ダンクラと言えば「Got To Be Real」

本日は、シェリル・リンのファースト・アルバム「Cheryl Lynn」(1987年)をレビューしますね。

Cheryl Lynn「Got To Be Real」

では、シェリル・リン「ガット・トゥビー・リアル」について語ってゆきますね。

サウンド効果

ファンキーギャル

いつのまにか「ノっている」!スローは「ほっこり」^^

ディスコの大定番!「Got To Be Real」!

米R&Bチャート1位「ガット・トウ・ビーリアル」(Got To Be Real)!

このビッグヒットで、もはや超有名なこのアルバム!

のっけからいきなりテンションを上げちゃってます。

「Got To Be Real」はダンクラの大定番!

ディスコでは散々プレイされていて、少々食傷気味ですが、やはり哀愁たっぷりでいいですよね!

プロデュースは「TOTO」のデヴィッド・ペイチと言うこともあり、メロウにダンサブルに仕上がっています。

ディスコ・キッズ

Cheryl Lynn…すごくパワフルな歌声です。

「Got To Be Real」…ディスコではどうだった?

えっ?

「Got To Be Real」は、ディスコでどうだった?

…ですか?

そりゃもう、盛り上がっちゃって大変ですよ(≧◇≦)

この曲をかけないと、DJはつるし上げられそうなくらい、大人気なナンバーでした。

シスター

大げさでしょ!

でも、「Got To Be Real」って、バリバリのダンスナンバーというわけではなく、

メロディー重視の曲なので、ヘタなとこで、かけるとスベります(/・ω・)/

ディスコ・キッズ

プレイするDJ側としては、なかなかムツカシイ曲だと思いましたヨ。




ドリームズ・カム・トゥルーの 「決戦は金曜日」との関係は?

ドリカムの「決戦は金曜日」はシェリル・リンの「ゴット・トウ・ビー・リール」に似てる。

もしかして、パクリ?

…などと言う声も多いです。

しかし、ドリカムは、シェリル・リンの「ゴット・トウ・ビー・リール」のコード進行で「決戦は金曜日」を作曲したらしいです。

あくまで、シェリル・リンの「Got to be real」をベースに曲を作るという企画だったらしいです。

ですので、決してパクリと言うわけではなさそうです。

「Star love」(スター・ラブ)もイイでっせー!

ちなみに、Cheryl Lynnの真骨頂は、シェリル・リンの何オクターブも発声してしまうそのスゴイ喉でしょう。

かつて、あるディスコでプレイしていた時に、黒人の女性ダンサーがニューヨークから来たんですよね。

シスター

ちょっと太めだけど、気のいい人だったわね。

で、その女性ダンサーがDJブース内で

「Star love」って曲がスゴイんだ。

…って言って、シェリル・リンのマネをしたんです。

喉を「アイーン」みたいに叩きながら、シェリル・リンみたいなスゴイ高い声を出すんですよ。

「へえ~ 、日本人はガット・トゥー・ビーリアルばかり取り沙汰するけど、本場の人は、着目する曲が違うな」

…って妙に感心したのを覚えています。

ディスコ・キッズ

「スター・ラヴ」は、当アルバムの2ndシングルです!

やっぱ、Cheryl Lynnの歌唱力はスゴイ!

しかし、こうしてシェリル・リンのアルバムを通しで聞いてみると、実にいいですね!

アップではノリノリになるし、スローではなつかしい気持ちにさせてくれてくれます。

これはやはり、シェリル・リンの歌唱力の賜物だと思います。

幼い頃から教会でゴスペルを歌っていただけあって、そんじょそこらの歌手は足元にも及びません。

シスター

こんなにDISCOを盛り上げてくれたCheryl Lynn!

最近は活躍を聞かないけど、どうしているんでしょう?

ディスコ・キッズ

Cheryl Lynn「In The Night」もいいですよ!