カーペンターズと言えば、「イエスタデイ・ワンス・モア」、「トップ・オブ・ザ・ワールド」などの70年代の作品が有名ですよね?

でも、この80年代のアルバム「メイド・イン・アメリカ」もいいですよ。

 

Carpenters「Made in America」(1981年)

Carpenters「Made in America」

サウンド効果

カレンギャル

心が洗われる

実質上、カーペンターズの最後のアルバム

このアルバムは、カーペンターズの実質的な意味の「最後のアルバム」です。

拒食症に陥っていたボーカルのカレン、そして薬の中毒になっていたリチャード・・・

そんな2人が、再起を賭けて制作したアルバムです。

・・・しかし、その後、残念なことにカレンは亡くなってしまいました。

カレンの死はアメリカの良心の死

カレンは急性心不全で亡くなったそうですね。

ですが、私は信じていません。

ナウ・アンド・ゼン」でも触れましたが、ミュージシャンの死と言うものは謎が多いものです。

私は、カレンの死は「アメリカと言う国の良心の死」だと思っています。

心にみずみずしさを取り戻す名盤

さて、「メイド・イン・アメリカ」の内容の方ですが、いかにもカーペンターズらしい、ピュアでハートフルな曲ばかりです。

このアルバムを聴き終った時、きっとあなたは、心にみずみずしさを取り戻していることでしょう。

心が疲れた時、聴いてみて欲しいと思います。

きっと、カレンも喜んでくれると思いますよ。

カレンが残してくれた、最後の愛のメッセージ

「メイド・イン・アメリカ」・・・すべての曲が素敵です。

一番のオススメは、「Strength of a Woman」でしょうか。

「Touch Me When We’re Dancing」も美しいです。

カレンが残してくれた、最後の愛のメッセージです。

ぜひ、聴いてみてください。

 

カーペンターズ「Strength of a Woman」

 

 

カーペンターズ(The Carpenters) 「ナウ・アンド・ゼン」