今日は、「ブロンディー」の大ヒットアルバム「パラレル・ラインズ」をレビューします。

R&Bやブラコンが大好きな私ですがロックも好きです。特に「ブロンディー」はメロディーもノリも良いので大スキです。

 

Parallel Lines

Blondie「Parallel Lines」(恋の平行線)1978年

Blondie「Parallel Lines」

サウンド効果

ノリノリギャル

いっしょに騒ぎたくなる!

 ・・・ノリノリでんがな。

明るい部屋にはロックが似合う!

最近ロック系の曲を聴くことが多いです。

なぜかって・・・青空が見える健康的な部屋に引っ越したからだと思うんですよ。今まではブラック系のサウンドを中心に紹介してきたんですけど、ブラックミュージックやR&Bは基本的に夜のサウンドなんだと思うんですよね。やっぱり、太陽が降り注ぐ明るい昼にはブラックミュージックよりもロックの方が合うと思うんですヨ・・・。

というわけで本日紹介するのはアメリカのロックグループ、ブロンディーの大ヒットアルバム「パラレル・ラインズ」です。

なんと!初めて買ったロックがブロンディー「パラレル・ラインズ」!

いやあ~・・・いいですねえ。ブロンディー!何度聴いても最高です!

ドラムもギターも冴えてるし、こういうクールでキャッチーなロックってなかなかないんじゃないでしょうか?

思い起こせば、私が高校生の時初めて買ったロックがこれ、ブロンディーの「Parallel Lines」です。 商店街のレコード屋で直感的にジャケ買いしたんです。 といってもレコードではなくてカセットテープを買ったんですが・・・。

※当時はカセットテープも売ってたんですな。もちろん今も大事に持ってます。

何が購入の決め手になったかって、なんと言ってもジャケットに写っている、何ともクールでセクシーなデボラ・ハリーに一目惚れしたんですよ。 でアルバムを聴いてみて「カッコイイ!」とぞっこんに!そして、次の「恋のハートビート」や「オートアメリカン」などのアルバムを購入。

ですので、ボクの青春は「ブロンディー」とともに歩んできたと言っても過言ではありません。

ボーカルの「デボラ・ハリー」が超キュート!

ブロンディーの何が良いか?それはとにかく、ボーカルのデボラ・ハリーのセクシーでキュートでクールでパンキーなボーカルに尽きるでしょう!デボラ・ハリーは我々70s~80s世代の永遠のセックスシンボルなんです。

・・・このアルバムの中でディスコヒットは「ハート・オブ・グラス」ですね。厚いベースに乗って延々と気持ち良くノレます! ハモれます!もちろんこのあと、「コールミー」や「ラプチャー」などBIGディスコヒットを飛ばすのですが、やはりブロンディーはこの「ハート・オブ・グラス」がイイですネ。

デボラ・ハリーがお茶目に踊ってます♪

「パラレル・ラインズ」は全ての曲がグッド!

もちろん、このアルバム「パラレル・ラインズ」はすべての曲がカッコ良くて名曲です。

「Parallel Lines」

  1.  Hanging on the Telephone
  2.  One Way Or Another
  3.  Picture This
  4.  Fade Away and Radiate
  5.  Pretty Baby
  6.  I Know But I Don’t Know
  7.  11:59
  8.  Will Anything Happen?
  9.  Sunday Girl
  10.  Heart Of Glass
  11.  I’m Gonna Love You Too
  12.  Just Go Away

 

すごくキャッチーでパンクなアルバム!こうなったらもう一緒に歌い踊るしかない!

というワケで「Parallel Lines」を名盤認定しちゃいます!!