本日は、ジャズ・フュージョンだけでなく…

スムース・ジャズでも、大人気の「アール・クルー」をレビューしますね。

Earl Klugh(アール・クルー)

アール・クルーって、当時日本で、大ヒットしたんですよね。

いわば、日本が火付け役・・・。

そんなアール・クルーの曲について、書いてゆきますね。

サウンド効果

ギターギャル

すっごく、なごむ

アール・クルー!一日中聴いても疲れない!

「一日のうちで一番よく聴いているアーティストは?」

…そう聞かれたら

私は即座に、Earl Klugh(アール・クルー)と答えます(^^)/

ほんとうに、私の1日は「アール・クルー漬け」です。

気持ちがなごむ!

長時間聴いていても…

  • 飽きない
  • 疲れない
  • だれない

…気持ちがなごんで、「自然な心」に立ち戻れる。

こういうアーティストはなかなか珍しいんじゃないかな?

いつも聴いていたい「ハートフル」なサウンド!

ディスコやファンキーも盛り上がっていいんですヨ。

でも、やっぱり、いつも聴いていたいサウンドは、

Earl Klughのようなハートフルな音楽です!

ディスコ・キッズ

Earl Klugh「Heart String」…ライブです。

しっとりする名曲ですよね。

アール・クルーの演奏は暖かい!

ほんとに、アール・クルーのギターって、暖かみがあるんですよ~。

Earl Klughとは?

Earl Klughは、70年代から活躍しているアコースティック・ギタリストです。

数々の「名盤」を残しています。

ギターをピックを使わずに指で弾き、

  • 柔らかく
  • 深みある

…優しい音を紡ぎだしています。

Earl Klughの顔自体がとても優しいですものね。

「人柄」が演奏にもにじみ出ています。

ジョージ・ベンソンの演奏はクール!?

同じギタリストでは、ジョージ・ベンソンもいますね。

ジョージ・ベンソンの演奏は「クール」、アール・クルーは「暖かい」です。

私はどちらかというと、アール・クルーが好きですね。

アール・クルーは、どれが「名盤」?

さて、では…

Earl Klughは、どのアルバムが名盤なのでしょうか?

もう、30枚以上もレコードを出していますから迷います(/・ω・)/

どれもイイ!特に、初期のアルバムはオススメ!

私は、ずばり!

初期のアルバムを推薦します。

Earl Klugh(1976年)

アールクルーのファースト・アルバムです。

Living inside Your Love 1976年

ヒップホップネタにもなった名盤です。

Finger Painting 1977年

言わずと知れた,大ヒットアルバムです。

Magic in Your Eyes 1978年

こちらも良いです。

Heart String 1979年

メロウでGOOD!

…などなど。

私は上記をアナログ・レコードで持っていますが、

まあ、見事なぐらいどれも名盤です。

もちろん、ベスト盤もオススメですヨ(*_*)

Bob Jamesとのコラボ盤も大ヒット!

アールクルーは、Bob Jamesとのコラボも有名ですよ。

アルバム「One on One」は、むちゃくちゃヒットしました。

ディスコ・キッズ

Earl Klugh&Bob James「KARI」

この暖かい感じ!

ほかの曲では、味わえません!

created by Rinker
ビクターエンタテインメント

アール・クルー!まだまだ活躍してます。

アール・クルーが、ファーストアルバムを出したのは1975年!

…今から40年以上前ですね。

でも、まだまだアール・クルーは健在ですよ~。

2013年には、アルバム「Hand Picked」を出しています。

こちらも、やっぱり、なごみます(;^ω^)

BGMにもってこい。

まとめ

というわけで、

アール・クルー!

まるで、陽だまりの中で憩っているような心地よさ♡

ディスコ・キッズ

最近、疲れてるな~という方は、ぜひ、Earl Klughを聴いて癒されてください。