本日は、Rita Coolidge「SATISFAID」をレビューします。

リタ・クーリッジは、米国テネシー州生まれ。

アメリカンインディアンの血をひいているんですヨ。

Rita Coolidge「SATISFAID」(Don’t Cry Out Loud)

Rita Coolidgeは、アメリカのテネシー州出身の女性歌手です。

アメリカ・インディアンのチェロキー族の血を引いています。

1960年代末から、デラニー&ボニーやジョー・コッカーなどのバック・コーラスを担当していました。

では、Rita Coolidgeの「SATISFAID」について、語ってゆきますね。

こんな人にオススメ

Rita Coolidge「SATISFAID」はこんな人にオススメです。

  • シットリした曲を聴きたい
  • 昔のヒット曲のカバーが好き
  • 癒されたい…

サウンド効果

このアルバムの醸し出す雰囲気は…

ギャル

なんか癒される

リタ・クーリッジを聴くと癒される♪

リタ・クーリッジと言えば…

「Don’t Cry Out Loud」が有名です。

この曲は大ヒットして、ボクが大学生だった80年代、よくラジオでかかっていたものです。

なんとな~く「憂鬱な気分」で過ごしていた大学時代…

リタ・クーリッジの曲を聴くと「まあ、いいか~」と思えてきて、不安や深刻さが消えていったんですよね(*´Д`)=3

優しいパワーに満ちている

落ち込んでる時でも、そんな「ダメダメ」な自分を、ありのまま受け入れて安心することができる…

そんな優しいパワーに満ちているのがRita Coolidgeなんですね~。

「うつ病の薬」なんか飲むより、リタ・クーリッジの曲を聴く方が、よっぽど精神安定にイイと思います ^ ^

ディスコ・キッズ

Rita Coolidge「Don’t Cry Out Loud」!

※注意、オリジナル盤「SATISFAID」には収録されてません。

「ボーナストラック付CD」や「デジタル配信」には収録されています。

「Rita Coolidge」と「Karla Bonoff(カーラ・ボノフ)」には大自然を感じる♪

Rita Coolidgeは、アメリカンインディアンである「チェロキー族」と「スコットランド」のハーフらしいですね。

インディアンは自然とともに生き、精霊とともに生きる「聖なる種族」なんですよね。

そんな血をひくリタ・クーリッジ…

大地のもつ「優しさ」と「癒し」を歌にすることができる、数少ない歌い手だと思います。

ほかにはカーラ・ボノフなんかも、同じ力を持つ歌手だと感じます。




Rita Coolidge「SATISFAID」を聴いてゆったりしよう♪

このアルバム「SATISFAID」は、

  • THE CHIFFONS 「One Fine Day」
  • ボズ・スキャッグズ「Pain of Love」
  • キャロル・ベイヤー・セイガーとピーター・アレン「I’D RATHER LEAVE WHILE I’M IN LOVE」

…などをカバーに取り入れた、とても聴きやすく和むアルバムになっています。

シスター

名曲「One Fine Day」

Carole Kingバージョンと違って、しっとり歌い上げてますね。

ディスコ・キッズ

Rita Coolidge「I’d Rather Leave While I’m In Love」

…心が和む曲です。

音楽配信サービス

Rita Coolidge「SATISFAID」は、中古レコードやCDでも販売されています。

また、以下の音楽アプリでも配信されていますよ。

音楽配信サービス
Amazon Music Unlimited 配信あり
Spotify 配信あり
Apple Music 配信あり
ディスコ・キッズ

ストリーミングサービスが好きな人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

シスター

アルバムの試聴はこちら!

(Amazonにログインで試聴できます)

Rita Coolidge「SATISFAID」

まとめ

本日は、Rita Coolidgeのアルバム「SATISFAID」をレビューしました。

癒されたい方はオススメです~ (///ω///)♪

以下のデジタル配信では、『あなたしか見えない』『哀しみのシルエット』が追加収録されてます。