本日は、Eric B.&Rakim(エリックB&ラキム)の「ペイドインフル」をレビューします。

80年代のディスコやクラブシーンでは、エリックB&ラキムの「I Know You Got A Soul」や「Paid In Full」が本当に流行りましたネ(^◇^)

 

カラーズ(天使の消えた街)

カラーズ(天使の消えた街) <OST1000>(1987)

 ※こちらはサントラ「Colors」です。「Paid In Full」が挿入曲になっています。

Eric B. & Rakim「Paid in Full」

サウンド効果

パワーギャル

強烈な鎮静作用!

超クールでシブイ!エリックB&ラキム!

ディスコでラップといったら、シュガーヒル・ギャングの「ラッパーズ・ディライト」で始まり、カーティス・ブロウの「ブレイキン」で一気に火がつき、Run-D.M.C.の「ウォーク・ディス・ウェイ 」で、完全に市民権を得たと言ってもいいんじゃないですかね。

でも、そんなラップのポピュラー路線を一気に粉砕して、ツウをうならせるシブいラップをダンスフロアーにぶちこんだのが、このエリックB&ラキムかと思います。

とり憑かれたように踊れる!「Paid In Full(ペイドインフル)」

それにしてもこのエリックB&ラキムの「Paid In Full(ペイドインフル)」・・・ディスコでのヒットぶりは凄まじかったです。

ボクが勤めていた六本木の「queue(キュー)」でも、毎夜、毎夜のヘビーローテーション。

それでも全然飽きが来ない。いつかけてもみんな踊る踊る。

ブラザーもシスターも洋パンのお姉さんも、ディスコのウェイターも、とにかくこのエリックB&ラキムの「ペイドインフル」のかっこよさにはシビれまくりでした。

なんとも言えない不思議な魔力で、気がついたらダンスフロアーに足を踏み入れ、とりつかれたように踊ってしまうんですよね。

COLDCUTによるリミックスが超カッコイイ!!

さて、エリックB&ラキムの「ペイドインフル」ですが、ふつうのバージョンではこの感動は味わえません。

圧倒的に「SEVEN MINUTES OF MADNESS-THE COLDCUT REMIX」がイイんです。

と言うか「Paid In Full」といったら問答無用でこのバージョンでなければなりません( >ω<)9 !!!

アルバム・バージョンや他のバージョンが足元にも及ばない強烈なMIXになっています。

これですネ!

中東っぽい女性のサンプリッグネタはOfra Haza(オフラハザ)!

  • 思わずハマッてしまう「声ネタ」なサンプリング
  • 腰が疼きまくりの独特のリズムとベース
  • 中東っぽい女性の透き通った祈りの声
  • 祭りのクールな笛の音
  • エリックBのスーパー・スクラッチ
  • 超シブいラキムのラップ

・・・これらが混然一体となって、リスナーに強烈な鎮静作用を催します。

まさに脳内●薬たれ流し状態。これはヤバい!

※中東っぽい女性の声ってOfra Haza(オフラハザ)だったんですね。

▼こちらのCDかな?


Shaday

12インチレコード(COLDCUTリミックス)が欲しい~!

ボクはエリックB&ラキムのレコードを手に入れることができなくて、「カラーズ(天使の消えた街) 」という映画のサントラを手に入れて聴いているのですが、ぜひ、当時ディスコで使っていた12インチレコード(COLDCUTリミックス)が欲しいです。

この超クールでグレイトなラップを低音ビンビンの音響システムでかけたらほんとうに気持ちイイですよ~。

 

▼こちらのCDには「SEVEN MINUTES OF MADNESS-THE COLDCUT REMIX」が入ってます。

Paid in Full