本日は、プラチナ・アルバムにもなった名盤…

(600万枚を超えるプラチナ・アルバム)

アニタ・ベイカーの「Rapture(ラプチャー)」(1986年)をレビューしますね。

Anita Baker「Rapture」

では、Anita Baker「Rapture」について語ってゆきますね。

サウンド効果

ギャル

恋の喜びと切なさ・・・そして新たな旅立ち

単なるスロー・ミュージックではない…

Anita Baker「Rapture」…

どういう風に紹介したらいいか、ずーっと悩んでました。

  • チーク・ダンスを踊るような「ベタベタな甘さ」はない
  • 単なるソウル・ミュージックって感じでもない

「ブラック・コンテンポラリーだね」と、簡単に片付けてしまうのも違う気がします。




恋の「喜び」と「切なさ」を感じさせてくれる名盤!

アニタ・ベイカーの曲は、ディスコ「QUEUE(キュー)」では、早い時間にかかる「定番曲」になってたんですね。

ず~っと、しっとりしたミディアム・スローの曲が続くんです。

ですので、店の「雰囲気作り」にはもってこいだったんですね~。

ディスコ・キッズ

アルバムの始まりはこの曲♡

Anita Baker「Sweet Love」

それに加え、「これから何かが始まるぞ…」っていうワクワク感とともに、夜の「けだるさ」「切なさ」みたいなものを感じさせてくれるんですヨ。

人って、恋をすると、《喜び》と同時に《切なさ》みたいなものも感じると思うんです。

…アニタ・ベイカーの「ラプチャー」はまさにそんな感じ。

そんな、アダルトな雰囲気のある、Anita Bakerのこのアルバム、「大ヒット」したのもうなずけますヨ ^ ^

シスター

Anita Baker「Caught Up In The Rapture」

ライブよ♪

アニタ・ベーカーは「CHAPTER8」のボーカリスト!

Anita Baker 「Rapture」は、マイケル・J・パウエルをはじめ、アニタ自身もプロデュースに加わってるんですよね。

ボクは、アニタ・ベーカーの経歴は知らなかったんですが、

マイケル・J・パウエルを中心とするグループ「CHAPTER8」のボーカリストだったんですね。

ディスコ・キッズ

機会があれば今度は「CHAPTER8」を聞いてみたいです。

中古レコード屋でたまに見かけますしね(^ ^)

 「恋の始まりから終わり」までを体感できる!オシャレな名盤

アニタ・ベーカーの歌は、淡々と、そして、時には情熱的に、堂々とした歌いっぷり。

安心して聴いていられます。

ソウルやファンクというよりは、ジャズといった感じを受けますね。

ディスコ・キッズ

当時は、クワイエット・ストームなんてジャンルに分類されてましたね…

とにかく、アルバムを通して、時にはシンミリと、時にはちょっと情熱的に、そして最後は「楽しくノって締めようか」みたいな…

そんな、“恋の始まりから終わり”までを、じっくりと体感できる「名盤」だと思います。

シスター

A1の”Sweet Love”から、最後の”Watch Your Step”まで、聴き惚れるわ。

Anita Baker 「Rapture」…実にオシャレ!

ほんと、お勧めですよ(≧◇≦)