本日は、80年代NYサウンドのレア盤として、ちょこちょこ名前を聞く…

「Khemistry」(1982年)のアルバムをレビューします。

Khemistry「I Can’t Lose With The Stuff I Use」

では、ケミストリーのアルバムについて、ちょっとだけ語りますね。

サウンド効果

ヘッドホンギャル

ちょっと、一本調子…

ADギャル左

同じような調子の曲が多すぎるかしら。

「I Can’t Lose With The Stuff I Use」がイイ!

A-1の「I Can’t Lose With The Stuff I Use」が抜群にイイのは認めます。

キレのいい80sダンスナンバー!

メロウでリズムギターが効いてて、ホーンもほど良く入ってる。

踊れそうなダンスチューン!(^^)!

おまけに、フルートなんかも入ってて、憎いくらい「ダンス野郎」のハートをつかみます。

各方面から「絶賛」されるのもうなずけます。

ディスコ・キッズ

Khemistry 「I Can’t Lose With The Stuff I Use」

爽やかですよね!

アルバムとしては、ちょっと単調過ぎる…?

しかし、アルバムとして聴いた時、どうも一本調子な気がするんですよね。

同じような調子の曲が多すぎるのかな~(*_*)

少しばかり、この時代の「オイシイところ」を意識しすぎているような気がします。

…とは言え、ニューヨーク系のオシャレサウンドが好きな方には、「これでもか!」と言わんばかり、グッドな曲を提供してくれている…

それは間違いないですね。

オリジナルレコード盤の「中古価格」がバカ高い!

ちなみにこのアルバム「Khemistry」…オリジナル盤レコードの「中古価格」がバカ高くなってます。

市場に枚数がでてないんだろうね(>_<)

「I Can’t Lose With The Stuff I Use」がグレイトなだけに…惜しいアルバム

このKhemistryのアルバム…「1982年当時、ぜんぜん騒がれなかったのが不思議な位の良盤」と言われることが多いです。

ディスコ・キッズ

…アルバム全体として楽しめるようにしてたら、もっと良かったのにね。

A-1の「I Can’t Lose With The Stuff I Use」がグレイトなだけに、惜しいアルバムです。