本日は、クインシー・ジョーンズの78年のアルバム「スタッフ・ライク・ザット」(SOUNDS … AND STUFF LIKE THAT!!)をレビューしますね。

 

Sounds & Stuff Like That

QUINCY JONES「SOUNDS … AND STUFF LIKE THAT!!」

サウンド効果

ノリノリギャル

フュージョンあり、ファンキーあり!

ソウソウたるメンバーが演ってます

ご存じ、クインシー・ジョーンズは、ジャズ・フュージョン界の大物。

ですので、ジャズ好きの方はこのアルバム「SOUNDS … AND STUFF LIKE THAT!!」に関して、色々うんちくがあると思います。

それはイイとしても、このアルバム・・・

  • ニューヨーク・スタジオ・ミュージシャンのユニット「スタッフ」
  • フルートのヒューバート・ロウズ
  • ハービー・ハンコック
  • ルーサー・ヴァンドロス
  • パティ・オースティン
  • アシュフォード&シンプソン
  • チャカ・カーン

などなど、ソウソウたるメンバーが参加しています。

ディスコヒット「STUFF LIKE THAT」!ファンキーです。

このアルバムからディスコヒットしたのは 「STUFF LIKE THAT」。

とは言え、私はリアルタイムの70年代に聴いたのではなく、80年代後半、先輩DJがディスコ「Queue」でプレイしたので知りました。

最初は何だか間抜けな曲だな・・・と思ったのですが、聴いているうちにだんだんノッてきます。
アシュフォード&シンプソン、そして、なんと!チャカ・カーンもボーカルをとっています。

さすがに、チャカ・カーンが加わるとファンキーですね。ベースもブイブイうなってます。

先輩のTさんは、何かと言うとこの曲をプレイしてた印象があります。
・・・よほど好きだったんでしょうネ。

 

スタッフ・ライク・ザット・・・もう入り乱れてムチャクチャ。クインシーも喜んでます。

その他の曲もGOOD

Tell Me A Bedtime Story

インストですがとってもメロウで気持ち良い曲です。
ヒューバート・ロウズのフルートがとってもクール!
皆がこの曲を評価しているのは納得です。

元々はハービーハンコックの1970年の曲のようですが、クインシーがやるとまったく別物になりますね。

テイキン・イット・トゥ・ザ・ストリート

ドゥービー・ブラザーズの曲です。
何かゴスペルっぽいアレンジになってますが、とっても盛りあがりますよ。

パティ・オースティンのボーカルもキレイです・・・

・・・その他、パティ・オースティンがボーカルをとっていて、聴かせる曲が多いです。

なかなか良いアルバムですね。

しかし、私は何と言っても「スタッフ・ライク・ザット」が好き。
この曲、何だか元気になる不思議な曲なんです!

と言うわけで、「STUFF LIKE THAT」「Tell Me A Bedtime Story」・・・この2曲だけでも聴いてみてはいかが?