今回は、80sの女性ファンクグループ…

Klymaxx(クライマックス)のアルバム「Meeting In The Ladies Room」(1984年)をレビューしますね。

Klymaxx「Meeting In The Ladies Room」/I Miss You

クライマックス「ミーティング・インザ・レイディズ・ルーム」は、どんなアルバムでしょうか?

サウンド効果

ファンキーギャル

純粋な恋心を思い出す!

(「I Miss You 」の効果です)

クライマックス!単なるカワイコちゃんグループではない!?

クライマックス…

女性だけのファンク・グループという事で、ちょっと目立ちますね。

もちろん、「メリー・ジェーン・ガールズ」とか、「アポロニア6」も女性ファンクグループです。

でも、クライマックスはそんな中でも異色なグループ

…と言うのは、ジャケットを見てもわかる通り、

ルックスを売りにした「カワイコちゃんグループ」ではないと言うことです。

日本盤レコードの帯には…

日本盤レコード「レイディーズ・ルーム」の帯には、こんな宣伝文句が書かれています。

女の力をみくびるな!

「ソーラー・レーベルの中で最も進境著しいボーカル・インストグループ、クライマックス。ミッドナイト・スター、レイクサイド等のプロデュース協力を得て完成させた最新アルバム!」

実は、彼女たち、歌や楽器の才能だけでなく、作曲もこなす才女たちなんです。

女だからと言って、甘く見てはいけません~(^^♪

演奏やコーラスを聴くと、ソーラー・レーベルが大々的に売り出そうとしていたのも納得がゆきます。

ディスコヒット「I Miss You 」!

実は、Klymaxxって、以前からカッコイイFUNKをやってたんです。

でも、ディスコでは、そんなにアップナンバーがヒットした記憶はないんですよね。

しかし、今回の「Meeting In The Ladies Room」からは、スローがヒットしました。

全米ビルボードホット100で、第5位になった「I Miss You (アイ・ミス・ユー)」です。

とても心が素直になる名曲

ディスコのチークタイムでは良くかかっていました。

この曲に甘い甘い想い出のある方は多いのではないでしょうか?

Joyce ”Fenderella” Irby(ジョイス・アービー)のピュアな歌声がグッときます。

「でも、やっぱりあなたが恋しい」

…とても心が素直になる名曲ですね。

ディスコ・キッズ

「I Miss You」はDionne Warwickも歌っていますが、

やはりクライマックスの方が断然イイです~(>_<)

80年代のエレクトリック・ファンクです

アルバムとしての「Meeting in the Ladies Room」ですが…

プロデュースには、「SOSバンド」のジャム&ルイス、「ミッドナイト・スター」のキャロウェイ兄弟などが関わっています。

ですので、80年代当時のエレクトリックFUNKの音がします。

シスター

タイトル曲の「Meeting in the Ladies Room」ですわ。

ファーストアルバムは「Never Underestimate The Power Of A Woman」

でも、ファンクとしては、ファーストアルバム「Never Underestimate The Power Of A Woman」の方が有名なんですよね。

ディスコ・キッズ

重いファンクです。

「I Miss You 」は永遠の名曲

重いFUNKをやっていても、どことなく可愛い感じがする…

そこが、このKlymaxxの良い所かと思います。

また、スローがとてもうまいんです。

ディスコ・キッズ

「I Miss You 」は、80年代に遊んでいた人たちの記憶に残る、永遠の名曲ですね(〃´o`)=3