本日は、Eric B.&Rakimの「Paid In Full」をレビューします。

80年代のディスコ、クラブ・・・

エリックB&ラキムの「Paid In Full」が本当に流行りましたネ(^◇^)

 

カラーズ(天使の消えた街)

カラーズ(天使の消えた街) (1987)

 ※こちらはサントラ「Colors」です。「Paid In Full」が挿入曲になっています。

Eric B. & Rakim「Paid in Full」

サウンド効果

パワーギャル

強烈な鎮静作用!

超クールでシブイ!エリックB&ラキム!

ディスコでラップといったら・・・

  1. シュガーヒル・ギャングの「ラッパーズ・ディライト」で始まり
  2. カーティス・ブロウの「ブレイキン」で火がつき
  3. Run-D.M.C.の「ウォーク・ディス・ウェイ 」で市民権を得た

・・・と言ってもいいんじゃないですかね?

でも、そんなラップの「ポピュラー路線」を粉砕して、

シブいラップをダンスフロアーにぶちこんだのが、この「エリックB&ラキム」かと思います。

とり憑かれたように踊れる!「Paid In Full(ペイドインフル)」

それにしても、このエリックB&ラキムの「Paid In Full(ペイドインフル)」・・・

ディスコでのヒットぶりは凄まじかったです。

ボクが勤めていた六本木の「queue(キュー)」でも、毎夜、毎夜のヘビー・プレイ

  • ブラザーも
  • シスターも
  • 洋パンのお姉さんも
  • ディスコのウェイターも

・・・とにかく「Paid In Full」のカッコよさにはシビれまくりでした。

不思議な魔力で、気がついたらダンスフロアーに足を踏み入れ、

とりつかれたように踊ってしまうんですよね。

COLDCUTによるリミックスが超カッコイイ!!

エリックB&ラキムの「ペイドインフル」ですが・・・

ふつうのバージョンでは感動は味わえません。

圧倒的に「Seven Minutes Of Madness – The Coldcut Remix」がイイんです。

・・・と言うか

「Paid In Full」といったら、問答無用でこのバージョンでなければなりません( >ω<)9 !!!

他のバージョンが足元にも及ばない強烈なMIXになっています。

 

これですネ!

Paid In Fullのネタは「Ofra Haza(オフラハザ)」!

  • 腰が疼きまくりの独特のリズムとベース
  • 中東っぽい女性の透き通った祈りの声
  • 祭りのクールな笛の音
  • エリックBのスーパー・スクラッチ
  • 超シブいラキムのラップ

・・・これらが混然一体となって、リスナーに強烈な鎮静作用を催します。

まさに脳内●薬たれ流し状態。これはヤバい!

中東っぽい女性の声は、Ofra Haza(オフラハザ)です。

 

Im Nin’Alu「Ofra Haza」

 

▼こちらのCDですね


Shaday

12インチレコード(Coldcut Remix)が欲しい~!

ボクは、Eric B.&Rakimの「Paid In Full」を

カラーズ(天使の消えた街) 」という映画のサントラで聴いてます。

でも、当時ディスコで使っていた12インチレコード(Coldcut Remix)が欲しいです。

この超クールなラップ・・・

低音ビンビンの音響でかけたらほんとうに気持ちイイですよ~。

 

▼こちらのCDには「COLDCUT REMIX」が入ってます。

Paid in Full