本日は、ニューオーリンズ発、激重FUNKサウンド!

Chocolate milk(チョコレート・ミルク)の「BlueJeans」(1981年)をレビューしますね。

Chocolate milk「BlueJeans」

では、チョコレート・ミルク のアルバム「ブルー・ジーンズ」について語りますね。

こんな人にオススメ

Chocolate milk「BlueJeans」はこんな人にオススメです。

  • 激重ファンクを聴きたい
  • 80年代のダンクラが好き
  • パワーや元気をもらいたい

サウンド効果

このアルバムの醸し出す雰囲気は…

ギターギャル

なんか…パワフル!

ADギャル左

とにかく野太いファンクよ♡

ファンク・バンド「Chocolate milk」とは?

知らない人はまったく知らない「Chocolate milk」…

ぼくも、このアルバム「BlueJeans」と「FRICTION」くらいしか知りませんでした。

「どうせどっかのローカル・グループだろ?」

…なんて思ってたんですが、とんでもなかったです。

実力派ファンク・グループでした…

Chocolate milkは、1975年から何枚もアルバムを出している、実力派ファンク・グループでした。

レアグルーブ系のカッコイイ曲をたくさん出してます!

ハマル曲多し!

ディスコ・キッズ

Chocolate Milk -1975年のLP「Action Speaks Louder Than Words」!

しっ、しぶい(*ノωノ)




野性的なファンク「BlueJeans」!

そして、1981年発売の「BlueJeans」!

ディスコ「Queue(キュー)」では、しょっちゅうかかってました(///ω///)♪

野太くてファンキーなサウンド。

「重いビート」に「切れ味のいいホーン」がからんで、と~っても素敵♪

なぜか途中でフランス語になったり、しかも7:40とすごく長い曲。

ディスコ・キッズ

でも、ず~っとノレますヨ。

プロデュースはアレン・ジョーンズ

プロデュースは、BAR-KAYSのAllen Jones(アレン・ジョーンズ)。

…もう、ほとんどマッ黒

完全にバーケイズの音ですね。

ディスコ・キッズ

Chocolate Milk「Blue Jeans」!

なんとも野性的。

さわやかな名曲「Let’s go all the way」!

そして、B-2の「Let’s go all the way」!

とっても、さわやかで気持ちいい曲です!

思わずハモってしまう「軽やかさ」。

これぞ「ライト ・ファンクの見本!」みたいな名曲です。

ディスコ・キッズ

Chocolate milk「Lets go all the way」

心に「太陽の光」が差し込んできそうな(〃´o`)=3

…こういう曲はなかなかないですよ!

Chocolate milk「BlueJeans」!その他の曲

…その他の曲も、ちょっとピックアップしときます。

Like My Lady’s Love

なかなか、さわやかでキレイなスロー!Goodです。

Running on empty

コチラもなかなかノレる曲。疾走感がスゴい。

音楽配信サービス

Chocolate milk「BlueJeans」は、中古レコードやCDでも販売されています。

また、以下の音楽アプリでも配信されていますよ。
音楽配信サービス
Amazon Music Unlimited 配信あり
Spotify 配信あり
Apple Music 配信あり
ディスコ・キッズ

ストリーミングサービスが好きな人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

シスター

アルバムの試聴はこちら!

(Amazonにログインで試聴できます)

Chocolate milk「BlueJeans」

「BlueJeans」「Let’s go all the way」だけでも買い!

今回は、BAR-KAYSのプロデユース…Chocolate milk「BlueJeans」をレビューしました。

ちなみに、BAR-KAYSって、すごいイイ曲が入っているかと思えば、

  • ダメなスロー
  • ワケわかんない曲

…などが入っていて、アルバムを「台無し」にしてる事ありませんか?

この法則が、このチョコレート・ミルクの「ブルージンズ」にも当てはまってます。

多少、どうでもイイ曲が入ってるかも(^◇^)

でも、やっぱり、

  • 破壊力のあるファンク「ブルージーンズ」
  • 爽やかな「レッツゴー・オール・ザ・ウエイ」

…この2つの名曲が入ってるだけで、

Chocolate milk「BlueJeans」を手放せない…そんな私です(;^ω^)