本日は、ギルバート・オサリバンの名盤・・・

「ヒムセルフ」(+Alone Again)をレビューしますね。

 

gilbert

Gilbert O’Sullivan「Himself」(+Alone Again)1972年

Gilbert O’Sullivan「Himself」(+Alone Again)

サウンド効果

ギターギャル

才能の宝庫

 「アローン・アゲイン」!懐かしい~

ギルバート・オサリバン・・・

今回、ディスコやダンスとはまったく関係ないです。

でも、とてもアンティークかつ新鮮な「名盤」なので取り上げてみました。

きっかけは「カラオケ」

そもそもこのアルバム「ヒムセルフ」を購入したきっかけは「カラオケ」です。

ボクの趣味はカラオケなんですが、洋楽のナツメロが好きなんですね~。

だから常になつかしくてイイ曲を探しているんで。

そこで、アンテナにひっかかってきたのが、ギルバート・オサリバンの「Alone Again」。

「懐かしい気持ち」を思い出させてくれる

この曲・・・ボクが8歳位の時の曲だったんですね~。

いつどこで聴いたのかはさっぱり覚えてません。

でも、この「アローン・アゲイン」・・・

とにかく「懐かしい気持ち」を思い出させてくれるんですよ。

みなさんも

「あっ、この曲知ってる!」

・・・って、ピンッとくると思いますが、どうでしょう?

 

Gilbert O’Sullivan「Alone Again」

オサリバン!才能あふれ過ぎ!

さて、Gilbert O’Sullivanの「Himself」!

さっそくUS盤のレコードを入手して聴いてみました。

・・・これが非常に良かったんですね~。

大ヒット曲「Alone Again」は、もちろんグッド。

それだけでなく、全曲それぞれ味があります。

アルバムとしてもクオリティーが高いです。

(CDの「Himself」には「アローン・アゲイン」が入ってないので注意!)

ジャンルは「プライベート・アルバム」!?

ジャンルは・・・

「ソフトロック」とか言われてるようですが、

ジャンルにとらわれない「私的録音(プライベート・アルバム)」と言ったところでしょうか。

とにかくこのアルバム「Himself」・・・

ギルバート・オサリバンの「才能」があふれていて、ジャンルという枠に収まらないように思いますね。

Gilbert O’Sullivan「Himself」各曲!

さて、アルバム内の曲は全てイイんですが、あえて数点特筆すべき曲をあげてみます。

「Matrimony」

明るいなボーカルに、ウキウキのリズム!

「至福の躍動感」を味わえます。

「Too Much Attention」

木魚みたいなリズム・・・

聴いていると「お経」のようにハマってゆく不思議な曲。                

「Alone Again」(スペシャル・レコードのみ収録)

言わずもがなの「名曲」。

時代を超えて愛されてますね。

ギルバート・オサリバンは淡々と歌ってますが、じんわりと心が暖かくなります。

間奏のビッグ・ジム・サリヴァンのギターが泣かせてくれますね~。

今でも新鮮な名盤です!

このアルバム「Himself」は全英ヒットチャートに20ヵ月もランクインするロングセラー。

「Alone Again」はグラミー賞にノミネート。

レトロな感じがなぜか今も新鮮な・・・そんな「名盤」です。

 

ディスコ・キッズ

CD「Himself」には名曲「アローン・アゲイン」が入ってません。注意してくださいね。

サーファーのロブ・マチャドに似てるネ!

今もって人気が衰えないギルバート・オサリバン!

・・・ちなみに、サーファーのロブ・マチャドに似てるように思うのは、ボクだけかなあ~?

Back to Front

ギルバート・オサリバン

 

444473

ロブ・マチャド

 

created by Rinker
ビクターエンタテインメント

※CD「Himself」には名曲「アローン・アゲイン」が入ってないので注意!