本日は、80年代に「プラチナ・アルバム」に輝いた…

ボビー・ブラウンのセカンド・アルバム「Don’t Be Cruel」(1988年)をレビューしますね。

Bobby Brown「Don’t Be Cruel」

ボビー・ブラウンの「Don’t Be Cruel」は、どんなアルバムでしょうか?

サウンド効果

ヘッドホンギャル

80年代後半って、こんな雰囲気だったのね…

プラチナ・アルバム「Don’t Be Cruel」!

80年代後半のディスコヒットと言えば…

ボビー・ブラウンを挙げないわけには行きません(._.)

当時は

Bobby Brownがプレイされなかった日はない!

…ってくらいに、盛り上がってましたからね。

「Every Little Step」「My Prerogative」などが、大ヒット!

このアルバム「Don’t Be Cruel」からはディスコヒットが何曲も生まれました。

  • 「Don’t Be Cruel」
  • 「My Prerogative」
  • 「Roni」
  • 「Every Little Step」

…などなど

アルバム自体も、世界中で累計1000万枚以上の大ヒット!

「プラチナ・アルバム」になっちゃいました。

ディスコで大ヒット「Every Little Step」!

中でも「Every Little Step」は本当に流行りました。

もうダンスフロアーはボビ男くんだらけ。

みんな「ニュージャック・スウィング」のステップを踏みまくってましたね(*_*)

PV(プロモーション・ビデオ)も良かった!

「Every Little Step」は、曲自体はどこにでもありそうなサウンドです。

でも、12インチバージョンでは、途中ラップが入ったりして、なかなか楽しめる曲でした。

PVで、ボビー・ブラウンが明るくステップを踏んでいた…

これもポイントが高かったようですね。

ディスコ・キッズ

う~ん、しかし、ボビー君!ダンスがイマイチかな(>_<)

スロー「Roni」も良かった!

スロー「Roni」も、

メロディーが「当時の雰囲気」にマッチしてて良かったです。

今聴いても、当時の

どことなしに根拠のない、オシャレ感・哀愁感

…がよみがえります。

シブイ!「Don’t Be Cruel」「My Prerogative」!

「Don’t Be Cruel」「My Prerogative」も、強力なディスコヒットでした。

曲調は暗いのに、みんなをダンスフロアーにひきずりだす魔力がありましたね。

今聴くと、「なんでこんな暗い曲が大ヒットしたのか?」…不思議です。

90年代ではブリトニー・スピアーズもカバーしてました(*_*)

でも、更にネガティブな感じになっていましたね。

LA & Babyface、Teddy Rileyがプロデュース

プロデューサーは、当時、飛ぶ鳥を落とす勢いだった「LA & BabyfaceやTeddy Riley」です。

そのため「Don’t Be Cruel」は、この時代の美味しいサウンドに仕上がってます。

ボビー・ブラウンは「ニュー・エディション」出身

そもそも、ボビー・ブラウンは「ニュー・エディション」に属してました。

平均年齢14歳のヤングなグループでしたね(^^♪

ディスコ・キッズ

ブラザー版のSMAPですね。

私は、スマッシュヒット「Mr.Telephone Man」が好きでした。

当時のディスコの雰囲気を味わえる!

改めて、アルバムを聴いてみると…

ボビー・ブラウンが、もう少し歌がうまかったらな~と思います。

シスター

勢いはあるんだけどネ(*_*)

でも、「Don’t Be Cruel」は、80年代後半のディスコの雰囲気を味わうには「持って来いのアルバム」かなって思うんです。