本日は、プラチナ・アルバムにもなった名盤・・・アニタ・ベイカーの「ラプチャー」をレビューしますね。

 

Rapture

Anita Baker「Rapture」1986年

Anita Baker「Rapture」

サウンド効果

アダルト・ギャル

恋愛の喜びとやるせなさ・・・そして新たな旅立ち

単なるスロー・ミュージックではない・・・

アニタ・ベイカーの「ラプチャー」・・・どういう風に紹介したらいいかずーっと悩んでました。

なんというか、チーク・ダンスを踊るようなベタベタと甘いスロー・アルバムではないし、単なるソウル・ミュージックって感じでもないし・・・ブラック・コンテンポラリーと言ってしまえば確かにそうなんだけど、どうもそう簡単に片付けてしまうのも違うような気がします。

どういうジャンルになるんだろ?って結構まじめに悩んでいたんですが、今日、改めて「ラプチャー」を腰を据えて聴いてみました。

恋愛の《喜び》と《やるせなさ》を感じさせてくれる!

まず、このアニタ・ベイカーの「ラプチャー」・・・ディスコでは、営業を始めたばかりの早い時間にかかる「定番曲」になっていましたね。特にボクの勤めていた六本木のディスコ「QUEUE(キュー)」ではですが・・・。

なにせアルバムまるまるず~っと、しっとりかつ爽やかなミディアム・スローの曲が続くんですから、店の「雰囲気作り」にはもってこいだったんですね~。

それに加え、「これから何かが始まるぞ・・・」っていうワクワク感とともに、なんだか夜が持ってくる「けだるさ」「やるせなさ」みたいなものを感じさせてくれるんです。冒頭の「効果」でも触れてるんですが、恋愛をすると、喜びと同時に《やるせなさ》みたいなものも感じる時があると思うんだけど・・・アニタ・ベイカーの「ラプチャー」はまさにそんな感じ。

恋愛の持っているそんなJAZZYな雰囲を感じさせてくれるこのアルバムは、人の心を癒し、和ませてくれるんですよね。大ヒットしたのもうなずけますヨ ^ ^

 

Anita Baker「Caught Up In The Rapture」ライブです♪

アニタ・ベーカーは「CHAPTER8」のボーカリスト!

Anita Baker 「Rapture」(600万枚を超えるプラチナ・アルバム) は、マイケル・J・パウエルをはじめ、アニタ自身もプロデューサーに加わっているんですよね。

ボクはあまりアニタ・ベーカーの経歴に注目していなかったんですが、マイケル・J・パウエルを中心とするグループ「CHAPTER8」のボーカリストだったんですね。

機会があれば今度は「CHAPTER8」を聞いてみたいです。中古レコード屋でたまに見かけますしね(^ ^)。

Chapter 8

Chapter 8

Anita Baker 「Rapture」!“恋の始まりから終わり”までを体感できるオシャレな名盤!

アニタ・ベーカーの歌は、淡々とそして時には情熱的に、堂々とした歌いっぷりで非常に安心して聴いていられます。ソウルやファンクというよりは、ジャズといった感じを受けますね(当時はクワイエット・ストームなんてジャンルに分類されてましたね・・・)。

まあとにかく、アルバムを通して、時にはシンミリと、時にはちょっと情熱的に、そして最後は「楽しくノって締めようか」みたいな、“恋の始まりから終わり”までをじっくりとそして爽やかに体感できる充実したアルバムだと思います。Anita Baker 「Rapture」・・・実にオシャレな名盤ですネ!