本日は、シックの大ヒットアルバム・・・

「C’est CHIC」をレビューします。

「C’est CHIC」って、フランス語で「イケてるネ!」って意味らしい。

なんかオシャレですね~(^◇^)

 

Chic「C’Est Chic」(1978年)

Chic「C’est CHIC」

サウンド効果

パワーギャル

オシャレ過ぎて、イッちゃいそう!

超強力ディスコヒット「Le Freak(ル・フリーク)」!

以前、シックの7作目「タング・イン・シック」をご紹介しましたが・・・

本日ご紹介する「C’est CHIC」は、セカンドアルバム。

・・・その中の「Le Freak」が’78年の全米No.1ヒットに!

みなさん、「Le Freak」で踊りまくってたのでは?(*_*)

Le Freak」・・・

もう、「ディスコでかからない日はない!」って言う位の大人気です!

今、50代のおじさま、おばさまも・・・

スポット・ライトを浴びながら、この曲で踊りまくっていたのでは?

 

シック「ル・フリーク」(おしゃれフリーク)

・・・バイオリンなんかも演奏してたのですね♪

CHICは、ボーカルも凄くオシャレ!

シックと言ったら、

  • ギターのナイル・ロジャース
  • ベースのバーナード・エドワーズ

・・・が超有名です。

でも、ボーカルの

  • ルーシー・マーティン
  • アルファ・アンダーソン

・・・もイイんですよ。

「Le Freak」の「ア~~」と言う、かけ声一つとっても芸術的なんですね~(〃´o`)=3

究極のスロー「At Last I Am Free」!

アルバム「C’est CHIC」の中で、唯一のスロー「At Last I Am Free」!

これまた、凄い名曲です。

当時、YMOの坂本龍一が、ラジオでこの曲をかけてたんですよ。

それで、私、ビビッときてしまったんですね。

「人生」の本質を表しているような名曲!

「最後に私は自由になった。もう私の前には何も見えない・・・」

・・・何だかもう「人生の終わり」みたいな曲。

でも、私には、これが妙に安らぐんです。

ルーシー・マーティンとアルファ・アンダーソンのボーカルがグッと来ます。

「At Last I Am Free」!

人生の本質を表しているような名曲です。

 

Chic「At Last I Am Free(アット・ラスト・アイアム・フリー)」

「C’est CHIC」名曲多いです!

他の曲もなかなかイイですよ~(^^♪

Chic Cheer

軽快なリズムギターとエグルようなベース!

超カッコいい!

Le Freak

言うまでもない、大ヒットナンバー。

うなるベースでノリノリになります。

「ル・フリーク」って「○○狂」って意味らしいですね。

Savoir Faire

何とも言えないオシャレなインスト。

こういうキレイな曲は「シックならでは」です。

哀愁を感じますね♡

I Want Your Love

鐘の音がイイアクセントになってるダンスナンバー。

なかなかノレます。

At Last I Am Free

涙なしには聴けない究極のスローです。

・・・ロバート・ワイアット(Robert wyatt)とか、色々な人がカバーしてるんですね。

(Funny) Bone

パーティー気分のインスト。

これまたオシャレでファンキー。

シックの「C’est CHIC」!ほんとにオシャレ^^

・・・と言うわけで、シックの「C’est CHIC」。

大ヒットの「Le Freak」だけでなく、バラードの「At Last I Am Free」もグレイト!

他の曲も本当にオシャレ!

ぜひ聴いてみてください!

 

 

 

パワーギャル

何しろオススメよ♡