本日は、レベル42「ラニング・イン・ザ・ファミリー」をレビューします。

レベル42って・・・英国を代表するファンク・フュージョン・バンドらしいです。

しかも「シャカタクと並んで」って書いてあったけど・・・そんなにイギリスでは有名だったの!?

 

Running in the Family

Level 42「Running in the Family」1987年

Level 42「Running in the Family」

サウンド効果

パワーギャル

静かでしっとり落ち着きます

Level 42「レッスンズ・イン・ラブ」はDJ好み!?

Level 42の「Lessons In Love(レッスンズ・イン・ラブ)」・・・流行りましたね。

この曲を聞いたのは六本木のDISCO「ペントハウス9」に勤めていた頃でした。「いい曲だなあ~」といっぺんで好きになったのを覚えてます。

暗く静かなメロディーの中に独特のセンスがあるんですよね。

また、この12インチバージョンのイントロが、ベース・ブイブイでカッコイイんですわ!

だいたいディスコでは早い時間にかかっていて・・・、でも、ほとんど誰も踊ってなかったなあ・・・。

まあ盛り上がって踊る曲ではないからいいんですけどね。

・・・どちらかと言うと、この曲「レッスンズ・イン・ラブ」は、お客さんを踊らせるというより、DJが個人的な好みでかけていたと言っていいんじゃないかな?

それくらい通好みのセンスある曲だったんだと思います。

 

「Lessons In Love」イントロがなつかしい・・・(^◇^)

マーク・キングの太いベースがGOOD!

今、アルバムを通して聴いているんですけど、「Lessons In Love」だけでなく、すべての曲が 素敵にさわやかでしっとり落ち着く曲ばかりですネ。

全編にうねる「太いベース」がイイですよ~。

ボーカル兼ベーシストのマーク・キングはベースの世界では有名な人みたいですね・・・凄い奏法をするらしい。

ボクも最初このアルバムを聴いた時、ずいぶんいい感じのベースだなあ~と思いましたヨ。

 「Running in the Family 」なんか・・・クールです!

この「レベル42」・・・フュージョン・ポップ・ファンクバンド と呼ばれているみたいですね。

確かに、メロディーはフュージョンだし、ポップの要素はあるし、ベースはファンクです(^◇^)

先日、紹介したユーリズミックスもそうだけど、イギリスのバンドは本当にセンスがいいですね。

こう・・・なんて言うか、バランスが取れていてクールです。だから、聴いているとしっとり落ち着けるんですヨ♪

と言うわけで、このレベル42のアルバム「Running in the Family 」・・・ちょいクールな感じが好きな方にオススメします!