本日は「バーケイズ(The Bar-Kays)」のアルバム「デンジャラス」のレビューをします。

「バーケイズ(The Bar-Kays)」は、テネシー州メンフィスのFunkバンドで、70年代から80年代にかけてソウル・チャートで多くのファンク・ヒットを放ち、ファンをシビレさせましたネ。

 

The Bar-Kays「Dangerous」 1984年

The Bar-Kays「Dangerous」

サウンド効果

パワーギャル

パクリでもいい・・・たくましく育って欲しい

 ・・・「フリークショウ・オン・ザ・ダンスフロアー」はバリバリかっこいいんだけど、パクリ疑惑があるんですよね(*´Д`)=3

大ヒット曲!フリークショウ・オン・ザ・ダンスフロアー!

いやあ~「バーケイズ」・・・。懐かしいね。

特にB-1の「Freakshow On The Dancefloor(フリークショウ・オン・ザ・ダンスフロアー)」は、映画「ブレイク・ダンス」で使われてて、映画の中で、皆んなバリバリにブレイク・ダンスしまくってました!

このアルバムが発売された1984年と言えば、僕は大学生(*^^*)。赤坂のブレイクダンス・スタジオに通って、ブレイクダンスを習っていたんですよね。

先生は広島弁をしゃべる面白い人で、いつでもどこでも何かと言うと「ポップ・ロック」とか言ってヒョイヒョイ踊りだすんで、その能天気な明るさにカルチャー・ショックを受けましたよ。

それはそうと、バーケイズのこのアルバム「Dangerous」は、色々と物議を醸し出していたんですよね。 ・・・いわゆる\パクリ疑惑/ってやつです。

ヒットした「Freakshow On The Dancefloor」は、ミッドナイト・スター(Midnight Star)の 「No Parking On The Dance Floor」にあまりにも似ている!って騒がれだしたんですよね・・・。

 

こちらが、バーケイズの「Freakshow On The Dancefloor」・・・

こちらが、ミッドナイト・スターの「No Parking On The Dance Floor」・・・!

・・・う~ん。これはヤバイな!?

でも・・・ブレイク・ダンスには絶好のFUNK!

パクリ疑惑は、「Freakshow On The Dancefloor」だけじゃないですよぉ~。「Dirty Dancer」もマイケル・ジャクソンの「ビリー・ジーン」そっくりだし・・・。

 確かにこのアルバムは色んな意味で「デンジャラス」(〃´o`)=3

だけど、このアルバム・・・ボクは意外に好きなんですよね。 なんといっても「Freakshow On The Dancefloor」はイイやね。シンセサイザーやボイス・コーダーが、いかにも80年代らしいし、「フゥー!」とか「ウェオウェオー!」とか、メンバ-は好き勝手にシャウトしてるし、このいい加減な感じがイイんです!もちろん、ブレイクダンスには「もってこい」だと思うヨ(^◇^)

ほかの曲・・・「Dangerous」「Dirty Dancer」「Sexomatic」なども、ビートが重くてノレます。

だけど、スローが駄目だぁ~

ただし、「チョコレート・ミルク」の記事でも書いたんだけど、バーケイズのアルバムってスローがイマイチなことが多いんですよね。

このアルバムも、その法則通り、ダメダメなスローがアルバムを台無しにしています(〃´o`)=3 ・・・バーケイズのスローが好きな方、こんな事言ってゴメンなさい。

でもまあ、「Freakshow On The Dancefloor」がカッコいいから、やっぱりこのアルバムThe Bar-Kays「Dangerous」は売らずに取ってあります。