本日は、マイケル・ジャクソンの大ヒットアルバム…

「オフ・ザ・ウォール」(1979年)のレビューをします。

え?

「このスーパー・アルバムに、もはや解説は要らない」

…ですか?

そんな事言わずに、チョット付き合ってくださいヨ(〃´o`)=3

Michael Jackson「Off The Wall」

では、マイケルの「オフ・ザ・ウォール」について語ってゆきますね。

 サウンド効果

ノリノリギャル

キング・オブ・ポップ!?

ADギャル左

もはや説明不要よね。

ヒット曲だらけと言うか、ヒット曲まみれと言うか…

とにかく「キング・オブ・ポップ」よ!

PV「スリラー」を見た瞬間、私はダンサーになろうと思った!

ボクは、なんといってもマイケル・ジャクソンが好きなんですよ~。

マイケルのPV「スリラー」を見た瞬間、体に電撃が走り

「ダンサーになろう!」

…と思ったんです。

そして、大学をやめてジャズダンスの世界に入りました。

そのくらい、マイケルが好きだったんですよね(;^ω^)

「Off The Wall」!80年代が走馬燈のように蘇る

しかし、ほんとうに、マイケルのアルバム「Off The Wall」を聴くと、80年代が走馬燈のように蘇るなあ~。

  • ディスコでマイケルのイントロがかかると、たまらずダンス・フロアーに飛び出していった方
  • マイケルの「アォーッ」のシャウトにシビレまくった方
  • マイケルのダンスをコピーしまくるのに青春を賭けた方

…かなり多いのではないでしょうか?

シスター

ある意味、すごく「動物的本能」を刺激してくれるのよね…マイケルって。

ディスコ・キッズ

「Don’t Stop ‘Til You Get Enough」

…もしかして引力を操作してない?

マイケルのダンスは芸術です!

 大ヒット!モンスター・アルバム「Off The Wall」!

「オフ・ザ・ウォール」は、マイケル・ジャクソンの初の本格的ソロアルバムです。

「モータウン」時代のマイケル

マイケルは、1966年に「ジャクソン5」のリードボーカルとしてデビュー!

黒人のための黒人による音楽会社モータウンで「Got to Be There」など計4枚のソロアルバムを出しました。

エピック・レコードから「Off The Wall」を発売!

その後、「モータウン」を離脱したマイケル!

エピック・レコードから、このアルバム「Off The Wall」を出したんです。

時代はもうすでにグローバル。

「黒人も白人も関係ないよ!」と言わんばかりのキャッチーなアルバムでした。

あっと言う間に、世界中で大ヒット!

そして、プロデューサーは、あの\クインシー・ジョーンズ/

時代を的確にとらえた音作りで、あっと言う間に世界中で大ヒット!

2000万枚を売り上げたモンスター・アルバム!

それがこの「Off The Wall」です(^◇^)

アルバム「Off The Wall」!全ての曲がグレイト!

アルバム中、やはり最高なのは

  • Don’t Stop ‘Til You Get Enough
  • Rock With You
  • Off The Wall

…などのダンスナンバーですが、

  • Girlfriend
  • It’s The Falling In Love
  • I Can’t Help It

…などのミディアム・ナンバーも、とてもポップでなじみやすいです。

ミディアム・スローもいいです!「 I Can’t Help It」

特に「 I Can’t Help It」…いい感じでメロウですね。

これから80年代が始まる!旅立ちが始まる!

そんな予感がする名曲です。

シスター

「 I Can’t Help It」…

ちょっぴり、シンミリな感じよ~。

あの「大スター」たちが、曲を提供!

曲の提供も、

…など、そうそうたる顔ぶれが並んでいます。

もちろんマイケルも負けてはいません。

  • 「Don’t Stop ‘Til You Get Enough」
  • 「Workin’ Day And Night」

…などはマイケルが作曲してます。

ディスコ・キッズ

「オフ・ザ・ウォール」!

本当に「キング・オブ・ポップ」ですヨ(*_*)

やっぱ、マイケルは\グレイト/!

こうして聴いていると、「80年代の思い出」がよみがえりますネ。

やはり、ボクらは「マイケルとともに青春を過ごしてきたんだな~」と感慨深い思いです。

そして、なんといっても、マイケルのダンスのグレイトなこと!

いつだって、一瞬で「若者のハート」をワシ掴みでしょう!(〃´o`)=3