本日は、ギルバート・オサリバンの名盤「ヒムセルフ」をレビューしますね。

 

gilbert

Gilbert O’Sullivan「Himself」(+Alone Again)1972年

Gilbert O’Sullivan「Himself」

サウンド効果

ギターギャル

才能の宝庫

 「アローン・アゲイン」!懐かしいなぁ~

ギルバート・オサリバン・・・。今回、ディスコやダンスとはまったく関係ないんですけど、とてもアンティークかつ新鮮な「名盤」なので取り上げてみました。

そもそもこのアルバム「ヒムセルフ」を購入したきっかけは「カラオケ」です。ボクの趣味はカラオケなんですが、洋楽のナツメロが好きなんですね~。だから常になつかしくてイイ曲を探しているんですが、そこでアンテナにひっかかってきたのが、ギルバート・オサリバンの「アローン・アゲイン」。

この曲・・・ボクが8歳位の時の曲だったんですね~。いつどこで聴いたのかはさっぱり覚えてませんが、この「アローン・アゲイン」、とにかく懐かしい気持ちを思い起こさせてくれるんですよ。 みなさんも「あっ、この曲知ってる!」「どっかで聴いたことある!」ってピンッとくると思いますが、どうでしょう?

Gilbert O’Sullivan「Alone Again」

オサリバンちゃん!才能があふれ過ぎ!

さて、Gilbert O’Sullivan「Himself」!さっそくUS盤のレコードを入手して聴いてみたんですが、これが非常に良かったんですね~。大ヒット曲「Alone Again」はもちろんイイんですが、全曲それぞれ味があって アルバムとしても非常にクオリティーが高いです。

ジャンルは・・・どう言ったらいいんだろう?「ソフトロック」とか言われてるようですが、ジャンルにとらわれない「私的録音(プライベート・アルバム)」と言ったところがシックリくるかと思います。 とにかくこのアルバム「Himself」は、ギルバート・オサリバンの才能があふれ過ぎていてジャンルという枠にまったく収まらないように思いますね。

ギルバート・オサリバン「Himself」!全曲いいじゃん!

さて、アルバム内の曲は全てイイんですが、あえて数点特筆すべき曲をあげてみます。

  • 「Matrimony」・・・わくわくするようなレトロ感とダンサブルなリズムが実にいい具合にMIX。リズミカルなボーカルにストリングスや金管楽器もからんできて至福の躍動感を味わえます。
  • 「Too Much Attention」・・・独特のリズムに木管楽器やハーモニカなどが加わり、聴いているとお経のようにハマってゆく不思議な曲。                
  • 「Alone Again」・・・言わずもがなの「名曲」。時代を超えて愛されてますね。ギルバート・オサリバンは淡々と歌ってますが、じんわりと心が暖かくなります。間奏のビッグ・ジム・サリヴァンのギターがメロディアスで泣かせてくれますね~。

(アルバム「Himself」のCDには「アローン・アゲイン」が入ってないので注意!)

今でも新鮮な名盤です!

このアルバム「Himself」は全英ヒットチャートに20ヵ月もランクインするロングセラー。「Alone Again」はグラミー賞にノミネート。レトロな感じがなぜか今も新鮮な・・・そんな名盤です。

(しつこいようですが、CDのアルバム「Himself」には名曲「アローン・アゲイン」が入ってないので注意!)

サーファーのロブ・マチャドに似てるネ!

今もって日本での人気が衰えないギルバート・オサリバン!・・・ちなみに、サーファーのロブ・マチャドに似てるように思うのはボクだけかなあ~?

Back to Front

ギルバート・オサリバン

 

444473

ロブ・マチャド