本日は、80年代のマイナーFUNK「Richard Jon Smith」(リチャード・ジョン・スミス)のLPをご紹介します。

 

RichardJonSmith

Richard Jon Smith

Richard Jon Smith

サウンド効果

ファンキーギャル

軽快、かつ、暑苦しい!

Richard Jon Smith・・・レア盤です。

良質なUKファンクが詰まってる、このLP・・・レアです。アナログ盤で手に入れようとすると1万円位するのではないでしょうか?

私はDiscogsで安く手に入れました(2,000円台)。でもポルトガル盤だったせいか音が悪かったです。

CDも持っていたのですが、あまり音質が良くなかったので、結局、ディスク・ユニオンに売ってしまいました。

このアルバム・・・そもそもマスターの音質が悪いのかな??

 

リチャード・ジョン・スミス「She’s The Master (Of The Game)」

良質なのに、あまり注目されなかった80sUKファンク

Richard Jon Smith・・・シンセベースが効いていてなかなか踊れるんですよ。

特に

  • She’s The Master (Of The Game)
  • Baby’s Got Another
  • Love Is What I’m After

はオススメ。

でも、他の曲がイマイチだったせいかアルバムは話題にならず。・・・ヒット曲のみオムニバス盤などに収録されたりしてましたね。

80年代のスマッシュヒット・ファンク!「She’s The Master (Of The Game)」!

80年代当時、「She’s The Master (Of The Game)」と「Baby’s Got Another」はツウをうならせていたものです。・・・なかなか破壊力がある名曲ですヨ。

She’s The Master (Of The Game)

ぶ厚いシンセベースがあなたの腰椎を直撃!

「シ~!イエー~シー!」と言うフレーズがなかなか印象的で激しく踊れます。

Baby’s Got Another

「ホーッ」とか「イエ!イエ!」とか掛け声が楽しくノリノリ!リズムギターが軽快でなんとも気持ち良く踊れるFUNK!

Love Is What I’m After

こちらもシンセベースが効いていて、ボーカルのリチャード・ジョン・スミスも「ポー!」とか「ウッ・アッ!」とかシャウトしてノリノリ。ホットなダンス・ナンバー!

ジャケットがなんか暑苦しい・・・

ジャケットは・・・イカつくて毛むくじゃらなおっちゃんが写ってます。

カールカールトンフィニスフェンダーソンのジャケットと同じく失敗した感があります。

でも、このおっちゃんジャケット・・・私は飾り気なくて好きですよ(^◇^)

UKファンクが好きな方にはオススメの良盤です!