今回は、80sの女性ファンクグループ・・・

Klymaxx(クライマックス)のアルバム「Meeting In The Ladies Room」をレビューしますね。

 

Klymaxx「Meeting In The Ladies Room」1984年

Klymaxx「Meeting In The Ladies Room」

サウンド効果

ファンキーギャル

純粋な恋心を思い出す!

※「I Miss You 」の効果です

クライマックス!単なるカワイコちゃんグループではない!?

クライマックス・・・

女性だけのファンク・グループという事で、ちょっと目立ちますね。

過去には「メリー・ジェーン・ガールズ」とか、「アポロニア6」とかの女性ファンクグループ がいましたね?

クライマックスはそんな中でも異色なグループ。

・・・と言うのは、ジャケットを見てもわかる通り、

「ルックス」を売りにしたカワイコちゃんグループではないと言うことです。

日本盤レコードの帯には・・・

・・・日本盤レコード「レイディーズ・ルーム」の帯には、こんな宣伝文句が書かれています。

女の力をみくびるな!

「ソーラー・レーベルの中で最も進境著しいボーカル・インストグループ、クライマックス。ミッドナイト・スター、レイクサイド等のプロデュース協力を得て完成させた最新アルバム!」

実は、彼女たち、歌や楽器の才能だけでなく、作曲もこなす才女たちなんです。

女だからと言って甘く見てはいけませんゾ~(^^♪

演奏やコーラスを聴くと、ソーラー・レーベルが大々的に売り出そうとしていたのも納得がゆきます。

BIGディスコヒット「I Miss You 」!

実は、Klymaxxって、以前からカッコイイFUNKをやっていたんです。

でも、ディスコではそんなにアップナンバーがヒットした記憶はないんですよね。

でも、今回の「Meeting In The Ladies Room」からは、スローがビッグヒットしました。

全米ビルボードホット100で第5位「I Miss You (アイ・ミス・ユー)」です。

とても心が素直になる名曲

ディスコのチークタイムでは良くかかっていました。

この曲に甘い甘い想い出のある方は多いのではないでしょうか?

Joyce ”Fenderella” Irby(ジョイス・アービー)のピュアな歌声がグッときます。

「でも、やっぱりあなたが恋しい」・・・とても心が素直になる名曲ですね。

 

「I Miss You」はDionne Warwickも歌っていますが、やはりクライマックスの方が断然イイです~(>_<)

80年代のオイシイ音がブイブイ鳴ってます!

「Meeting in the Ladies Room」・・・

プロデュースには、「SOSバンド」のジャム&ルイス、「ミッドナイト・スター」のキャロウェイ兄弟などが関わっています。

ですので、80年代当時のエレクトリックFUNKのオイシイ音がブイブイ鳴ってます。

なかなか踊れますよ!

「I Miss You 」は永遠の名曲

女性グループだけに、重いFUNKをやっていてもどことなく爽やか・・・

そこが、このKlymaxxの良い所かと思います。

また、このグループ・・・心が優しいんでしょうね。スローがとてもうまいんです。

特に「I Miss You 」は、80sに遊んでいた人たちの記憶に残る、永遠の名曲ですね(〃´o`)=3