本日は、大ヒットスロー「Miss You Like Crazy」を収録した名盤。

・・・ナタリー・コールの「Good To Be Back」(1989年)をレビューしますね。

この曲は大好きなので、記事の後半で対訳もしています。

Natalie Cole「Good To Be Back」/Miss You Like Crazy

では、ナタリー・コールの「グッド・トゥ・ビー・バック」について解説してゆきますね。

名曲「Miss You Like Crazy」を収録。

R&B、ジャズ、ポップ…ジャンルを問わず、いまだに多くの人に愛聴されてる名盤です。

こんな人にオススメ

Natalie Cole「Good To Be Back」はこんな人にオススメです。

  • 完成度が高く、良質なアルバムを聴きたい人
  • グッとくるバラードを聴きたい人
  • 80年代の「明るい雰囲気」を感じたい人

サウンド効果

このアルバムの醸し出す雰囲気は…

ヘッドホンギャル

明るい気持ちが全開になる!

アルバム全曲「とてもいい雰囲気」!

このアルバム、なつかしいんですよね。

確か、ディスコ「Queue」の営業前に、LPが丸ごとかかっていたように思います。

アルバム全曲が、とてもいい雰囲気なんですよ。

これから「ステキな夜」が始まりそうな

・・・そんな感じがするんですよね。

これは、アニタ・ベイカー「ラプチャー」なんかと同じですね。

喫茶店なんかでも、そのまま流してもすごく雰囲気がいいと思います。

使えるアルバムですね。




大ヒット曲「Miss You Like Crazy」

「Miss You Like Crazy」は聴いたことがあるかもしれませんね。

全米R&BチャートNo1。1989年当時大ヒットしました。

ディスコのチークタイムなんかでも良くかかってましたね~。

思わずほろりとさせられる、素敵なバラードです。

シスター

この曲でおつきあいすることになったカップル

・・・いそうよね。

他にもヒット満載!

「Miss You Like Crazy」だけではありませんよ。

アルバム「Good To Be Back」には、グレイトな曲が満載なんです。

Good To Be Back

このアルバムのタイトル曲です。

これは、私が一番好きな曲なんですよね。

思わず口ずさんでしまうキャッチーなメロディー

ほんとに明るく楽しくなります。

ディスコ・キッズ

ウキウキしますよね?

Starting Over Again

そして、この「Starting Over Again」。

これまた、ホロリとする、いいバラードなんですよね。

もう、この曲だけで天国へ行ってしまいそう。

Don’t Mention My Heartache

見逃してはいけないのが、この「Don’t Mention My Heartache」
です。

落ち着いた感じのミディアム・ナンバーですが、ナタリーの歌いっぷりが、ひたすら熱いです。

ディスコ・キッズ

これぞソウル!!

・・・ナタリーの本領発揮ですね。

ナタリー・コール(Natalie Cole)とは?

ナタリー・コールは、60年代の人気歌手ナット・キング・コールの娘さんです。

75年に「ディス・ウィル・ビー」でデビュー。

「Unpredictable (琥珀のときめき)」(1977年)ではR&B1位を記録。

80年代では「ピンク・キャデラック」のヒットなどで有名ですね。

ナタリー・コールは、さすがにお父さんの血を受け継いでいるだけあって、歌がうまいです。

こぶしが効いてるんですよね。すっごく気持ちが盛り上がります。

もっともっと、注目されていい歌手だと思います。

ディスコ・キッズ

残念ながら、ナタリー・コールは2015年に永眠されました。

でも、アルバムを聴けば、いつでも彼女のパワーに触れることができますよ。

プロデューサーは誰?

