本日は、MC ハマーのファースト・アルバム「Let’s Get It Started(レッツ・ゲット・イット・スターティッド)」をレビューしますね。

 

MC Hammer「Let’s Get It Started」1988年

MC Hammer「Let’s Get It Started」

サウンド効果

パワーギャル

おまいら・・・いくらなんでも騒ぎすぎだろ?

衝撃のラッパー、MCハマー登場!

1988年、六本木のブラック・ミュージック界に衝撃が走りました。

アドレナリンが爆発するようなラップが出現。ブラザーもシスターも大騒ぎ!ダンスフロアーがお祭り騒ぎ!

・・・そんなセンセーショナルを巻き起こしたのがMC Hammerのファースト・アルバム「Let’s Get It Started」です。

今まで、ラップと言ったら

・・・などがメインストリームだったんですけど・・・

MCハマーの出現で大きく勢力図が変わりました(・・・大げさかな(;^ω^))

DISCOで超ヒット「Let’s Get It Started」!

ファースト・アルバムの「Let’s Get It Started」からは

  • 「Turn This Mutha Out」
  • 「Let’s Get It Started」
  • 「Pump It Up」

などが12インチカットされ、ディスコ「Queue(キュー)」では連日のヘビー・プレイ!

もう、この3曲がないと「饗宴」がおさまらないというほどに。

・・・これをトリにプレイしないと大暴動が起こっていたかもしれません(・・・おいっ、大げさ!(;^ω^))。

それほど、DISCOでは大ヒットしたのです。

 

MC Hammer – Turn This Mutha Out・・・ほんま盛り上げるネ、観客はイマイチついて来てないけど

過激なダンス映像で火がついた・・・

ちょうどこの時期は、ようやく音楽をビデオで見ると言うのが流行りだした時期でした。

ディスコ「キュー」では、ビデオ屋ケンちゃんと言う常連の方などが、アメリカから直輸入?の「YO! MTV Rap」などのビデオを店の中で売ったりしていましたね。

そんな時、MCハマーのあの過激なダンス映像は衝撃でした。ブラザー、シスター、ダンサー、ディスコフリーク・・・ただでさえお祭り好きな連中のハートを痛く刺激しまくったのです。

・・・カニ歩きなんかも新しかったですよね?

でも、ちょっとやりすぎでは・・・?

さて、肝心なアルバムの内容ですが、とにかくお腹いっぱいになる位ラップしまくってます。

・・・しかし、これはもう「やり過ぎ」のレベルでは??アルバム全10曲が同じ調子で盛り上がってマス(;^ω^)

そういうこともあり、このファーストアルバム「Let’s Get It Started」はあまり評価されていないのかもしれませんね。

単にお祭り騒ぎしたい人向けのアルバムと言って良いかもしれません。

 

・・・もちろんMCハマーは、セカンドアルバムの「U Can’t Touch This 」の方が有名です。

しかし、しか~しっ!!

当時のディスコ・フリークにとっては、「Let’s Get It Started」の強烈なインパクトが、今だに忘れられないのです・・・。

「Let’s Get It Started」「Turn This Mutha Out」「Pump It Up」、この3曲のためだけにも、一度は聴いておきたいアルバムです!