本日は、プラチナ・アルバムにも輝いたボビー・ブラウンのセカンド・アルバム「Don’t Be Cruel」をレビューしますね。

 

Bobby Brown「Don’t Be Cruel」1988年

Bobby Brown「Don’t Be Cruel」

サウンド効果

ヘッドホンギャル

80年代後半って、こんな雰囲気だったのね・・・

プラチナ・アルバム「Don’t Be Cruel」!

80年代の後半のディスコヒットと言えば、ボビー・ブラウンを挙げないわけには行きません。

当時は、Bobby Brownがかからなかった日はないんじゃないか!?ってくらい盛り上がっていましたからね。

このアルバム「Don’t Be Cruel」からはディスコヒットが何曲も生まれました。

  • 「Don’t Be Cruel」
  • 「My Prerogative」
  • 「Roni」
  • 「Every Little Step」

・・・などなど

アルバム自体も、世界中で累計1000万枚以上を売り上げ大ヒット。プラチナ・アルバムになりました。

ニュージャックスウィングのムーブメントを確定させた「Every Little Step」!

中でも「Every Little Step」は本当に流行りました。

もうダンスフロアーはボビ男くんだらけ。みんなニュージャックスウィングのステップを踏みまくってましたね。

曲自体はどこにでもありそうな曲なのですが、12インチバージョンでは途中ラップが入ったりして、なかなか楽しめる曲でした。

PVでボビー・ブラウンが明るくステップを踏んでいたのもポイントが高かったようですね。

 

Bobby Brown – Every Little Step・・・う~ん、しかし、歌もダンスもイマイチかな(>_<)

スロー「Roni」も良かった!

スロー「Roni」も、メロディーが80年代後半~90年代前半の雰囲気に絶妙にマッチしてて良かったです。

今聴いても当時のどことなしに根拠のないオシャレ感・哀愁感がよみがえります。

シブイ!「Don’t Be Cruel」「My Prerogative」!

「Don’t Be Cruel」「My Prerogative」も、強力なディスコヒットでした。

曲調は暗いのに、みんなをダンスフロアーにひきずりだす魔力がありましたね。

今聴くと、なんでこんな暗い曲が大ヒットしたのか不思議です。

90年代ではブリトニー・スピアーズもカバーしてましたが、更にネガティブな感じになっていましたね。

Britney Spears – My Prerogative

LA & Babyface、Teddy Rileyがプロデュース

プロデューサーは、当時、飛ぶ鳥を落とす勢いだったLA & BabyfaceやTeddy Rileyです。

この時代の美味しいサウンドに仕上がってます。

でも、ボビー・ブラウンは歌がうまいとは思わない・・・・

ボビー・ブラウンは「ニュー・エディション」と言う平均年齢14歳のヤングなグループで活躍してました。

New Edition

・・・でも、キャリアが長い割にはあまり歌がうまくないと思います。

改めて「Don’t Be Cruel」を聴いてみると、ボビー・ブラウンの歌のヘタさにガックリきます(勢いはあるんだけど)。

でも、80s後半~90s前半当時のディスコの雰囲気を味わうには絶好のアルバムかなと・・・思います。