本日は、タイトル曲の「リズム・オブ・ザ・ナイト」が大ヒットした…

DeBarge(デバージ)のアルバム「Rhythm Of The Night」(1985年)をレビューしますね。

DeBarge「Rhythm Of The Night」

では、デバージ「リズム・オブ・ザ・ナイト」は、どんなアルバムでしょうか?

サウンド効果

ファンキーギャル

爽やか&スウィート

DeBarge「Rhythm Of The Night」!爽やか&スィーツ!

DeBargeの4枚目のアルバム「Rhythm Of The Night」…

AORソウルなんて言われていますが、ほんとうにとっても爽やかなアルバムです。

レーベルはR&Bのモータウンなのに、なぜこんなに爽やかなの?

それは、AOR系のスーパー・プロデューサー「ジェイ・グレイドン」が、A面をプロデュースしているからなんですよ~。

スロー・バラードも秀逸!「Who’s Holding Donna Now」!

爽やかだけではありません。

このアルバム、スロー・バラードが秀逸なんです。

「Who’s Holding Donna Now」は大ヒット!

そして、「Share My World」は唯一の女性メンバーBunny DeBargeが、甘く、甘~く酔わせてくれます。

ディスコ・キッズ

DeBarge「Who’s holding Donna now」

とてもスゥートでしょ?

ディスコで大ヒット!めっちゃ明るい「リズム・オブ・ザ・ナイト」!

そして、全米R&Bチャート1位ヒット「リズム・オブ・ザ・ナイト」!

これはディスコでもスーパー・ヒットしましたね。

この曲を聴くと本当に明るくなります。

何かとても世界が広がるような感じがしますね(^◇^)

ディスコ・キッズ

DeBarge「Rhythm Of The Night」

…エル・デバージがノリノリです。

デバージの前身は、FUNKグループ「Switch」!

そもそも、デバージの前身って「Switch」ってグループだったんですよね。

なかなかカッコいいFUNKをやっていたんですよ。

その後、デバージ兄弟が独立し、兄弟姉妹5人編成で「DeBarge」を結成しました。

そして、「I Like It」「Rhythm Of The Night」などの大ヒットを飛ばした後、リーダーのエル・デバージはソロに転向。

ディスコ・キッズ

…だいたいグループって分裂しちゃうんですよね。

エル・デバージの才能がズバ抜けていたので、まあ仕方ありません。

関係ないですが…「おさるさんのうた」

それはそうと、明るい「Rhythm Of The Night」を聴いていたら、

僕の大学時代の友達、長坂ちかちゃんを思い出しましたよ。

この人、ホントおもしろくてね。

その《天衣無縫さ》は大学時代から半ば伝説化していました。

ホームレスを経て、現在役者をやっている、長坂ちかちゃん。

このたび、思わず童心に帰っちゃいそうな曲「おさるさんのうた」を作ってくれました(^◇^)

デバージ「Rhythm Of The Night」…なかなかイイです^^

…と言うわけで、やっぱり音楽は「明るく楽しい」のが一番!

名曲の「リズム・オブ・ザ・ナイト」はメッチャ明るく、

スローバラード「Who’s Holding Donna Now」は、とても素敵。

どちらもディスコで大ヒットしました!

ディスコ・キッズ

デバージの「リズム・オブ・ザ・ナイト」

…ぜひ聴いてみてください。