本日はウルフルズ「SUTTOBASU」をレビューします。

 

すっとばす

ウルフルズ「すっとばす」1994年

ウルフルズ「すっとばす」

サウンド効果

ディスコ・キッズ

荒削りなパワー炸裂!初心に戻って充電できる!

ジョン・B・チョッパーの 「ウルフルズ青春と言うのなら」を読んでみました!

このブログは、ディスコ&ダンスミュージックのレビューブログなんですけど、前々回に続き、また日本のロックバンド「ウルフルズ」のレビューを書きます。それというのも、ジョン・B・チョッパーの私小説「ウルフルズ 青春というのなら」を読んだからなんです。

最近カラオケで「ガッツだぜ」とか「バンザイ」とか「大阪ストラッド」などを歌うようになり、再び彼らに興味がわいてきました。そしてウルフルズの歴史を調べるうちに、ジョン・B・チョッパーが途中バンドを脱退した事を知ったんです。そこで、その理由を探るべく「ウルフルズ青春と言うのなら」を購入して読んでみたってわけです。

皆が命を削るような思いで育てたウルフルズ!

前回のBANZAIのレビューにも書いたんですけど、 ウルフルズの魅力はなんといっても、このバンドが持っている「ローカルパワー」とトータス松本の「アバンギャルドな才能」にあると思うんです。でも・・・やっぱりバンドっていうのは色々あるんですね。こんなにジョン・B・チョッパーが悩んでいたとは思いもよらなかったですよ。

いや、ジョン・Bだけではなく、トータス松本をはじめとするメンバー全員が色々な苦悩を乗り越えながら、ここまでやってきたんだな・・・という事が「ウルフルズ青春と言うのなら」を読んでよくわかりました。いやいや、メンバーだけではありません。事務所の社長もプロデューサーも含め、みんながみんな本当に命をけずるような思いをして育てたのがウルフルズというバンドだったんだなということがわかりました。

そのウルフルズの記念すべき初ヒットアルバム(セカンド・アルバム)がこの「すっとばす」というわけなんですね。

ウルフルズ「SUTTOBASU」!凄えパワー!!

当アルバム「SUTTOBASU(すっとばす)」は荒削りですけど凄いパワーがありますよ。

「すっとばす」「彼女はブルー」「借金大王」この最初の3曲でテンション上がりまくり。すげえ疾走感!また大瀧詠一の曲「びんぼう」のカバー「びんぼう’94 」もかなりファンキーです。

※ウルフルズは、次のアルバム「BANZAI」で、大瀧詠一の「福生ストラット」という曲もカバーして、「大阪ストラット」を作っている。こちらも無茶苦茶ファンキー。

そして「あの娘に会いたい」や「涙のままで」などの郷愁を誘うようなブルースで後半しっとりとした気分にさせてくれ、かなり充実した内容だと思います。

「借金大王」・・・もう最高!

このローカルっぽさこそがウルフルズの強みなのに!

それにしてもウルフルズ・・・すでに解散してしまったわけですけど、こんなグレイトなバンドを解散させてしまうなんて実にもったいないね。

ボクは、ウルフルズのほかのアルバムをそんなに沢山聴いているわけではないので、あくまで思いつきなんですが・・・、ウルフルズは、時代に合わせた曲をつくろうとか、ヒット曲をつくろうとか、音楽性のある曲をつくろうとするのではなく、今回のアルバム「すっとばす」のような路線を、このまま自由に続けて行けば良かったのではないか?と思うんですよ。

うまくなくてもいいし、洗練されていなくてもいいから、まっすぐに不器用に荒削りにパワフルにやっていれば良かったのではないか?メンバーが「おもろい!」と思うことをベタにやって行けば良かったのではないか?などと思ってしまうんです・・・。そういうローカルっぽさこそがウルフルズの強みだと思うんですよね。

ウルフルズはメンバーがかもしだすあのダメダメ感がいいんですよね・・・

また、ウルフルズは、ボーカルのトータス松本とベーシストのジョン・B・チョッパーの間にあまりに意識の違いがありすぎたようですね。つまり、トータスはとことん自分自身の音楽性を追求し突っ走っていたが、ジョン・Bはそれについて行けず、劣等感を持ち、落ちこぼれてしまったというわけらしいのです。

だけどボクは、バンドって、ジョン・Bのような、ある意味″ダメなヤツ“がいるほうがおもしろいと思う。たとえ演奏が下手でも、ダメだからこそ応援したくなるし、ファンに愛されるんじゃないかと思う。決して才気が走っている人だけでこの世は成り立つわけではないんですから。ジョン・Bのあの正直で不器用であきれるほどのダメダメ感は、小器用にうまく立ち回る人間ばかりのこの世の中においてはかえってとても魅力的だと思うんですよ。

もちろん、トータスを始めとするメンバーたちもそれをわかっていて、なんとかウルフルズをオリジナル・メンバーでやってゆこうと、死にもの狂いで頑張ったと思うんですが・・・。結局バラバラになっちゃったんだな・・・まあ残念ですけど、これも時代の流れなのかもしれないですネ。

ちなみに奇しくも、大滝詠一が、この記事を書く直前、先日2013年12月31日に亡くなりました。これも何か…一つの時代の終焉を象徴しているとしか思えません。