本日は、大人気オハイオ・ファンク!デイトン「フィール・ザ・ミュージック」をレビューします。

 

フィール・ザ・ミュージック

DAYTON「Feel The Music」(1983年)

DAYTON「Feel The Music」

サウンド効果

ファンキーギャル

今を精一杯生きよう!

・・・人生ってロンサム(寂しい)だけどメゲずに行きましょう!

DAYTONは元「SUN」のメンバーによって結成された!?

DAYTON(デイトン)って、オハイオのまっ黒系ファンクバンド「SUN(サン)」のメンバー達が結成したバンドなんですヨネ。

「SUN」って、激重のファンクあり、ライトメロウなファンクありで70年代から人気のバンドだったんですけど、やっぱり、記憶に残るのはアルバム「サンバーン」なんですヨ。

 「サウンド・オブ・ミュージック」が大人気!

・・・って「SUN(サン)」のレビューはさておき、デイトンに戻りましょう。

デイトンの当アルバム「Feel The Music(フィール・ザ・ミュージック)」は、1983年に発売された彼らの4枚目のLP!かなりオシャレな感じですね~。。。

そして、なんと言っても大人気なのが、ご存じA-1の「サウンド・オブ・ミュージック」!と~っても爽やかなメロウ・ダンサー~♪

Dayton「The Sound Of Music」・・・ほんまにオシャレ!

アルバム全編に哀愁が漂う!?

DAYTON「Feel The Music」!

巷では「都会的に洗練されたアーバン・コンテンポラリー・サウンドの傑作」と言われていますが・・・でも、全体を通して聴いてみると、微妙に「ロンサム(寂しい)」なムードを感じてしまうんですよね。

・・・まあ「都会とかアーバンってそもそも寂しいモンだろ!」って言われればそれまでなんですが・・・。

しかし、特に、

  • 「It Must Be Love」
  • 「Caught In The Middle」
  • 「PROMISE ME」
  • 「Lookin’ Up」

といったスローやミディアムには、哀愁が漂っています。

これは、やはりオハイオという土地の波動なのかな?って思います。 先住民族のインディアンの悲しみなどが、曲調の中に入ってきてしまうのでは!?・・・なんてボクは想像します(〃´o`)=3

でも、もちろんアルバムはいい波動なんですヨ!色々あったれけど、だからこそ「今を精一杯生きよう!」というポジティブな気持ちにさせてくれる名盤です!

DAYTON「Feel The Music」はレコードだとプレミア価格!

実は、このDAYTONのアルバム「Feel The Music」~ボクはCDで持っていたんですが、今回レビューを書こうと思って、わざわざアナログで手に入れたんですよ~。そしたら・・・ヤフオクで4千円近くしました(≧◇≦)・・・高額で取引されてます。

名曲「サウンド・オブ・ミュージック」が入っているということで、やっぱり人気が高いんですネ~。

80s後半から人気沸騰か!?

ちなみにディスコでは、1983年当時、「サウンド・オブ・ミュージック」ってそんなに流行ってなかったような記憶が・・・。

やはり業界各紙がこぞって紹介した結果、80年代後半頃からジワジワと認知されだしたのではないでしょうか?ブラシスの80sファンキー名盤100選にも取り上げられていましたしね。

※六本木のディスコ「Queue(キュー)」では、DJのTASHIROさんが80年代の後半に良くプレイしていました。おかげでボクもDAYTONが好きになっちゃいました^^

「The Sound Of Music」!やっぱり名曲やね!

というわけで、DAYTONのアルバム「フィール・ザ・ミュージック」!

全体としてちょっぴり「哀愁ただよう」感じはありますが、やはり「The Sound Of Music」はヴォコーダーがなんとも気持ちいい名曲ですし、「So What」もバチッとノレる曲!ぜひ一聴してみてはいかがでしょう?

レコードで買うとプレミア価格になってしまいますが、CDなら普通の値段で購入可能ですよ。

 

フィール・ザ・ミュージック

DAYTON「Feel The Music」

 

ファンキーギャル

名盤だと思うわ♡