本日は、ティアーズ・フォー・フィアーズ(Tears for fears)の大ヒットアルバム「Songs From the Big Chair」をレビューします。

ご存じ「シャウト」や「ルール・ザ・ワールド」などのビッグ・ヒットが入ってる名盤のレコードです。

 

Tears for fears「Songs From the Big Chair」1984年

Tears for fears「Songs From the Big Chair」

サウンド効果

パワーギャル

荘厳で神聖な気持ちになってくる

1984年のディスコって・・・

いやあ~なつかしいです。

1984年と言ったら、ボクがまだ20才の頃、大学に行って、ウロウロと自分探しをしていた頃です。

当時は、六本木のディスコ「スタジオワン」とか新宿のディスコ「GBラビッツ」なんかに入り浸っていました。

事件をキッカケに取り締まりが厳しく・・・

しかし、この頃、ディスコ業界にも陰りが見えはじめた頃じゃなかったですか?

ディスコ「ゼノン?」で女子●●生●人事件なんてものがあって、当時は大変な騒ぎになりましたよね。それで、ディスコに対する批判が強くなってきたように思います。

世論的には「ディスコなんていかがわしい所はちゃんと取り締まれ!」なんて感じだったんだろうと思います。

当局にしても、朝までドンチャン騒ぎをしているディスコを苦々しく思っていたんではないでしょうか?

その後、風俗営業法ができて、ディスコは夜12時までしか営業できなくなっちゃいました(〃´o`)=3

ビッグヒット 「SHOUT」「Everybody Wants to Rule the World」

このTears for fearsは、ちょうどそんな時期にリリースされたんですね。

もしかしたら、経済発展でウかれてた世界を啓蒙する役目があったのかもしれない・・・なんて妄想します。

「SHOUT」と「Everybody Wants to Rule the World」は、誰しもが一度は耳にしたことがあるんじゃないですか?

それくらい流行ったんですよね。

 

Tears For Fears 「Everybody Wants To Rule The World」(ルール・ザ・ワールド)

踊れるわけじゃないけど、凄く名盤!

でも、ディスコではあまり聴いた記憶がなくて、たいていラジオとか、MIXテープなんかで聴いていたような気がします。

ディスコでかからなかったって言うのも・・・まあ、このアルバム自体、踊れるわけじゃないんですよね。

とは言え、このTears for fearsのアルバム「Songs From the Big Chair」・・・誰もが認める名盤なんです。

すごく音がいいし、アルバム構成もよくできてる。

そして一曲一曲が音のシャワーを浴びている感じかな?非常に気持ち良いんです。

荘厳で神聖な気持ちになってくるんですよね。まるで聖歌を聴いているように。

ヒット曲レビュー

SHOUT

「Shout, shout, let it all out, these are the things I can do without .Come on, I’m talking to you, come on 」

このフレーズが呪文のように繰り返されて、ハマってしまいます。

ボクはあまり英語に詳しい方じゃないんですが、

「叫べ!叫べ!全部吐き出せ!そんなものなくたって構わないんだ!カムオン!君に言ってるんだぜ?さあ!」みたいな事を言ってるみたい。

まあ、歌詞を読んでいると、非常に深くこの社会を洞察していることがわかります。

この狂った社会を維持するため、魂を売ってただただド●イのように働かされている・・・そんな我々への問いかけなのかもしれません。

EVERYBODY WANTS TO RULE THE WORLD(ルール・ザ・ワールド)

「EVERYBODY WANTS TO RULE THE WORLD~♪」・・・このフレーズ 「誰もがこの世を支配したがる。。。」がスキップしてるみたいに気持ちイイんですよね~。

「Welcome to your life, There’s no turning back, Even while we sleep ,We will find you, acting on your best behavior ,Turn your back on Mother Nature, Everybody wants to rule the world.」

「ウェルカム、君の人生へようこそ。 もう戻れないんだぜ。 寝ている時でさえも良い子チャンを演じるしかないのさ。 母なる自然に背を向けて・・・。 (なぜかって?)そうさ。誰もがこの世を支配したがるからさ。」

なんて・・・こんな意味みたいです。

ティアーズ・フォー・フィアーズ・・・ポップなメロディーに、とても意味深な歌詞を載っけてるって思うんですよ。