本日は、ホイットニー・ヒューストンのファースト・アルバム「そよ風の贈りもの」をレビューしますね。

 

そよ風の贈りもの

Whitney Houston「Whitney Houston」 1984年

「Whitney Houston」(邦題:そよ風の贈りもの)

サウンド効果

胸キュン・ギャル

人としての感覚と力がよみがえる

キラ星のような名曲集「Whitney Houston」!

このアルバム「Whitney Houston」・・・1984年のものだったんですね。 20年以上も前なんだねぇ・・・。

しかし、今聴いてもまったく古さを感じないですネ。このアルバムはボクの20代の想い出の一枚なんだけど、どんなに時代が変わってもこの名曲達はまったく輝きを失わないばかりか、さらに輝きを増しているような気がします。

今回は、ともすれば闇に沈んでしまいそうなこの世界に、人の暖かさと力強さを再びアリアリと蘇えらせてくれる・・・そんなグレイトなスーパー・アルバム!「Whitney Houston」(邦題:そよ風の贈りもの)をご紹介します。

歌姫ホイットニーの逝去、本当に残念です

ホイットニー・ヒューストン・・・謎の死を遂げたらしいですね。麻●のやり過ぎとかなんとか・・・。本当なのでしょうか?ボクはアーティストの死と言うのは裏に何かあると思うんですけど~。

ホイットニーのおかげでどれだけ80年代・90年代が人間味を失わずに済んでいたことでしょう。

ホイットニーの曲がどこかでかかり、その歌を誰かが聴き、それで何億人いや何十億人の人が癒され明るくなる・・・。ホイットニーの歌がどれだけこの世界を明るく力強くさせていたことか。

カーペンターズのカレンの死もとても残念ですけど、ホイットニーの死も本当に残念です(>_<) いつか真実が明らかになることを願ってやまないですが、ボクらにできることと言えば、いつまでもこの素晴らしく力強いホイットニーの歌を聴き継ぎ歌い継ぐことでしょう。

「本物を途絶えさせてはいけない!」・・・と言うわけで、ボクはいつもホイットニー・ヒューストンをカラオケで歌っています。

エリート歌姫!ホイットニー・ヒューストン!?

ホイットニーは、60年代のシンガーであるシシー・ヒューストンの娘であり、あのディオンヌ・ワーウィックの従妹です。本格的に歌手の血が流れているんでしょうね。

で、幼少の頃から教会のコーラス隊に入り、15歳の頃から母シシーのバックコーラスをつとめていたんだってね。

そして17歳からはトップモデルとして活躍!ボクは知らなかったんだけど、グラビアを華やかに飾っていたんだろうね。なにせ抜群のプロポーションだもんね。

そして、とうとうこのアルバム「Whitney Houston」で本格デビューを果たしたわけなんだね。

プロデューサーもスゴいメンツが勢ぞろい!

このアルバムの当時のレビューなんかを読むと、本当に期待されて育てられ、満を持してデビューを果たしたって感じがします。

プロデューサーもスゴいメンツが勢ぞろい。

ナラダ・マイケル・ウォールデン、マイケル・マッサー(ダイアナ・ロスやテディー・ペンダーグラスなどをプロデュース)、ジャーメイン・ジャクソン、カシーフなどなどなど・・・これを見ても、まさにトップスターとなるべく世に送り出された歌姫なんだろうな~って思います。

Whitney Houston「How Will I Know」この曲は元気ですね♪

「Greatest Love Of All」「Saving All My Love For You」 ・・・など、とにかくスローが絶品過ぎる!!

ボクがこのアルバムを聴いたのは六本木のディスコ「ペントハウス9」に勤め始めた頃。

ディスコのアップナンバーでは「How Will I Know」が良くかかっていましたが、やっぱりこのアルバムからは圧倒的にスローが良くかかっていたように思うね。「Greatest Love Of All」「Saving All My Love For You」 この2曲がスローの鉄板で、男女問わずお客さんをうっとりさせていたものです。

「Saving All My Love For You」って不倫の曲なんだけど、結婚式の二次会パーティーでかけちゃったりして、DJの間では「それまずいんじゃないの?」なんて言う会話が交わされていたのもなつかしい想い出です(*^^*)

もちろん上記の曲だけでなく、このアルバム…全曲素晴らしいです。

ジャーメイン・ジャクソンとのデュエット「Take Good Care Of My Heart」も抜群にいいし、「All At Once」もとてもキレイな曲!・・・感動の名曲が次々とハートを直撃!

ホイットニーの天まで届くような力強い歌声があなたの人生に力(パワー)を蘇らせてくれますヨ!