本日は、

「ユーロビートと言ったらこのアルバム!」

…と断言できるほど、有名な「That’s EuroBeat Vol.1」をレビューしますね。

That’s EUROBEAT Vol.1

当アルバムは、80年代のユーロビート・ヒットが満載です!

このレコードの曲で踊りまくった人も多いんじゃないでしょうか?

では、ザッツ・ユーロビートVOL.1についてレビューしてゆきますね。

こんな人にオススメ

「That’s EUROBEAT Vol.1」は、こんな人にオススメです。

  • ユーロビートの名盤を聴きたい人
  • お立ち台でガンガン踊りたい人
  • 80年代のユーロビートが大好きな人

サウンド効果

このアルバムの醸し出す雰囲気は…

ノリノリギャル

とにかくユーロ・ビート炸裂!

ディスコの定番オムニバスだった「That’s EuroBeat Vol.1」!

ボクがディスコに勤めだした1986年は、ちょうどユーロビートがディスコで流行りだした頃です。

80年代後半って「ザッツ・ユーロビートVOL.1」に収録されている曲が、かからない日はありませんでしたね(#^^#)

ディスコ・キッズ

たいていのディスコでハードプレイされていたオムニバス・レコード

…それが「That’s EuroBeat Vol.1」です!

「ザッツ・ユーロビートVOL.1」各曲レビュー!

「ザッツ・ユーロビートVOL.1」は、いわゆるディスコの定番というアルバムだったんですね。

では、当時、流行った曲をさらにピックアップしてみましょう。

マイケル・フォーチュナティ「Give Me Up」

なんと言っても、マイケル・フォーチュナティの「GIVE ME UP」は爆発的大ヒット。

日本でも、女性デュオのBaBe(ベイブ)がカヴァーして、こちらも大ヒットを記録しました。

ディスコ・キッズ

時代を感じさせるPVですね。

ケン・ラズロ「TONIGHT」

同じく、イタロ系の歌手、ケン・ラズロの「TONIGHT」なんかもハードプレイされてましたね。

ディスコ・キッズ

Ken Laszlo「Tonight」…こんなビデオだったんですね。

マイケル・プリンス「DANCE YOUR LOVE AWAY」

「ザッツ・ユーロビートVOL.1」は、全曲良いです。

でも、影の主役はマイケル・プリンスの「DANCE YOUR LOVE AWAY」かも…って思うんですよ。

ストック・エイトキン・ウォーターマンがプロデュースした曲ってやっぱり違うんですよね。

「DANCE YOUR LOVE AWAY」は、重低音が強力!

まさに「踊らにゃソンソン!」と言わんばかりのダンサブルなユーロビートに仕上がってます。

シスター

ハマるわね…

マガジン60「DON QUICHOTTE」

マガジン60の「DON QUICHOTTE(ドンキホーテ)」も不思議にノレる曲なんです。

不思議な呪文を聴いてるみたいで面白いハイ・エナジーですよ。

ディスコ・キッズ

…面白い曲ですよね?

ボビーオー・ウィズ・クラウディア・バリー「WHISPER TO A SCREAM」

そして、ボビーオー・ウィズ・クラウディア・バリーの「WHISPER TO A SCREAM」!

イントロは、LIME(ライム)の「Unexpected Lovers」にそっくり(^^)!

大ヒットしましたね。

ディスコ・キッズ

哀愁漂うボーカルが、ダンスフロアーをいつも満杯にしてました!

ディスコDJ必須の「Dance Mix」ばかり!

また「ザッツ・ユーロビート」は、ダンス・ミックスExtended Versionが収録されています。

これは、いわゆる【ディスコ・バージョン】と言うヤツで、音も良くて踊れるバージョンになってるんです。

また、ミックスしやすい仕様になっていますので、ディスコDJにとっては、何ともおいしいアルバムでした。

「That’s EuroBeat Vol.1」…CDはレア盤

ホントこのアルバムは全曲良いです。

「ぜひ皆さん聴いてください!」と言いたいところです。

でも、残念ながら、レコードもCDも廃盤となっていてなかなか手に入らないようです…。

アマゾンでもCDの値段が5,000円位になってて…レア盤です(*´Д`)=3

「ザッツ・ユーロビートVOL.1」曲目

「ザッツ・ユーロビートVOL.1」の全曲目は以下の通りです。

  1. Give Me Up/ マイケル・フォーチュナティ
  2. TONIGHT/ケン・ラズロ
  3. Love’s Gone Mad/ SEVENTH AVENUE
  4. DANCE YOUR LOVE AWAY/ マイケル・プリンス
  5. Don Quichotte/ マガジン60
  6. Rendez-vous sur la Costa del Sol/ MAGAZINE 60
  7. TIMEBOMB/ アンジー・ゴールド
  8. WHISPER TO A SCREAM/ BOBBY O.WITH CLAUDJA BARRY

レーベルは、あの「アルファ・レーベル」!

That’s EuroBeatシリーズのレーベルは「アルファ」と言うレーベルです。

このアルファ・レーベル…

いち早くユーロビートを日本に紹介しており、当時の日本の「ユーロビート市場」を独占していたような気がします。

当時は、新たに発売されたユーロビートが見本盤としてディスコのDJブースに届けられるんですよ。

あの頃のユーロ・ビートって、ほとんどこのアルファ・レーベルだった記憶があります。

90年代半ばに消滅…( ;∀;)

でも、このレーベル…90年代半ばに消滅したらしいですね。

「YMO」や「スネークマンショー」なんかを出したりして、とてもおもしろいレーベルだったんですけどね( _ _ )o




まとめ

そんなわけで、レーベルも消滅してしまって、レア盤になってしまった「That’s EuroBeat Vol.1」!

80sのディスコがなつかしい人にはオススメです。

ノリノリギャル

ユーロビート好きな人は必携盤ヨ!