本日は80年代のディスコ・クラッシック名盤!エンチャントメントの「ユートピア」をレビューしますね。

 

ユートピア(紙ジャケット仕様)

Enchantment「Utopia」1983年

Enchantment「Utopia」

サウンド効果

ファンキーギャル

踊って、聴いて大満足

FUNKもスゴイがスローの充実度もスゴい!

おなかいっぱいです。低音がブイブイ鳴る「強力ファンク・ナンバー」で踊ったと思ったら、甘く夢見るようなスローでうっとりさせられる。このレコードの題名の「ユートピア」に恥じない素晴らしいアルバムです。

のっけから、ムチャかっこいいダンスナンバー・・・「GIVE IT UP」でグイグイとパワフルにオーディエンスを引っ張って行ってくれますネ。

で、たいてい、スローは息抜き・・・みたいなLPが多いものですが、このエンチャントメントのアルバムは違います。スローの充実度がスゴい!!魅惑のファルセット(裏声)で高みに引きあげてくれマッセー!まるでジェットコースターにでも乗っているように気持ちが揺さぶられます。

本当にエンチャントメントの歌唱力にはかなわないなぁ~。脱帽です。

踊って、聴いて大満足!Enchantment 「Utopia」名盤です!

このLP 「ユートピア(Utopia)」・・・プロデュースはマイケル・ストークス。LTDやアクティヴ・フォースなど、この時代の重いダンスチューンをプロデュースしてる人ですね。

このアルバムを聴き終わったあとの満足感・・・それはコンサートを聴いた後に似た・・・エネルギーを充填された満足感そのものです。踊って、聴いて大満足!まさに「名盤」と呼ばれるにふさわしいレコードですヨ。

 

Enchantment「Give It Up」・・・低音ブイブイのFUNK!

やっぱりこんな名盤はレコードで聴いて欲しいゾ!(>_<)

ちなみにボクは、CDでもこの「ユートピア(UTOPIA)」を持っているのですが、以前聴いた時「こんなもんかな~」位にしか思わなかったんです。でも今回、レコード(オリジナル盤)を入手して聴いてみて、その音質の良さ、低音の迫力、歌唱力の豊かさにぶっとんだ!

そこで、改めてCDとレコードを聴き比べてみました・・・。

CDとレコードの聴き比べ

CDの方が、確かに1つ1つの音は、はっきりしている。でも、その音が広がりがなく、立体感にも欠け、なんだか不自然なのです。本当の音ではなく、デジタルが作っている音だからでしょうか?

それに比べレコードは、音の広がり、伸び、音質の自然さ・・・すべて上回っています。そして何より、全ての音が“一体”となっており、音楽として「完成」しているのです。

どうしてこんなにCDとレコードは違うのだろうか・・・?

まあ、それは置いておいて、とにかくエンチャントメントの「ユートピア」・・・名盤確定です!できるならレコードで聴きましょう!