本日は、80年代のユーロビートで大人気だった…

Laura Branigan(ローラ・ブラニガン)「セルフ・コントロール」(1984年)をレビューしますね。

Laura Branigan「Self Control」

Laura Braniganは、ニューヨーク生まれの女性シンガーです。

アイルランド系の両親の元に生まれ、母方は音楽関係者だったようです。

では、Laura Branigan「Self Control」はどんなアルバムでしょうか?

レビューしてゆきますね。 

こんな人にオススメ

Laura Branigan「Self Control」はこんな人にオススメです。

  • パワフルなポップスが好き
  • 熱い気持ちを取り戻したい
  • 80年代のディスコ名盤を聴きたい

サウンド効果

このアルバムの醸し出す雰囲気は…

ノリノリギャル

ひたすらハートを熱くしてくれる!
(サブ効果)掃除がはかどる。

ディスコヒット「セルフ・コントロール」!

Laura Branigan「Self Control」は、

  • とてもテンポが良く
  • パワフル
  • 元気になる

…そんなアルバムです。

ローラ・ブラニガンのボーカルは張りがあってイイですね。

このアルバムからは「セルフ・コントロール」が大ヒット。

当時、私がDJ修行していた六本木のディスコ「Penthouse9」でも、しょっちゅうかかってました。

「オオオー」とか「クリーチャー」とか…

ローラが時に激しく、時に囁くように歌ってくれます。

シスター

ちょっと不思議なメロディーで

なんか記憶に残るのよね~

ディスコ・キッズ

…なんだか「意味深」なPVです。

オリジナルはラファエル・リフォーリィ

「Self Control」のオリジナルは、イタリアのラファエル・リフォーリィというミュージシャンのようです。

ディスコ・キッズ

こちらも、シンプルでいいですね。




Laura Branigan「Self Control」和訳

突然ですが、Laura Branigan「Self Control」の歌詞を日本語訳してみます。

カラオケで歌うのに、やっぱり「意味を理解して」歌いたいんですよー。

ディスコ・キッズ

すみません。

ムチャ「意訳」してます。

Oh, the night is my world
City light painted girl
In the day nothing matters
It’s the night time that flatters

夜こそがすべて
街の灯りが私を際立たせる
昼は普通でも
夜は喜びの時間

In the night, no control
Through the wall something’s breaking
Wearing white as you’re walkin’
Down the street of my soul

夜は、ノー・コントロルになる
次元を抜けて 何かがやってくる
白い服を着て歩いている何か
私の心の中に入って来るのよ

You take my self, you take my self control
You got me livin’ only for the night
Before the morning comes, the story’s told
You take my self, you take my self control

あなたは私を乗っ取り、私をコントロールする
夜になると、私をよみがえらせる
そして、朝が来る前には去ってゆく
私を乗っ取り、私をコントロールする

Another night, another day goes by
I never stop myself to wonder why
You help me to forget to play my role
You take my self, you take my self control

一夜また一夜過ぎていく
私はこんなふうになる理由がわからない
自分の人格がなくなってゆく
あなたは私を乗っ取り、私をコントロールする

I, I live among the creatures of the night
I haven’t got the will to try and fight
Against a new tomorrow, so I guess I’ll just believe it
That tomorrow never comes

私は「夜の魔」のなかで生きてる
次の夜が来ることに、抗うことはできない
私は知っているから
もう「今までのような明日」が、決して来ないということを

A safe night, I’m living in the forest of my dream
I know the night is not as it would seem
I must believe in something, so I’ll make myself believe it
That this night will never go

何もない夜は、森の中のように安らか
でも、見かけにだまされないで
私は知っているの
「この夜」は決して終わらないことを

シスター

なんか、怖いじゃん!

「セルフ・コントロール」以外も全部イイ!

「Self Control」以外の曲も全部イイですよ。

大ヒットしたのも、思わず納得の内容です。

「The Lucky One」「Satisfaction」「Breaking Out」

この3曲、どれもパワフルです。

元気が出ますよ!

特に「The Lucky One」はオススメ!

Silent Partnersha

メロウでグッドなバラード!

80年代の雰囲気がよみがえります。

Will You Still Love Me Tomorrow

とてもしっとりしたバラード。

With Every Beat Of My Heart

ひたすらハートにジンッと訴えてくる!

純粋なパワーに圧倒されるミディアム・ナンバー!

ディスコ・キッズ

いやあ~イイですね。

ローラ・ブラニガン!今だに根強いファンが多いのも頷けます。

音楽配信サービス

Laura Branigan「Self Control」は、中古レコードやCDでも販売されています。

ですが、CDはプレミア価格になってるみたいですね。

また、以下の音楽アプリでも配信されていますよ。

音楽配信サービス
Amazon Music Unlimited 配信あり
Spotify 配信あり
Apple Music 配信あり
ディスコ・キッズ

ストリーミングサービスが好きな人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

シスター

アルバムの試聴はこちら!

(Amazonにログインで試聴できます)

Laura Branigan「Self Control」

Laura Branigan「Self Control」!お掃除がはかどります^^

ちなみに、このアルバムを聴きながら掃除をすると、とてもはかどるんです。

テンポが良いし「周りをキレイにしよう」という気になるんですよ。

おそらく、ローラ・ブラニガンのハートがとてもキレイだからでしょうね。

ディスコ・キッズ

Laura Branigan「Self Control」!

名盤だと思いますヨ。

「Self Control」のPVは放送禁止だった?

「Self Control」のPVは当時放送禁止になったそうですね。

確かに、これは一番触れちゃいけない部分(夜の魔)だったんでしょうね。

「アイズ ワイド シャット」(Eyes Wide Shut)を撮った、スタンリー・キューブリックも試写会後すぐ亡くなっています。

Laura Braniganも若干47歳で亡くなっていますね。

シスター

なぜ?

こんなハートに強く訴える歌声を持ったローラ・ブラニガン。

その早逝をとても残念に思います。