本日は、Hubert Laws「ROMEO & JULIET」(1976年)をレビューします。

このアルバム…とにかく、フルートがキレキレでハマるんです。

ボブ・ジェームスのプロデュースなので、すっごくオシャレです。

Hubert Laws「Romeo & Juliet」

Hubert Lawsは、テキサス州ヒューストン出身のアフリカ系アメリカ人です。

ジャズフルート奏者の彼は、60年代からフュージョンの世界で活躍してきました。

1980年作の「Family」は、アーバン・ダンサーの名盤として有名ですね。

ですが、当アルバム「Romeo & Juliet」も、フュージョンファンの間で評価の高いレコードです。

こんな人にオススメ

Hubert Laws「Romeo & Juliet」はこんな人にオススメです。

  • クールなフュージョンを聴きたい
  • 70年代っぽい雰囲気が好き
  • フルートの音色が好き

サウンド効果

このアルバムの醸し出す雰囲気は…

パワーギャル

脳が覚醒する

このフルートはすごい!脳梁に強烈な刺激がくる。

「Undicided」がスゴイ!

なんといっても、冒頭の「Undicided」がスゴイです!

ファンキーですよね。

ディスコ・キッズ

  • Del the Funky Homosapien「Money for Sex」
  • Foreign Legion「Feel The Music」

など、ヒップホップでサンプリングされてます。

ジャケットが美しい

ジャケも芸術的なんですよ。

  • ロミオとジュリエット
  • 赤いバラ
  • 金色の幾何学模様
  • コバルトブルーの色

・・・なんだか、この時代にトリップしそうな感じがするんですよね。




Hubert Laws「Romeo & Juliet」その他の曲

「Romeo & Juliet」に収録されている、他の曲もご紹介します。

Trying To Get The Feeling Again

キレキレのフルートで、脳が覚醒してしまいます。

この曲は、Barry Manilowのカバーですね。

Romeo & Juliet

クラッシック曲(チャイコフスキー?)のカバーですが、迫力ある演奏になってます。

What Are We Gonna Do

この曲もクールでイイ感じ。好きです💛

Hubert Lawsらしい名曲です。

ディスコ・キッズ

他の曲もカッコイイのばかり。

思わず聴き入ってしまいます。

音楽配信サービス

Hubert Laws「Romeo & Juliet」は、中古レコードやCDでも販売されています。

また、以下の音楽アプリでも配信されていますよ。

音楽配信サービス
Amazon Music Unlimited 配信あり
Spotify 配信あり
Apple Music 配信あり
ディスコ・キッズ

ストリーミングサービスが好きな人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

シスター

アルバムの試聴はこちら!

(Amazonにログインで試聴できます)

Hubert Laws「Romeo & Juliet」

まとめ

私…資金難で多くのレコードを手放したんですけど「Romeo & Juliet」は残しておいたんですよね。

それだけ「印象が強いレコード」だったんです。

プロデュースはボブ・ジェームズ!

そんなところも、ディスコ、クラブ好きにも楽しめるサウンドになってます。

ディスコ・キッズ

名盤ですね。