本日は、ヒューバート・ロウズの「ファミリー」をレビューします。

私・・・一時期、ヒューバート・ロウズにハマって、レコードを買いあさってました。

今回、改めてコレクションを聴いてみて・・・

やっぱり、Hubert Laws「Family」はクールな名盤だと思いました。

 

Hubert Laws「Family」

※こちらのリンク先はCDです。

Hubert Laws「Family」

サウンド効果

ファンキーギャル

「極楽浄土」のような至福感

目の覚めるようなキレキレのフルートで「極楽浄土」に行けます(≧◇≦)

オシャレなメロウ・ダンサー「Family」

フリー・ソウル・クラシックスとして有名を馳せているタイトル曲の「Family」・・・。

この曲、私自身はディスコで聴いた記憶はないです。

きっと、センスの良いクラブなんかではプレイされていたんだと思います。

クルセーダーズの「ストリート・ライフ」みたいでオシャレです。

(「ストリート・ライフ」はディスコでバンバンかかってましたネ(^◇^))

ボーカルのDebra Lawsがパワフルな歌声を聴かせてくれます。ホーンもキレが良くてカッコイイです。

 

※動画の画像は、妹さんのDebra Lawsです。

メロウでアーバンなミディアム・チューンが満載

実はこのアルバム、ミディアム・チューンが凄くイイんです。

「What a Night!」や「Memory Of Minnie (Riperton)」など・・・ぜひ聴いてみて欲しいです。ヒューバート・ロウズの真骨頂が堪能できます。

とってもキレイなフルートの音色に、思わず昇天しそうになりますヨ。

 

Hubert Laws「What a Night!」ライブです。

ヒューバート・ロウズ「ファミリー」他の曲

1. Ravel’s Bolero

ラヴェルが1928年に作曲したバレエ音楽「ボレロ」です。

ヒューバート・ロウズは、以前からクラッシック曲を頻繁に取り上げてましたね。
ここでは、ジャズっぽくて、カッコいいボレロが楽しめます。

2. What A Night!

メロウ?アーバン?クール?・・・
なんと表現して良いかわかりませんが、この曲は凄いです。何かワクワクするようなアダルトな夜が訪れる予感がします。

静かなミディアム・ナンバーですが、ヒューバート・ロウズのフルートとボビー・ライルのピアノがあまりにクールで感動します。

3. Wildfire

打って変わって、明るく開放的な感じ。
ヒューバート・ロウズのフルートが躍動感があってノレます(^◇^)

4. Family

フリー・ソウル・クラシックスとして有名を馳せている「Family」。

歌っているのは妹さんのDebra Laws。歌いっぷりがパワフルで良いですね。

5. Memory Of Minnie (Riperton)

惜しくも31歳という若さで亡くなったミニー・リパートンに捧げられた曲です。

とは言え、暗くありません。むしろ、爽やかな感じさえあります。

こんなピュアな曲が天に届いたら、ミニーも喜ぶに違いありません。

本当にイイ曲です・・・。

6. Say You’re Mine

元気にフュージョンしてます。
これぞ最終曲に相応しい!

 

・・・と言うわけで、

クールと言うか、ピュアと言うか・・・
とにかく、Hubert Laws「Family」は、全曲いいですね~。

名盤ですう(≧◇≦)