本日は、バナナラマの「Wow!」(1987年)をレビューします。

「I Heard A Rumour」は、ディスコ大ヒットしましたね(#^^#)

Bananarama「Wow!」

Bananarama「Wow!」について語ってゆきますね。

サウンド効果

ノリノリギャル

深刻さがなくなる

…パッパラパーで、楽しくなってくるとも言えますね。

DISCOで大ヒット!「I Heard A Rumour」!

このアルバム…大ヒットしたんですよね。

特に「I Heard A Rumour(アイ・ハード・ア・ルーマー)」!

この曲がかかると、ダンスフロアーはギュウギュウ詰め大騒ぎになったもんです。

…特に、ギャルたちにはとっても人気だったですよね?

もっとも、DJ達は「ミーハー」の一言で片づけていたんだけど(*_*)

ディスコ・キッズ

「I Heard A Rumour」!ほんとパッパラパー(;^ω^)

ところで、後ろのマッチョマンは何?

 「Wow!」…スーパー・ポップ路線ですね!

バナナラマのサード・アルバム「True Confessions」は、シブい「ユーロ・ロック」と言えるものでした。

でも、この4枚目のアルバム「Wow!」は、まさに\ユーロビート全開/という感じ。

ざっと、曲名を見渡してみても、

  • 「I Can’t Help It」
  • 「I Heard A Rumour」
  • 「Love In the First Degree」
  • 「I Want You Back」

…などなど

12インチカットされて、ディスコでハード・プレイされていたものばかりです。

プロデュースは、前回に引き続き「ストック・エイトキン・ウォーターマン」!

… 思い切り、ギャル好みでPOPな仕上がりになってます。

ギャル達をパッパラパーに洗脳したアルバム!

今回、じっくりこのバナナラマ「Wow!」 を聴いてみました。

ほんと「脳ミソ」がやわらかくなりますね。

パッパラパーになって、お立ち台で踊り遊ぶ…

そんなふうにギャル達を洗脳しちゃう「原点」となったアルバムと言えるんじゃない?

ディスコ・キッズ

「めんどくさい事」を考えたくない時に、

聴くといいかもしれませんね。