本日はとっても爽やかなダンクラ満載!シャラマーのサード・アルバム「ビッグ・ファン」をレビューしますね。

 

Big Fun

SHALAMAR「BIG FUN」1979年

SHALAMAR「BIG FUN」

サウンド効果

ギターギャル

解放感!躍動感!清涼感!

SHALAMAR「BIG FUN」!メッチャ爽やかなダンス・クラッシック!

シャラマー(SHALAMAR)のアルバム 「BIG FUN」・・・レコード屋で見かけるたびに、買ってレビュー書かなきゃと思いつつ・・・ずっと、おざなりにしていたんですが、ようやくレコードが手に入ったのでレビューしてみます。

シャラマーは、シャラマー・グレイテスト・ヒッツの記事でも述べたんですが、
ジョディー・ワトリー(Jody Watley)、ジェフリー・ダニエル、ハワード・ヒューイットの3人グループ。彼らの織りなす、西海岸(ウエストコースト)チックなメッチャ明るく爽やかなダンスサウンドはなかなかほかではお目にかかれないのではないかな?

 

Shalamar「Right In The Socket!」ジョディー・ワトリーのノリがすんごい!!

ゴールド・アルバムになってます!

さてこの「BIGFUN」はシャラマーの3枚目のアルバムにして、彼らの人気を決定づけたゴールド・アルバムです。

「Right Time for Us」

重いビートでシリアスに始まります。シャラマーサウンドの幕開けです。

「Take Me to the River 」

何とも意外!ある意味P-FUNKっぽい激重ファンク!・・・シャラマーはウエストコーストサウンドだけでなくこんなFUNKもやるんだな~・・・と驚きました。というか、他のファンク・グループもまッ青のヘビー・ファンクで思わず踊りだしちゃいそう。

「Right in the Socket」

大ヒット!当アルバム1番のおすすめです!これぞシャラマー!強烈なディスコのリズムに乗ってジョディー・ワトリーのボーカルが何とも言えずセクシーに絡んできます。この曲、ちょっと哀愁を含んだ感じがイイんですよね~。

「The Second Time Around」

これは1979年当時、ソウルチャート第1位のビッグヒット。さわやかのんびり系ミディアムナンバー。でもボクはあまり好きではない。あっけらか~んとし過ぎて、ちょっと冗長なような気がするんです・・・。でもこのシンプルさが1979年当時は良かったのかもしれないね。

「I Owe You One 」

これはいいですね~。爽やかなライトダンスナンバー!おすすめです。

ジョディーと他のメンバーのボーカルの微妙な絡み具合がいいんです。なんつうかそれぞれの声質が微妙にマッチしていて、気持ちいいんですよね。別の記事でも書いたんですが、ジョディーはソロにならない方が良かったなぁ~。この絶妙なコーラスワークがあってこそシャラマーは良かったと思うんです。

「Girl」

ちょっと憂いを含んだアップナンバー。途中のブレイク・・・ベースのソロがとても格好いい!

やっぱ、私はジョディー・ワトリーが好き!

こうして通しで聴いてみると、やはり「SHALAMAR」は、ジョディー・ワトリーの、妙に「業」を感じさせるセクシーな声が印象に残りますね。

そのジョディーの切なげなボーカルが、爽やかなウェストコースト・サウンドに乗って独特のアンサンブルを生み出している・・・そいつが実にいいんだよなぁ~。

この「SHALAMAR」のアルバム「BIG FUN」!おいしいところが詰まっていて、ほんと買って良かった。それにジャケットの表も裏もジョディーのファッションスタイル・・・とてもキレイだしセクシーでイイですネ。

そしてジョディーの思いっきりな笑顔・・・ジョディー・ワトリー・ファンのボクにはたまりません。でも、なんでみんなイルカに乗ってるんだろ??(良く見たらイルカじゃなくてシャチだった・・・。)