今日はガラにもなく固い話をします(^◇^)

私は、若い人達には「波動の良い曲」を聴いてもらいたいと思っています。

 

disc5

若い時に聴く音楽によって、人のエーテル体は決まる。

エーテル体=感性

人間の肉体は目に見えない「エーテル体」というものを持っています。

このエーテル体によって、人が「何をどう感じるか」という感性の部分が決まります。何に感動するか?何を美しいと思うか?何を卑しいと思うか?といった基本的な感性が決まります。

音楽は「感性の構築」に影響を及ぼす

エーテル体には色々な状態があります。清いエーテル体、俗なエーテル体、病んだエーテル体・・・。

私はこのエーテル体というものは、若い時にほぼ構築されてしまうと考えています。 そして、エーテル体の構築時に重要な役割を果たすのが【音楽】ではないだろうか?と思っています。

若い時、どうでもいい音楽を聴いて過ごすのか、波動の良いキレイな音楽を聴いて過ごすのかで、構築されるエーテル体の質が違ってくるから、その人の感性がまったく違ってくると考えています。

病んだ曲ばかり聴いてるとエーテル体は病む

波動の悪い曲を聴き続ければ病んだエーテル体になり、波動の悪いものしか受け付けない人になってしまいます。

インスタントラーメンに体が慣れてしまうと、そればっかり体が欲しがるのと同じことです。

最近の音楽は病んでます(-_-;)・・・

そもそも、この世界は、商業主義だからなのか、あるいは意図的なのかは知りませんが、エーテル体に新しいエネルギーが供給されない、つまり感性がまったく刺激されない、そんな音楽ばかり垂れ流すのですから、始末に負えません。感性が死んでしまったロボットのような人たちが増えるわけです。

音楽は人の感性を変え、世界を変える。

このブログはダンスミュージックに絞って紹介しているのですが、本当は、クラッシック、ジャズ、カントリー、シャンソン、民謡・・・ジャンルを問わず「波動の良い曲」を世に広めたいと私は思っています。

特に若い人には波動の良い曲を聴いてもらいたい。そして健全なエーテル体を構築し、清い感性を持った人に育ってもらいたいと思っています。そんな人達が増えてくれば、この歪み切った世界はいつかガラリと変わることでしょう。

音楽とは、人間の感性を変え、ひいては世界を根本から変えてしまう可能性を持った「魔術」なのですから。