ダンクラと言えば「Got To Be Real」!本日は、シェリル・リンのファースト・アルバム「Cheryl Lynn」をレビューしますね。

 

シェリル・リン

「Cheryl Lynn」シェリル・リン 1978年

Cheryl Lynn「Got To Be Real」

サウンド効果

ファンキーギャル

いつのまにか「ノっている」!(スローは「ほっこり」)

ディスコの大定番!「Got To Be Real」!

米R&Bチャート1位「ガット・トウ・ビーリアル」(Got To Be Real)で、もはや超有名なこのアルバム!

・・・のっけからいきなりテンションを上げちゃってます。

「Got To Be Real」はダンクラの大定番!

散々聴きまくり、少々食傷気味ですが、やはり哀愁たっぷりでいいですよね!

プロデュースは「TOTO」のデヴィッド・ペイチと言うこともあり、メロウにダンサブルに仕上がっています。

 

Cheryl Lynn「Got to be real」・・・和訳「本当になる!」

「Star love」(スター・ラブ)もイイんでっせー!

このアルバムの真骨頂は、シェリル・リンのその何オクターブも発声してしまうスゴイ喉でしょう。

かつて、あるディスコでプレイしていた時に、黒人の女性ダンサーがニューヨークから来たんですよね。・・・ちょっと太めだけど気のいい黒人女性でしたよ。

で、その女性ダンサーがDJブース内で、「Star loveって曲がスゴイんだ。」って言って、シェリル・リンのマネをしたんです。喉を「アイーン」みたいに叩きながら、シェリル・リンみたいなスゴイ高い声を出すんですよ。

「へえ~ 日本人は、ガット・トゥー・ビーリアルばかり取り沙汰するけど、本場の人は、着目する曲が違うなっ・・・」って妙に感心したのを覚えています。

ボクも、シェリル・リンって言ったら「ガット・トウ・ビー・リアル」か、「イン・ザ・ナイト」か「シェイクアップ・トゥナイト」・・・しか、注目してなかったですからね。

※「スター・ラヴ」は、当アルバムの2ndシングルです!

やっぱ、Cheryl Lynnの歌唱力はスゴイ!

しかし、こうしてシェリル・リンのアルバムを通しで聞いてみると、実にいいですね!

いつのまにかアップではノリノリになってるし、スローではなつかしい気持ちにさせてくれてくれます。

これはやはり、シェリル・リンの歌唱力の賜物だと思います。

幼い頃から教会でゴスペルを歌っていただけあって、そんじょそこらの歌手は足元にも及びません。

こんなにDISCOを盛り上げてくれたシェリル・リン!最近は活躍を聞かないけど、どうしているんでしょう・・・?

シェリル・リン(Cheryl Lynn)「In The Night」