本日は、ちょっぴり宇宙(コズミック)な、ラー・バンドのアルバム「MYSTERY」をレビューしますね。

 

The RAH Band「MYSTERY」1985年

The RAH Band「MYSTERY」

サウンド効果

ヘッドホンギャル

エレクトロニック・スペース・サウンド!

何と言っても「Clouds Across The Moon」が良い!

エレクトリック・ディスコの名曲として高評価を得ているラー・バンドの「Clouds Across The Moon」・・・実は私、ディスコではほとんど聞いたことなかったです。でも、80年代中頃にラジオなどで時々かかってたように記憶してますね。

この曲・・・宇宙船に乗った旦那さんに年に一度しかコンタクトを取れない奥さんの切ない気持ちを良く表しています・・・って、「どんな設定やの!」ってツッコミ入れたくなりますよね?

でも、シンセとデジタル・リズムが何だかとても宇宙的で気持ち良いです。

 

The RAH Band「Clouds Across The Moon」・・・旦那さんは火星へ向かっています。

メロディー・メーカー・・・ リチャード・ヒューソン!

The RAH Bandは、バンド・リーダーのリチャード・ヒューソン(Richard Anthony Hewson)の頭文字RAHを取って名づけられたようですね。

この方、ビートルズの曲「Let it be」のアレンジャーをしていたり、映画「小さな恋のメロディ」のテーマ曲「Fのロマンス・テーマ」を創ったりしています。

小さな恋のメロディ」のテーマ曲は、昔、木曜映画劇場(TV)のラスト曲などに使われてた曲です。とても素敵で切ない名曲・・・私も大好きなんです。

 

いい曲だなあ・・・(*´Д`)=3 リチャード・ヒューソンは、本当に素晴らしいメロディー・メーカーです!

ボーカルのLiz Hewsonさんの声が可憐!

あと、忘れてはならないのが、ボーカルのLiz Hewsonさん。・・・リチャード・ヒューソンの奥さんです。

この方の声がとても優しくて可憐なんですね~。なんだか胸キュンものなんです。

「Float」・・・この浮遊感!シャカタクを超えた!?

「Clouds Across The Moon」もグレイトですが、「Float」も素晴らしいです。

この曲はインストなのですが、シンセベースがブイブイに効いており、「フロォート!」と言う低音の呟きが何とも気持ち良いんです。

この浮遊感はシャカタクを超えてるな、と思いました。

もちろん、他の曲も全てメロウでグッド!

ラー・バンドの「ミステリー」・・・決してディスコ・ファンキーではないですけど、80年代のエレクトリックサウンドが好きな方にはオススメかなと思います。