本日は、Mary Jane Girlsのアルバム「Only Four You」(1985年)をレビューしますね。

80年代に、大ヒット曲「In My House」で踊りまくった人も多いんじゃないですか?

Mary Jane Girls「Only Four You」

では、Mary Jane Girls「Only Four You」について語ってゆきますね。

サウンド効果

ヘッドホンギャル

さあ、なんか始めようか!

ディスコ・スーパーヒット!「In My House」!

メリー・ジェーン・ガールズの「イン・マイ・ハウス」 …

ダンスホールに、人を引きづり出すパワーがあるんですよね。

1985年と言えば、ボクが21歳の時…六本木や新宿のディスコで遊んでいた頃です。

でも、この曲「イン・マイ・ハウス」を強く意識したのは、1987年、六本木のディスコ「ペントハウス9」に勤めていた時(*^^*)

この時は、ウェイターをやっていて色々と大変でした。

ダンス・フロアーに人が押し寄せてくる!

まあ、それはイイとして…

この「イン・マイ・ハウス」がかかると、今までガラガラだったダンス・フロアーに、

ドッと人が押し寄せてくる!

…んですよね。

中には「キャー」なんて言って、ダンスフロアーまで走ってくる子もいましたね(#^^#)

Mary Jane Girls「In My House」…それほど、大人気だったんですよね。

「なんか始めちゃおうかな~!」って気にさせる、不思議な解放感とパワーがあるんですヨ!

ディスコ・キッズ

Mary Jane Girls「In My House」!ド派手なお姉ちゃんたちだなあ~。

男どもの騒ぎっぷりが笑えますネ。

Mary Jane Girlsとは?

メリー・ジェーン・ガールズは、4人組のガールズ・グループ。

リック・ジェームスの元バック・グラウンド・ボーカルらしいですヨ。

リード・ボーカルをとっているメインは、JOJOというシスター(黒人女性)。

クセがなくて、なかなかいい歌い手ですネ。

もちろん、プロデューサーはリック・ジェイムス!

彼女たちのプロデューサーは、もちろんリック・ジェイムス。

…もう、1曲目の音を聴けばわかりますよね?

リズムギターの刻み方とか、ストリングスの入り方とか、リック・ジェイムスの一番カッコイイところがふんだんに使われてます。

80年代のファンクが好きにはたまらないはず!

「All Night Long」もカッコ良かった!

Mary Jane Girlsは、以前「オール・ナイト・ロング」というスマッシュ・ヒットも飛ばしてましたね。

よくラップのネタになってるんで、イントロの部分を聴いて「これかー!」なんて思う人も多いかもしれないですネ。

ボクも大好きな曲です。

ディスコ・キッズ

とってもセクシー(#^^#)

Mary Jane Girls「Only Four You」!各曲

では、アルバム「Only Four You」の収録曲を簡単にレビューします。

イン・マイ・ハウス

もう解説はいらないくらいの大ヒット!

重く熱いリズムに、淡々と女性ボーカルが絡む…その不思議なコントラストにシビレます♪

ブレイク・イット・アップ

こちらもイン・マイ・ハウスに負けずと劣らず踊れます。

シャドウ・ラヴァー

当アルバム唯一のスロー。なかなかGOODです。

メリ・ジェーン・ガールズは歌唱力があるのでスローも聴けちゃいます。

ワイルド&クレイジー・ラヴ

曲の感じはモロ「In My House」と同じ(リックジェイムスの手抜き?)なんだけど…

そう思っていても、けっこうノレちゃうんだなあ~。

レザー・クィーン

セクシーな呟きとコーラスがあいまってなかなかいい感じ。

もちろんベースが効いててバッチリ踊れます!

妙に「やる気になってくる」アルバムです!

…というわけで、

リック・ジェイムスのパワフルなファンクセクシーな女性ボーカルをフューチャー!

メリ・ジェーン・ガールズのアルバム「Only Four You」!

なんだか、妙にやる気になってくるサウンドです。

「最近、やる気が起きないなあ~」なんて方は聴いてみてはいかが?