本日は、喜納昌吉&チャンプルーズの「ハイサイおじさん」「花」をレビューします。

沖縄サウンド!いいですね。かなり熱いです。

  • 「ハイサイおじさん」収録のファーストアルバム
  • 「花」収録のセカンドアルバム「BLOOD LINE」

…両方とも名盤ですよ!

喜納昌吉&チャンプルーズとは?

  • 喜納昌吉は、琉球民謡の第一人者「喜納昌永」の息子さん。
  • 小学生の頃に思いついた歌「ハイサイおじさん」が日本中で大ヒット。
  • 音楽だけでなく、参議院議員を務め「沖縄問題」に取り組む。
  • 音楽を通して、今の人類の在り方を本気で変えようとする真のミュージシャン
  • 著書に「すべての武器を楽器に」などがある。
喜納昌吉&チャンプルーズは、その後、「花」(すべての人の心に花を)の大ヒットを飛ばし、沖縄音楽を世界に知らしめるムーブメントを作り上げた。

喜納昌吉&チャンプルーズ「ハイサイおじさん」「花」

では、喜納昌吉&チャンプルーズの名曲「ハイサイおじさん」について語ってゆきますね。

こんな人にオススメ

喜納昌吉&チャンプルーズ「ハイサイおじさん」はこんな人にオススメです。

  • とにかく踊りまくりたい
  • 沖縄民謡が好き
  • 日本の名曲を聴きたい

サウンド効果

このアルバムの醸し出す雰囲気は…

オバチャン

とにかく熱い。身体の底から踊りたくなる。

(「ハイサイおじさん」の効果です。)

ハイサイおじさん

「ハイサイおじさん」は、1977年のファーストアルバム収録。

大ヒット琉球サウンドです。

  • 民謡
  • ファンク
  • ロック

…を融合したような不思議な曲。

とにかく、自然と踊りたくなります。

シスター

この曲は、となりに住んでたアル中おじさんのことを歌ったらしいわね。

70年代のビッグヒットよ。

ディスコ・キッズ

その頃、私は小中学生だったんですが、

なんだか、あちこちでかかってたような記憶があるんですよね。

ファーストアルバムについて

このファーストアルバム(1977年)は、ライブ録音で迫力がスゴイ。

それだけでなく、

  • 矢野顕子
  • 矢野誠
  • 松武秀樹

…など、当時の日本の最先端のミュージシャンが参加してます。

なので、エレクトリック・ベースがブイブイだったりします。

シスター

沖縄民謡ではなく、ジャパニーズ・ファンクと言っても良いかも。

ディスコ・キッズ

「馬車小引んちゃー」なんて、ベースが重くてすごいファンキーですよ。




(名曲「花」収録)セカンドアルバム「BLOOD LINE」

「BLOOD LINE」は、喜納昌吉&チャンプルーズのセカンドアルバム(1980年)です。

世界的に有名なヒットソング「花」(すべての人の心に花を)を収録してます。

花(すべての人の心に花を)

言わずと知れた世界的ヒットソング

色々なミュージシャンがカバーしましたね。

いつ聴いても、心に沁みる歌です。

アルバム「BLOOD LINE」他の曲

アルバム「BLOOD LINE」は、ほかの曲もすごく良いですよ。

JING JING

女性の合いの手がカッコイイ。

「はぁーい!」って、その一言だけで魂に火が点いちゃいます。

Mimichiri Bozu / Danju Kariyushi

これもすごい迫力です。

後半は、もう生命力爆発ですね。

Crazy Kacharsee

思わず踊りたくなる民謡ロック

「あなたも私も踊りましょ!じいちゃんもばあちゃんも踊りましょ!」の合いの手がノリノリ。

ディスコ・キッズ

みんな踊ってるんですね~ (˶• ֊ •˶)

音楽配信サービス

「喜納昌吉&チャンプルーズの曲」は、中古レコードやCDでも販売されています。

また、以下の音楽アプリでも配信されていますよ。

音楽配信サービス
Amazon Music Unlimited 配信あり
Spotify 配信あり
Apple Music 配信あり
ディスコ・キッズ

ストリーミングサービスが好きな人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

シスター

アルバムの試聴はこちら!

(Amazonにログインで試聴できます)

喜納昌吉&チャンプルーズ

まとめ

本日は、喜納昌吉&チャンプルーズ「ハイサイおじさん」「花」をレビューしました。

日本のロックも捨てたもんじゃないと、思わせてくれる名盤ですね。

合いの手のパワーがハンパない!

「民謡がこんなにカッコイイのか!?」ってビックリすること請け合いです。