本日は、アル・ジョンソンの2NDアルバム「セカンド・ウインド」をレビューしますね。

このレコード・・・「Back For More」や「I’ve Got My Second Wind」の名曲で有名ですね。

 

アル・ジョンソン「セカンド・ウインド」1980年

Al Johnson「Back For More」(セカンド・ウインド)

サウンド効果

ファンキーギャル

”まったり”します

アーバンな雰囲気をかもしだします

このレコード「Back For More(セカンド・ウインド)」・・・巷ではアーバン・ソウルの傑作と言われてます。

AORとソウルの中間みたいな感じですかね・・・。

全体的に、グッドなミディアムナンバーがアーバンな雰囲気をかもしだします。

とにかく、良くも悪くも”まったり”しますヨ(*´ω`)

名曲「I’ve Got My Second Wind」!

Al Johnsonと言えば、私の中では断然「I’ve Got My Second Wind」です!

時は80年代・・・
この曲を広島県福山市のディスコ「フラミンゴ」で聴いて、いっぺんで好きになりました。

なんか、アンニュイ(憂鬱)な感じがイイんですよ。

当時は太宰治なんかにもハマってましたから、私の「ど真ん中」にヒットしたんでしょうね。

もちろん、カセットの片面全部に「I’ve Got My Second Wind」を集中録音しました(^◇^)

 

Al Johnson – I’ve Got My Second Wind・・・この寂し気な感じがイイんですよね。

タイトル曲「Back For More」では、Jean Carneと共演!

A-1の「Back For More」もイイですよ。

ノレます(≧◇≦)

「Back For More」では、Jean Carne(ジーン・カーン)とデュエットしてます。

いやあ~Jean Carneは、すごく歌がうまいですね。

神がかってます。

ハウスミュージック・ブームだった90年代、ディスコで、Jean Carneの「Was That All It Was」で踊った人もいるんじゃないでしょうか?

いわゆる、ガラージ・クラシックです。

こんな感じ↓

 


Jean Carne – Was That All It Was・・・名曲ですね。

ほとんど全曲、アーバン・メロウ!

アルバム「Back For More」には、いわゆるガンガンに踊れるような曲はありません。

ディスコやファンクではないんですね。

大人のアーバン・メロウ・サウンドばかりです。

ですので、ディスコ好きには物足りないと思います。

でも、アダルトで”まったり”した雰囲気が好きな人なら聴いてみると良いと思います。

初ソロ・アルバム「Peaceful」も良い!

アル・ジョンソンの初ソロ・アルバムは「Peaceful」(1978年)です。

本当はこのアルバムに録音されている「I’ve Got My Second Wind」が最初のバージョンです。
(このバージョン・・・なかなか味があるんです。)

私は、次はこの「Peaceful」のレコードを買おうと、虎視眈々と狙っています。