本日は、SEAWIND「What Cha Doin’」(1980年)をレビューします。

シーウィンドは、70~80年代にかけて活躍したハワイのフュージョン系グループです。

SEAWIND「What Cha Doin’」

では、SEAWIND「What Cha Doin’」について語ってゆきますね。

サウンド効果

ギターギャル

ピュアな心がよみがえる

先輩DJから伝授!SEAWINDの「What Cha Doin’」!

ボクがこの「SEAWIND(シーウィンド)」を知ったのは、六本木のディスコ「queue」でのこと。

先輩のTOSHIさんが、何かというと「What Cha Doin’」をかけてたんですよ。

TOSHIさんは、新宿の東亜会館のカンタベリーハウスなんかで古くからDJをやってた人なんだけど、

時々「こんなの聞いたことないよ~」っていうようなカッコイイ曲をかけるんですよね。

やはり70年代からDJをやってる人は、「すごい曲」を知ってるんですね…。

力強さを感じる名曲!

そんなわけで、「SEAWIND」を知ったボクなんですが、

この「What Cha Doin’」…

  • ファンクでもない
  • ディスコでもない
  • ロックでもない
  • ラテンでもない

…不思議な曲だな~って思ってたものデス。

でも、なんだか「明るい力強さ」を感じて、いつのまにか、自分でも「What Cha Doin’」を使うようになってきたんですよね。

まあ「使う」と言っても、当時のボクはウェイターをしながらDJの見習いをしていたので、自分用のMIXテープを作ったりしてただけなんですけど…(*´Д`)=3

ディスコ・キッズ

「ホワッチャ・ドゥーイン」

ポーリンがノッてます!




アルバム「SEAWIND」…名盤(#^^#)

さて、今回、「SEAWIND」のアルバムをじっくり聴きこんでみたわけですが…

いやあ~名盤ですねえ。

「南の海のパワー」を感じる!

ジャンルとしてはフュージョン・AORなんだけど、「南の海のパワー」を感じますね~(*´Д`)=3

熱く、切なく、盛り上がります。

…そして、アルバムを聴き終わったあと、

なんとも「ピュアな気持ち」になっている自分に気づきます(///ω///)♪

「The Two Of Us」にも感動

あと、なによりいいなって思うのは、作曲の ボブ・ウィルソンやケン・ワイルド。

…「いいフュージョンを作るな~」って感動します。

シスター

Seawind 「The Two Of Us」

ジーンときますね。

このアルバムを聴いていると、

  • 波が打ち寄せる力強い海
  • 誰もいない夕暮れの海
  • 朝焼けに輝く海

…まるで、本当に海辺にたたずんでいるように感じますね。

SEAWIND!今でもファンが多いらしい

「SEAWIND」は、演奏もムチャかっこいい。

ドラム、ホーン、ボーカルが一体となって、実にいいグルーブを醸し出してます。

実は「SEAWIND」は、70年代にちょっとしたセンセーションを巻き起こしたバンドらしいです。

  • ドラムのボブ・ウィルソン
  • ボーカルのポーリン・ウィルソン(Pauline Wilson)
  • ホーン・セクション

…彼らが繰り出す「マジック・サウンド」が、たくさんの人々を魅了し、今でもファンが多いらしい。

ポーリン・ウィルソン

確かに、ボーカルのポーリン・ウィルソンはパンチがあって、情感たっぷり、そして爽やかで切なくて…いい歌い手だなって思います!(^^)!

※その後ジョージ・ベンソンとデュエットしたり、ソロ・アルバムを出したりしてます

ディスコ・キッズ

可愛いらしい女性ですよね…

プロデュースはジョージ・デューク!SEAWIND「海鳥」名盤かも!

あっ、そうそう…

このアルバムは、フュージョンの奇才と言われている「ジョージ・デューク」がプロデュースしています。

いい仕事しますね~。

今聴いても、まったく色あせないチカラがありますよ。

…というわけで、このSEAWIND「海鳥」!

フュージョン系が好きなら、おすすめの名盤です。