Natalie Cole「Good To Be Back」のプロデューサーは

  • ナラダ・マイケル・ウォールデン
  • マイケル・マッサー
  • デニス・ランバート

・・・です。

さすがに、ナラダさんやマイケルさんなどのヒット・ライターがプロデュースするといい感じ。

しっとりした雰囲気の中に、明るい希望が感じられます。

ちなみにナラダ・マイケル・ウォールデンは、

  • シスター・スレッジ
  • アレサ・フランクリン
  • ホイットニー・ヒューストン

マイケル・マッサーは、

  • ダイアナ・ロス
  • ホイットニー・ヒューストン
  • ジョージ・ベンソン

…などをプロデュースしています。

そして、デニス・ランバートは、70年代に「グラスルーツ」などを手がけたヒット・メーカーのようです。

「スターシップ」や「タヴァレス 」なんかも手掛けてます。




音楽配信サービス

Natalie Cole「Good To Be Back」は、レコードやCDでも販売されています。

また、以下の音楽アプリでも配信されていますよ。

音楽配信サービス
Amazon Music Unlimited 配信あり
Spotify 配信あり
Apple Music 配信あり
ディスコ・キッズ

ストリーミングサービスが好きな人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

Natalie Cole「Good To Be Back」日本語対訳

突然ですが…

私「Good To Be Back」が大好きです。

なので、和訳させてください。

ディスコ・キッズ

カラオケで歌うのに、やっぱり「意味を理解して」歌いたいんですよ♡

Let me look at you, just look at you

You’re a sight for sore eyes, yes you are

If you knew how many nights I spent holding you so tight

Then I’d wake up and we’re still apart

あなたに会わせてほしい。ちょっと顔を見るだけでもいいから。

だって、あなたは私にとって、とても素敵な人なんだから。

あなたを強く抱きしめて過ごした夜。

でも、目が覚めると私たちはひとりぼっちだった。

Now you’re really near and I’m really here

And I can wrap my arms around you, yes I can

This is just like I remember, no I think its even better

Maybe even more than I can stand

今、あなたは私のそばにいる。私のそばに。

そして、私はあなたをそっと抱きしめる。そうできるのよ。

以前みたいに。いいえ、それ以上に。

たぶん、私の人生の中でこれ以上ないくらいに。

Baby, its good to be back, so good to be back

Baby, its good to be back in your arms again

Baby, its good to be back, so good to be back

Honey, its good to be back with you, oh yeah

ベイビー、また、戻ってこれて良かった。
あなたの腕の中に。
ベイビー、また、いっしょになれて良かった。あなたと!

Well its not the first time we’ve been apart

But as far as I’m concerned its the last

I don’t care what we have to do to stay together from now on

But those days away from you are past

私たちが離ればなれになったのは、初めてじゃないわ。

でも、私たちに関するかぎり、これがラスト。

これから一緒にいられるなら、私はどんな試練にも負けないわ。

でも、もう、遠く離れていた日々は過ぎ去ったのよ。

‘Cause when I go through the day and I haven’t seen your face

Seems like nothing that I do feels right

You’re the one I wanna see when I wake up every day

You’re the one I wanna kiss goodnight

あなたと会えないなんて、なんてつまらない日々だったのかしら。

毎日、朝起きて、一緒に過ごしたい人はあなたしかいない。

おやすみのキスをしたいのもあなたしかいない。

Baby, its good to be back, so good to be back

Baby, its good to be back in your arms again (ooh)

Baby, its good to be back, so good to be back

Honey, its good to be back with you

So good, so good, so good, so good, so good with you, 

So good with you

ベイビー、また、戻ってこれて良かった。
あなたの腕の中に。
ベイビー、また、いっしょになれて良かった。あなたと!

とてもいいわ!とても!
ベイビー!あなたと一緒がいいの!

Why don’t you start me up with just one kiss

That’s just one of the things I’ve missed

You better kiss me once again ‘til it finally settles in

Well, I think I could get used to this

あなたのキスで私を熱くしてほしい。

ずっとそう思っていたことの一つよ。

もう一度キスして、私をあなたのものにして。

そうすれば、私たちの絆はもっともっと強くなるのよ。

Baby, its good to be back, so good to be back

Baby, its good to be back in your arms again (ooh)

Baby, its good to be back, so good to be back

Honey, its good to be back with you

ベイビー、また、戻ってこれて良かった。
あなたの腕の中に。
ベイビー、また、いっしょになれて良かった。あなたと!

とてもいいわ!とても!
ベイビー!あなたと一緒がいいの!

ナタリー・コール「Good To Be Back」名盤です!

というわけで、Natalie Coleの「Good To Be Back」!

踊れるようなダンス・アルバムではありませんが、とにかく全部名曲です。

まだ、人々の心が荒廃していない「80年代後半」の明るい雰囲気がよく伝わってきます。

こんな素敵なアルバムを作ってくれた人たちに、感謝するほかありません。

  • 時に楽しく、しっとりと…
  • そして、最後には「熱い心」を取り戻させてくれる・・・

そんな、名盤ですよ。

ぜひ、聴いてみてください。