今回は、ダンクラ「Disco Nights」のヒットでおなじみのグループ「ジー・キュー(GQ)」から…

サード・アルバムの「フェイス・トゥー・フェイス」(1981年)をレビューします。

GQ「FACE TO FACE」

では、GQの「FACE TO FACE」について語ってゆきますね。

サウンド効果

ヘッドホンギャル

なんか気分いいなぁ~

関係ないけど、六本木の「ディスコ・リージェンシー」の話

ボクの持っているこのGQのレコードは、なぜか「NASA・サンバクラブ・リージェンシー」のシールが貼ってあります。

おそらく、新宿のディスコ「サンバクラブ・リージェンシー」が店を閉めた時、DJブースから流出したんでしょう。

それをボクが「中古レコード屋」で偶然手に入れたってわけ。

六本木の一等地、「ロアビル」13階

「リージェンシー」と言えば、どちらかと言うと、新宿ではなく六本木にあった「ディスコ・リージェンシー」を思い出してしまうんですよね。

ボクが知ってる「リージェンシー」は、80年代の終わりごろ。

六本木の一等地、「ロアビル」13階にあり、とても広くて賑わっていたディスコでした。

当時、ボクは先輩IWさんに連れられて、「リージェンシー」やら「ギゼー」やらの歴史あるディスコに遊びにいったものです。

ディスコ・キッズ

というか、単なるお供だったんだけどね…

この話は長くなるので、またの機会にでも書こうと思います。

GQの「Shake」は、メロウでグッド!

さて、GQですけど、彼らの大ヒットは、やはり「Disco Nights (Rock-Freak)」でしょう。

これね(^ ^)

でも今回は、その2年後に発売された3枚目のアルバム「Face To Face 」をじっくりと聴いてみました。

これが、なかなかいいんです~。

爽やか、軽やかで…。

特に「Shake」はライトな感じがGOOD!!

ディスコ・キッズ

GQ「Shake」

なかなか爽やかなFUNKです。

GQ「FACE TO FACE」印象に残った曲

では、「FACE TO FACE」で、印象に残った曲をピックアップします。

Shake

当アルバムの一押しダンクラ

キレのいいリズムギターと軽やかなメロディー。

思わず踊らずにはいられないメロウ・ダンサー!

この曲、福山市のディスコ「フラミンゴ」でもかかってました。

Delegation」みたいに、ライトでAORっぽいダンスナンバー!

最高です。

Shy Baby

これもやはり、ノリのいいライトなダンスナンバー。

何とも言えない「爽やかなグルーブ」を生み出しています。

こういう曲はちょっと貴重なんですね~。

I Love (the Skin You’re In)

どことなく郷愁ただようAORナンバー。

ブラコンとAORの中間にある感じですね。

こういうのを「アーバン・メロウ」って言うんですかね。

コーラスワークも”力み”がなくて非常にGOOD。

Boogie Shoogie Feelin’

楽しい感じのアップナンバー。

自然とノッてきてしまいます。

屈託なくていいなあ~。

Dark Side Of The Sun

こちらはスローナンバーですが、なかなか雰囲気があって良いですよ。

ボーカルがムリせず「自然な感じ」でリラックスできるね。

「Disco Nights 」もいいけど、「Face To Face」も好盤!

このGQの「Face To Face 」…全体を通して、何かイイ感じになるアルバムです。

大ヒット曲が入ってるわけじゃないけれど、なんかこれを聴くと、いつのまにかイヤなことを忘れちゃう…

そんな、爽やかな好盤だと思いますよ。

GQは「Disco Nights 」もいいけれど、「Face To Face」もチェックしてみてはどうでしょう?