本日は、90年代の日本のロックシーンを思い切り盛り上げてくれたウルフルズ「バンザイ」をレビューしますね。

バンザイ~10th Anniversary edition~ (通常盤)

ウルフルズ「バンザイ」1995年

ウルフルズ「バンザイ」

 サウンド効果

ノリノリギャル

イヤなことすべて忘れちまう!

ウルフルズを好きになったきっかけは、ビデオ「ウルフルV」!

最近良くカラオケで歌うのが「ウルフルズ」。なつかしいね。90年代は、ボクはディスコから足を洗ってしまって、音楽的には、ジャズやシャンソンやカントリーなど聞くようになっちゃたんだけど、そのときに知ったのがこのウルフルズ。

確か、ビデオで「ガッツだぜ」を見て、おもしろいな~って思ったのがキッカケだったと思います。 それでビデオ「ウルフルV」 を買ったんですよね。

  • 「ガッツだぜ」
  • 「すっとばす」
  • 「大阪ストラット」
  • 「借金大王」
  • 「バンザイ~好きでよかった~」

などの名曲が入ってるビデオだったんだけど、ほんとうに良くできていて何度見ても飽きない名作だったんですよね~。

 

ウルフルズ「大阪ストラット」!メッチャおもろいわ!

 

ウルフルズの魅力はファンキー+ロック+日本語!

ウルフルズの何がいいかというと、ほんとファンキーなことなんですよね。

でロックとうまく融合していて、ノリが異常にいい。踊れるんデス!そのうえ、歌詞がこれまたイイ感じ。だから踊れるだけじゃなくて歌えるわけです。ファンキー+ロック+日本語、これがピシッとはまった音楽って、ボクの中ではウルフルズが初めてだったんですよ。だから歌って良し!踊って良しでメッチャ楽しめるんですよね~。

ウルフルズのパワーの元はトータス松本の\魂の叫び/!?

で、このウルフルズのパワーの根源は、ボーカルであるトータス松本の煮えたぎる魂の叫びにあるんだろうなって思うわけですよ。

トータス松本には、なんというか…満たされない想いをMAX感じるんですよね。それが、庶民の満たされない思いと共鳴して爆発した。これがスゴイかった!つまらなかった90年代に渾身の一撃を与えたんですよね。

トータスのアナーキーさとメンバーのローカルっぽさのMIXがイイネ!

ちなみにトータス松本は、1966年12月28日生まれだから、占星術で言うと、月が蟹座の人なんですよね。だから「共鳴する力」が抜群! で、メンバーのウルフルケイスケのギターもかっちょいいし、ジョン・B・チョッパーのベースもとてもファンキー、ドラムのサンコンJrもめいっぱいノリノリなんですよね。

だけど、トータス以外のメンバーはスター性ゼロ?(ゴメン)。ほんと、どこにでもいるふつうの庶民の兄ちゃんって感じなんだけど、それがとても親近感が持てていいんですよね。

ウルフルズはトータスのアナーキーさと他のメンバーのローカルっぽさがうまく融合して、非常に魅力的なバンドだったと思うんですヨ。今後もウルフルズを超えるバンドってなかなか出ないんじゃないかな。まあゴールデンボンバーなんかはおもしろいヤツラだな~って思うんだけど、彼らはミュージシャンというよりはパフォーマーですからね・・・。

トータスさん!もう一度ウルフルズとしてローカルパワーを爆発させて!

今(2013年12月現在)、ウルフルズは解散してしまって、トータスはソロで活躍しているわけなんですけど、これはちょっと残念ですね。

ウルフルズの魅力はもちろんトータスの圧倒的な作詞作曲の才能とスター性にあるとは思うんだけど、ほかのメンバーのローカル性があってはじめて生きてくるものだと思うんですよね。間違いなくトータスのアイデンティティーは、彼らメンバーのローカル性との関わりの中で強烈に輝いていたと思うんデス。

いわば庶民のローカル・パワーをトータスの才能が爆発させていたわけで、それをトータスがソロになってローカルパワーを失くしてしまったら・・・その結果が今のトータスなんですよね(残念)。。。 だから、ボクはトータスには、もう一度ウルフルズを再結成してもらってローカルパワーを爆発させてほしいと思うんです。

 ・・・その後、なんと!ウルフルズが再結成したらしい!?