今日は、ディスコやクラブとはあまり関係ない「ニール・セダカ」です。

全米NO1ヒット「Laughter in the rain」(雨に微笑みを)をレビューしますね。

 

雨に微笑を~ベスト・オブ・ニール・セダカ

Neil Sedaka「Laughter In The Rain」

サウンド効果

ギターギャル

心がスカッとする!

ディスコでも「ニール・セダカ」がかかってた?

ニール・セダカと言えば、「オー・キャロル」みたいなオールディズを思い出しますよね?

私は、広島県福山市のディスコ「フラミンゴ」でニール・セダカを聴いてました。

もちろんその時は80年代・・・

ですので、リアルタイムのヒットを聴いていたわけではありません。

「メドレーでニール・セダカを楽しむ」といったLPがあって、それがかかっていたのです。

・・・当時のディスコはオールディズ・タイムなんてものがあったんですよね(///ω///)♪

名曲が多いニール・セダカ

ニール・セダカは、とてもメロディーのキレイな曲を作るんです。

「悲しき慕情」「すてきな16才」「小さな悪魔」・・・など、私のお気に入りでした。

カーペンターズが歌ってヒットした「ソリテア」も有名ですね。

また、森口博子が歌っていた TVアニメ『機動戦士Ζガンダム』の主題歌(「水の星へ愛をこめて」)もニール・セダカが作曲してますね。

・・・良い曲たくさん作ってます(^◇^)

全米NO1ヒット「Laughter in the rain」(雨に微笑みを)!

そして、極めつけは、70年代の全米NO1ヒット「Laughter in the rain」(雨に微笑みを)です。

この曲を聴くと、本当に心がスカッとします。

70sの名曲といって良いのではないでしょうか?

 

・・・実にほのぼのと、かつロマンチックな名曲です。

「Laughter in the rain」歌詞(日本語訳)

Strolling along country roads with my baby
It starts to rain, it begins to pour
Without an umbrella we’re soaked to the skin
I feel a shiver run up my spine
I feel the warmth of her hand in mine

田舎道を君とぶらぶら歩いていた
雨が強く降りはじめてきたね
傘を持っていなかったから、2人はずぶ濡れ
寒さが身に染みた
でも、僕は君のぬくもりを感じていたんだ

 

Ooo, I hear laughter in the rain
Walking hand in hand with the one I love
Ooo, how I love the rainy days
And the happy way I feel inside

ああ!この喜び!
愛する人と 手と手をつなぎ歩いてる
ああ、雨の日が大好きさ
僕は心の底から幸せを感じてる

 

After a while we run under a tree
I turn to her and she kisses me
There with the beat of the rain on the leaves
Softly she breathes and I close my eyes
Sharing our love under stormy skies

しばらくして僕たちは木陰に駆け込んだ
彼女の方を振り向いた僕・・・彼女はキスしてくれた
木の葉に打ちつける雨の音、彼女の柔らかな息づかい
・・・そして僕はそっと目を閉じる。
2人は雨空の下で愛を確かめ合う。

まとめ

・・・というわけで、ニール・セダカの「雨に微笑みを」!

何ともロマンチックな歌ですね。(かなり意訳してしまいましたが…)

ディスコやクラブミュージックも良いですが、時にはこんな往年の名曲も聴きたくなります。

 

あのアール・クルーも「Laughter in the rain」をカバーしていますよ。

こちらはインストです。とても素敵に仕上がってますヨ。