本日は、コン・ファンク・シャンのアルバム「Candy」(1979年)をレビューしますね。

このLPには、ディスコヒット「Chase Me」が収録されています♪

Con Funk Shun「Candy」(Chase Me!)

では、コン・ファンク・シャンのアルバム「キャンディ-」について語ってゆきますね。

サウンド効果

パワーギャル

テンション高くなる!

悶絶フロア・ヒット?「Chase Me(チェイス・ミー)」!

Con Funk Shun「Candy」は、90年代に先輩DJが良くプレイしてました。

「ワルシャワ」という浜松町のクラブでした。

特に「Chase Me」を、ヘビーローテーションしていましたね。

「エレキ」と「ホーン」がカッコいい!

「Chase Me」は、ホーンがキレキレでカッコいいんです。

そして、一瞬うなる「エレキギター」!

ほんの一瞬なんですが、これがまた超カッコイイ!

当時は、この曲を「泥臭いファンキーだなぁ~」と敬遠してました。

でも、やっぱり、今聴くとすごくイイですね!

ディスコ・キッズ

Con Funk Shun 「Chase Me」…すげえFUNKY!

ダンクラ名盤!Con Funk Shun「Candy」!

このアルバム「Candy」は、一曲一曲が凄く良いんです。

  • スーパー・パワー・ダンスの「Chase Me」!
  • ミディアム・ファンクの名曲「Da Lady」や「Candy」!
  • 名スローの「Love On Your Mind」!

特に「Love On Your Mind」は、

「ここまで泣かせるか?」

…と思ってしまうほど、聴きごたえがあります。

Con Funk Shunの「Candy」…あちこちで名盤のお声がかかっているのも納得です。

コン・ファンク・シャン「キャンディ-」各曲レビュー

では、それぞれの曲について触れますね。

Fire When Ready

いかにもパーティーが始まるぞ!と言う雰囲気のイントロ…

期待が膨らみます。

ローランドのTB-303??

アナログシンセが70年代らしい効果音を出しています。

Chase Me

ひたすらファンキー。

70年代後半は、こういうパワフルなファンクで踊っていたんですね。

途中のエレキギターがギュインギュインして、とてもカッコイイ!

あと、フルートのソロなんかもあったりして「なんて贅沢な曲なんだ!」と思います。

ディスクユニオンさんなんかでは「Chase Me」を悶絶フロア・ヒットと解説してますね。

Not Ready

打って変わって、爽やかなスロー。

メロウでとても気持ちが良い。

最近はなかなかこういう曲ないですよね?

Da Lady

「これぞ、コン・ファンク・シャン!」

…と言えるようなメロウなライト・ファンク!

ブイブイのベースとキレイなストリングス!

思わず踊り出したくなります。

Candy

こちらも、コン・ファンク・シャンらしさ爆発!

明るくメロウなミディアムファンク。

まるで、「夏の海辺をスキップしたくなる」ような名曲です。

Love On Your Mind

壮大かつセンチメンタルなスロー。

圧倒的歌唱力でコン・ファンク・シャン・ワールドに引き込んでくれます。

ディスコ・キッズ

アイズレー・ブラザーズみたいに\泣きのエレキギター/がうなります!

Main Slice

ブイブイ・ベースとホーンが効いていて、とってもファンキー。

踊れます!

Images

シンセサイザーの音がなんともキレイ。

メロウなインスト・スローです。

…余韻が後を引きますね。




ぜひ、レコードで聴いてみて!

と言うわけで、コン・ファンク・シャンの「Candy」…とても充実した名盤です。

こんな、ファンキーなアルバム、ぜひ、レコードで聴いてみてください!

ディスコ・キッズ

コン・ファンク・シャンは、

他のアルバム…

なども要チェックですヨ。