巷では「レコード名盤●●選」などという、“レコード評論本”が多いようです。

いい本もあるんですが、レビューを頼りにレコードを買ってみても「ぜんぜんノレない!(涙)」ということも多いです。

dance

なかなか良い「名盤レビュー」に巡り合えない・・・

先ほども「レコード名盤●●選」を立ち読みしてましたが(立ち読みゴメンなさい)、どうも、「文句なしにのれる」「踊れる」「感動する」という部分が弱いなぁ~と思いました。

確かに「どれが重要作」とか「どれがレア盤」とか、知っておいた方が良いと思うのですが・・・でも、もっと大切な事は「理屈抜きに踊れる!楽しめる!」と言う事ではないでしょうか?

「ブラシス」のダンクラ名盤レビューは良かった!

今までで、僕が唯一「いいな!」と思ったレビューは、ギャラクシー(Galaxy)の「ブラシス(brothers&sisters)」です。

 

 

 

 この小冊子は、早稲田大学のソウル研究会「ギャラクシー(Galaxy)」が出していたの冊子なのですが、その中にこんな「名文」があるので、勝手ながら紹介させてもらいますね(^◇^)

~ここで一言申し上げておきたいことがあります。

ここにずずいと並びました100枚、これらはすべて、ギャラクシーの面々が日頃から愛聴し「踊らせてもらっている」100枚だということです。

・・・「あんな有名なヤツが入っとらん。」・・・「このグループの重要作はこれじゃないわ。シロウトね。」・・・「こんなレコード見た事もねえよ。」・・・100枚のレコード紹介を読み進むうち、読者の皆さんは、いろいろな疑問、不満を抱かれるかも知れません。いや、抱かれても無理はないでしょう。皆さんがこの100選を他誌のレコード・ガイドと同じ概念で捉えてる間は・・・。

読者の皆さん。ファンキーを取り沙汰する時は、頭で考えてはいけない。ただ踊る。踊る。あなたが良質のレコードガイドのみを求めるのであれば、どうか今すぐ、この本を閉じて頂きたい。我々は、わがままな紹介文こそ書きましたが、ガイド・ブックを作ったつもりはありません。

レコード・レビューは「思い入れ」が大切!

いかがでしょう?ダンクラ・レコード愛好家の心意気をズバリ感じさせてくれる名文句ではないでしょうか?

もちろん肝心のレビューも思い入れを感じられるものばかり!紹介されている曲も「買ってよかったー」と思えるものばかりでした。まさに「レビューはこうでなくっちゃ!」と思わせてくれる・・・今となっては貴重な資料だったのです。

当サイトのレコード・レビューも、私が本当に「コレ・・・いいな!」と思ったものだけを取り上げて行く予定です。

そして、その感動を皆さんと共有できたらこんな嬉しいことはありません。 どうぞご期待下さい。