本日は、DISCOだけでなく、あらゆる所で大人気・・・ジンギスカン「Dschinghis Khan」のアルバムをレビューしますね。

 

ジンギスカン

ジンギスカン「Dschinghis Khan」 1979年

Dschinghis Khan

サウンド効果

オバチャン

おもしろくて誰でも盛り上がる

 「ジンギスカン」・・・昔DISCOで良くかかってた~(^◇^)

まったくおもしろい名前のグループですね。ジャケットなんかテキトーに撮ったっぽいしね。・・・でも内容は侮れませんよお~。

僕が高校生の時、福山市のディスコ「フラミンゴ」では、ソウルの時間とロックンロールの時間とキャンディーポップの時間が分かれていて、好きなカテゴリーがかかると皆んなダンスフロアーに飛び出していったもんです。

・・・「ジンギスカン」がかかるのはキャンディーポップの時間でしたね。そのほかアラベスクやらノーランズやらドンキホーテなどがかかっていましたヨ。

この曲、子供たちも知ってるのね・・・

この「ジンギスカン」・・・すごく盛り上がってましたヨ。なんたって世界帝国を作りかけたモンゴルのとんでもない英雄ですからね。ナポレオンやヒトラーとタメを張れる東洋の英雄っていったらジンギスカンしかいないわけです。

でも、だからと言って、決してエラそうな曲ではなく、みんなで「ジン・ジン・ジンギスカ~ン♪」ってハモれるところがいいんですよね。

そして、この曲はすごい有名なのネ。だいたい若い人でもこの「ジンギスカン」だけは知ってるのね。

高校のイベントでかかってたとか、小学校のダンスの時間にかかってたとか・・・なにかというと世間で使われていたポピュラーな曲だったんですね~(^ ^)

Dschinghis Khan – Dschinghis Khan (1979) 「ウッ」「ハッ」!でおなじみ(^^♪

意外とマジメなレコードなんですよ!

当時は「おもしろい曲だな~」と思いましたけど、おふざけグループだと思ってました。でも今回、改めて腰を入れて聴いてみたら、けっこう音楽的にもまじめに作られたレコードだったので、ビックリしました。

歌詞も「どうせいいかげんなこと歌ってんだろ?」って思ってたけど、ちゃんと物語調になっていて、しっかりしたまじめな歌なんですよ。

歌詞カードを見てまたビックリしたんですが、ジンギスカンの歌詞を日本語訳すると、「馬に跨り、草原の風と競い合う。その数、千人~ 」なんて感じで、ちょっとした「ポエム」になってるんですよね。

実は、「ジンギスカン」はドイツ人のグループ!?

A-1の「めざせモスクワ」!そして、他の曲も「イスラエル」だの 「チャイナ・ボーイ」だの「サムライ」だのと・・・北はロシアから、中東、モンゴル、中国、日本と、とってもオリエンタルなテーマで盛り上げてくれる「Dschinghis Khan」・・・。

「あんたらいったい、どこの国の人よ?」って思っちゃうんですが、実はこのジンギスカンというグループ・・・ドイツ人なんだよね。

だから歌詞は全部ドイツ語。不思議だよね~・・・なんでドイツ?

でも、このジンギスカンのレコード、他の曲もなかなかおもしろくて侮れないんですヨ。オススメします!