤は「その時代の波動」もプリントしている

私は、リアルタイムにプレスされたオリジナル盤は「その時代の波動をもプリントしていると思うんです。

だから、リアルタイムではない再販のレコ-ドやCDからは、どうしても当時の雰囲気が出て来づらいです。

ディスコ・キッズ

そんなこともあって、このブログを作るに当たっては、

なるべく「オリジナル盤のレコード」を聴いて、波動を鑑定したいと思ってるんです。