本日はThe Bar-Kaysの「Dangerous」(1984年)をレビューします。

このアルバムの中から「Freakshow On The Dancefloor」がディスコ・ヒットしましたね?

The Bar-Kays「Dangerous」

では、ザ・バーケイズの「デンジャラス」について語ってゆきますね。

サウンド効果

パワーギャル

パ●リでもいい…たくましく育って欲しい

The Bar-Kaysって、どんなバンド?

「バーケイズ(The Bar-Kays)」は、テネシー州メンフィスのFunkバンド。

70年代から80年代にかけて、ソウル・チャートで多くのヒットを放ち、ファンをシビレさせました。

日本でも、昔「エムザ有明」などでコンサートを開いてましたヨ。

ブレイクダンス・ヒット!「Freakshow On The Dancefloor」!

このアルバムからは、「Freakshow On The Dancefloor(フリークショウ・オン・ザ・ダンスフロアー)」が、スマッシュ・ヒット。

映画「ブレイク・ダンス」で使われて、皆んなバリバリにブレイク・ダンスしまくってましたネ!

ボクもブレイクダンスを習ってました(;^ω^)

このアルバム「Dangerous」が発売されたのは1984年。

僕は大学生(*^^*)。

で、赤坂のスタジオに通って、ブレイクダンスを習っていたんですよ。

先生は広島弁をしゃべる面白い人。

ディスコ・キッズ

いつでもどこでもヒョイヒョイ踊りだすんで、

そのノー天気な明るさにカルチャー・ショックを受けましたよ。

「Freakshow On The Dancefloor」のパクリ疑惑!

それはそうと、バーケイズのこのアルバム「Dangerous」…色々と物議を醸し出していたんですよね。

いわゆる\パクリ疑惑/ってやつです。

「Freakshow On The Dancefloor」は、ミッドナイト・スターの 「No Parking On The Dance Floor」にあまりにも似ている!

…って騒がれだしたんですよ。

こちらが、バーケイズの「Freakshow On The Dancefloor」!

こちらが、ミッドナイト・スターの「No Parking On The Dance Floor」!

ディスコ・キッズ

…う~ん、確かに似てる!

でも、これ「アンサー・ソング」として作ったんじゃないのかな?

このアルバム…色んな意味で「デンジャラス」!

疑惑は、「Freakshow On The Dancefloor」だけじゃないですよぉ~。

「Dirty Dancer」も、マイケル・ジャクソンの「ビリー・ジーンに」そっくりだし…。

 確かにこのアルバム…色んな意味で「デンジャラス」(〃´o`)=3

でも…80年代っぽくて、好き♡

だけど、このアルバム…

ボクは意外に好きなんですよね。

なんといっても「Freakshow On The Dancefloor」はイイですね。

シンセサイザーやボイス・コーダーが、いかにも80年代らしいし、

「フゥー!」とか「ウェオウェオー!」とか、好き勝手にシャウトしてるし…

ディスコ・キッズ

このいい加減な感じがイイんです!

スローがイマイチだぁ~(*_*)

ただし、「チョコレート・ミルク」の記事でも書いたんだけど、

バーケイズのアルバムって、スローがイマイチなことが多いんですよね。

このアルバムも、その法則通り、スローがイマイチかな(〃´o`)=3

ディスコ・キッズ

バーケイズのスローが好きな方…こんな事言ってゴメンなさい。

でも、ブレイクダンス好きにはオススメ!

でも、ブレイクダンスするにはイイと思いますヨ(^◇^)

やっぱり「Freakshow On The Dancefloor」がカッコいい!

ほかの曲…「Dangerous」「Sexomatic」なども、ビートが重くてまずまずな感じ。

ブレイクダンス好きだったら、The Bar-Kays「Dangerous」はイイんじゃないですか?